将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:北浦和

10080820 蜘蛛業が夏休みなので、そこへのUPはありません。なんとなく、気が抜けてしまう思いですね。

2010/08/15 07:04前にも書いたことですが、こうしてポメラを書くと前日に書いていたことが目に入ります。「鬼怒川温泉駅」というのをちゃんとインターネットで調べてみようと思ったのを忘れていました(あとで見て、「鬼怒川公園駅」でした)。
 きょうから、蜘蛛業が1週間の夏休みになりますので、私もそこへのUPはやりません。この機会にいくつか他のことをやっていきましょう。
2010/08/15 11:16長女家族が来て、王子駅北口の親水公園へ行っています。ここにはポポをつれてきたのです。今ばあばがみています。
2010/08/15 11:36今長女おはぎが電話してきました。やはりポポのことが気になるのでしょう。
 でも親水公園はやはり涼しくていいようです。ポニョは初めてだからものすごく喜んでいるでしょう。私も行きたいのですが、おはぎにだめだと言われてしまいます。
2010/08/15 14:16あ、昨日書いていたことで、日光湯本温泉に泊まったあと、翌日は那須温泉を集金して周り、そこに泊まって、翌日が塩原温泉でした。あれが私の26歳のときでしたね。その翌月はまた別なところ、そのまた翌月も月末は集金ばかりでした。
 懐かしいなあ。
2010/08/15 17:35「笑点」を見に部屋からテレビの前に来ました。でも妻が毛唐(あ、あの、これは偏見ではありません、よね)の映画を見ているので、仕方ありません。
 思えば、上に書いていたことで、那須温泉をずっと歩いていたなあ。懐かしく思い出します。ここで那須のどこの温泉ホテルに泊まったのかなあ。
 翌日は塩原の温泉街を歩いていて、どこへ泊まったらいいのか分からないので、会社へ電話したら、編集長が「今どこにいるんだ。いくら集金したんだ。あ、それはすごいな。あんな温泉街でよく集金できたな。きょうは何日だ?ああ、そうか。もう帰ってこいよ」というので、また温泉街を歩いて、最後「塩原ガーデン」というホテルに集金に行ったら、「あ、もう振り込んでいますよ」というんで、私は「あ、きょうのクレイとフォアマンの試合はどうなりました?」と聞いて、クレイが勝ったというので、喜んで、バスに乗って東北本線に乗って北浦和に帰り、まだ学生だった後輩を誘ってまた飲み始めたものでした。
 懐かしいな。

 もう昔を思い出していたものでした。あのあと、孫たちはどうだったかなあ?

4e7b1eb0.jpg

 私の 周の掲示板 に 再び terry さんから以下の書込がありました。

北浦和 投稿者:terry  投稿日:2009年10月25日(日)18時32分8秒
やあどさん子はやはりそうでした。あの名物マスターはお顔はよく存じています。
少し昔に自分が羽振りが良かった頃に自分の店のスタッフが常連でしたね。だから多分亀山さんは当店のトンボイという店名か当時の若いもんの顔で覚えておられるんじゃないかと思いますね。
ロビンはかなりの老舗で存在はよく知っています。
いやあ繰り返しになりますが共通の昔っていいですねえ。そおですかあ亀山さんは72歳・・・素晴らしいですね・・・生きてきた・・生きてこられた人生

まだ70半ば前。80は、これから。自分のおふくろも今92.まだ100前です。お互い楽しく死ぬまで生きてまいりましょう。   

 ありがとうございます。
 私が最初ロビンに行った頃(1967年)は大学1年生でしたが、私は自宅は横浜だったのです。その後68年の2月に千葉県我孫子市に引っ越ししました。
 もう私は引っ越しばかりの人生で、北浦和も3カ所住んでいます。我孫子は4カ所住んでいますね。その他、早稲田に2カ所で、その他船橋にも、沖縄にも住んでいました。
 私の父も義父も亡くなりました。母は2年前に亡くなりました。今は東京北区王子で、義母と一緒に住んでいます。
 北浦和は、東口の大戸に飯場を構えていました「日の丸土建」というところと親しくなり、この人たちの沖縄の飯場にも働きに行きました。
 ただ今になれば、北浦和の思い出も沖縄の思い出も、遠い話になってしまいました。仕方ないなあ。私の友人たちもみな歳をとりましたよ。

