11062607 ブルータスからのケータイメールはもう私は泣けてしまいます。あ、昨日の23時56分のメールですが、今も私は読んで泣けるのです。

2011/06/27 08:00ちょうど「おひさま」が始まりました。この寸前までボンドでDURO CARCO DC15の少し外れたところを接着していました。
2011/06/27 08:07今あることをやっていまして、でもこの「おひさま」の内容では、また私は涙です。
 昨日の夜12時寸前の私の次女ブルータスからのケータイメールを思い浮かべます。
2011/06/27 10:02「ちい散歩」を見始めました。北九州の小倉って私は行ったことはないです。何度も通り過ぎているいるんでしょうが。私の妻が生まれたところです。
 そういえば、インターネット上で、この「ちい散歩」を非難している書き込みがありました。ときどきちいさんが、あちこちでブランコに乗るのが気にいらないらしいです。私はいつも心和むシーンなのですが、あれが嫌な人もいるんだ。なんとなく、どうしようもない人だなあ。
 山口瞳『江分利満氏の優雅な生活』を思い出します。江分利は、都会の街の片隅にある小さな公園が好きなのです。そういうところにあるブランコが好きなのです。
 私はこの番組もちいさんも大好きです。
2011/06/27 18:03どうしても忘れがちなことがありますね。
 このポメラを書くことも忘れがちです。上の山口瞳の小説の中のエピソードも正確に本から抜書きできません。
 いや、私のこのすぐ近くにあったはずの『江分利満氏の優雅な生活』がないのです。『華麗な』のほうはあるのですが。
 私が横浜の白楽のある古書店で高校2年か3年で買った本です。いつもときどき読んでいました。もうボロボロで、どうかしちゃったのかなあ。

 山口瞳の好きだった飲み屋を思い出します。目白のキリキリシャンとした和服の白髪の女将の店も良かったな。私が29歳の頃飲んでいた店です。思い出して、また涙を流しています。