将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:加倉井隼人の思い

1301090113010902  どうやらしづゑとお勢は、的矢六兵衛の家を探り当てていたのでした。

 表札に「的矢」とある。

 よく探り当てたという思いがします。果たして、ここに慶喜の代わりに六兵衛が潜んでいるのでしょうか。私はそんなことはないと思いますが、前にもみた中間奴が出てきます。2012年8月26日のポメラ2012年8月29日のポメラで出しました挿絵にこの奴が描かれています。この奴(やっこ)はたいそう弁もたつし、頭の回転も速いようです。

 たいした中間奴だと、しづゑはなかば腹立ちながら感心した。

 そうだよな。このしづゑも私と同じことを感じています。

「お女中ではございませぬ。奥様にお取次ぎを」13010803

 さて、これで明らかになるかな。私の予想は当然、ここには六兵衛はいないから(江戸城内にいる)、加倉井隼人の思いもしづゑの思いもはずれるわけですが、どうなのでしょうか。
 また明日が楽しみです。

1211010112110102 熟々慮(つらつらおもんばか)ったあげく、加倉井隼人はついに決心した。
 西郷の真意に思い至ったのである。・・・・・・。

 この隼人の決心は、官軍側すべてだったろろうし、旧幕府側もそうだったのでしょう。そうなると彰義隊なんて何だったのかな。わからずやだったとしか思えません(いやもちろん、私には違う思いもあります)。
 でも今も帝鑑の間に座り続ける新的矢六兵衛の思いは何なのでしょうか。
12103107 この隼人は官軍とは言っても、尾張藩の男なのです。この隼人の今の心情がつづられていきます。
 もう天皇が入城されるのも、迫っているのです。でも六兵衛はそのまま座り続けなのです。

↑このページのトップヘ