将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:切手

c02144df.jpg きょう土曜日は、二人の孫を預かります。二人の両親が友人の結婚式なのです。だからもういっぱい遊ぶつもりです。外に手をつないで歩きたいな。ポニョは抱っこして歩きます。もうただただ可愛い二人の孫です。
 写真は昨日郵便局で手に入れました切手です。手紙を娘や友人にたくさん書いていきます。(05/23)

 あ、預かるのはポニョだけでした。ポコ汰は元気に行きました。

8e443c7e.jpg 今朝手紙を3人の方に書いて、それをポストに出しにいくのに、「あ、本局に出しに行こう」と自転車を走らせました。そうしたら、考えてみれば本局なら、いつでも24時間切手も買えるのですね。もう80円切手がなかったのです。それで手に入れました。
 私はここのサイドバーでリンクしている方が、入院されました。ブログで書かれていることを読みますと、少し長く入院されるようです。まずは昨日手紙を書きました。そして今朝も書きました。入院されていると、こうし08070304て手紙を飲むのは、少しは退屈しのぎになるのではと思ったものです。
 思い出せば、私の妻が数年前に入院したときも、私は毎日手紙を出しました。病院に行きまして、帰るときに手渡ししたものです。
 今は私の友人の女性です。私よりも10歳下の年齢の方です。
 私の手紙でも、少しは読む時間で、少しの時間の退屈しのぎにはなれるでしょう。
続きを読む

f889d587.jpg 義母のデイサービスをやってくれている「わが家」から電話があり、昨夜(だと思います)、園に窃盗が入り、警察に現場検証で、「お迎え」が遅れるということで、少々焦りましたが、でも約1時間遅れくらいでお迎えに来てくれるという電話が入りました。
 まだ喪中の葉書をだすのに、切手を買いにもいかなければ、ならないし出すべき書留もあります。それにもっとやる支払いがいくつかありました。
 そしてまたすぐに出かけないとなりません。
 でも義母には、いつも焦らせないように、私のほうが必ず余裕のある姿勢を示します。
続きを読む

655d3947.jpg

 一つ前の わが家のおかあさん2007.05.11 に次のように書いていました。

あ、でもケータイメールもあるのになんで手紙なのかなと今考えました。あ、そうか。

 これは、私の今の王子は、私の事務所のあった御茶ノ水と、我孫子の自宅への手紙がすべて転送されてきます。それで、ブルータスあての文書を私が封筒に入れて送っています。このときに宛名を書くのに(私は宛名が窓空きの封筒を長年使っています。だから宛名と同じ用紙に手紙文も書くことになります)、なにか手紙を書いていたのでした。それが、同封する文書がなくても、私はブルータス宛てに何か書くようになったのです。
 そして、入院した母にも手紙を書くようになって、おはぎにも「何で私にはないの?」と言われて、「あ、そうか」と書くようになりました。
 だから考えてみれば、ブルータスもおはぎもケータイメールか普通のメールですむはずのものがたくさんあるのですが、こうして手紙にしますと、これはこれでまたいいものなんですね。
 そしておはぎには、切手なしでいいわけですが、ブルータスにも母にも切手が必要で、これを貼るのもまた愉しいです。ブルータスの手紙には、もうこの王子や我孫子の自宅にあったあらゆる切手はすべて貼ってしまいました。一円切手まですべて使いましたよ。封筒の大部分が切手ということもありました。
 考えてみれば、このごろ妻へも手紙を書かないといけないかな、なんて思うようになりました。

続きを読む

↑このページのトップヘ