09102401 私の 周の掲示板terry さんから以下の書込がありました。

北浦和 投稿者:terry  投稿日:2009年10月23日(金)19時08分53秒
和田先生のような有名な方は自分は直接ぞんじあげませんが、道産子ラーメンはあの”いらっしゃいました”の挨拶で有名な方ですかね。自分はあまり行ったことが無く2~3度でしょうか?知り合いがよく行ってて話しは聴いていました。西口交番はまん前ですからみなさんお顔は覚えています。サミットは産業道路沿いのあそこですかね?自分らの生活圏ではないので行ったことありませんが場所はよく分かります。
このようなかたちで同じ場所の思いを共有せる方とめぐりえたことはうれしく思います。
では。

 和田先生の思い出は、もうどんどん遠くなります。でもたくさんの思い出が甦るものです。
 北浦和の「どさん子」は以下のお店です。

店 名 どさん子
住 所 330-0061 さいたま市浦和区常盤9丁目32番26号

 私どもがお付き合いさせて頂いた亀山行光さんは、たしか1968年くらいから、このお店をおやりでした。あるときに、1967、8年の頃あのお店のあったそばに『ロビン』という喫茶店があって、そこでアルバイトで働いていた房子さんという女性を彼もよく覚えていたもので、驚いたことがあります。
 でももう引退されましたね。寂しいかぎりです。彼の写真が以下にいくつも載せてあります。

  http://shomon.net/tomo/urawa2.htm#041103 北浦和どさん子30周年祝賀会

 でもこのときからも、もう5年が経過したのですね。亀山さんも、もう72歳ですね。

 それから、私の掲示板に写真を載せて、そこで書いた「サミットストア」というのは、私の今住む東京北区王子にあるお店です。
 terryさんのホームページ、ブログはいつも拝見していきますよ。

続きを読む

0b397c9e.jpg

 ああ、書くのを忘れていました。私のここのサイドバーの「将門のブックマーク」で、terryさんの以下のサイトをリンクいたしました。

   http://www.tomboy.co.jp/ バイクショップTOMBOY
   http://blog.livedoor.jp/terry4989/ とんぼい

 いや、たくさんのことを思い出します。
 ただ、私はバイクも乗れませんし、そもそもただの酔っ払いですね。でも「とんぼい」で書かれていることに、よくうなずいていますよ。

続きを読む

709b8450.jpg

 私の 周の掲示板 にterryさんから、また以下の書込みをいただきました。

40年近い昔 投稿者:terry  投稿日:2009年10月21日(水)12時21分3秒

北浦和西口駅前のすし屋に小林旭にそっくりな兄さんがいてその人の口利きでこみちのおかみが困ってるみたいだと言われおかみさんの店のどっかの鍵を開けた覚えがあります。鍵やもやりましたから。自分はその当時呑めるほうでなかったもので客としてお店に寄った記憶はありません。目が大きなおばさんと覚えています。そうですかあの方はお亡くなりになられたですか・・・・人のよさそうな人でしたね。いやあこうしておりますと世の中せまいもんですねえ。あの頃は埼玉大学はまだ駅前でしたかねえ。いや永いこと空き地で公園になったですから既に大久保の方へ移転していたですかね。北浦和は古い町で悪い連中はその昔東口にいました。和洋中華なんでもおいしく食べさせてくれるキムラヤさんは50年以上の老舗ですし、自分ら10代の頃出来たのがレストラントミー学生さんが多かったと思います、当時朝鮮料理焼肉は唯一北浦和東口旧中沿いレンザンエンだけでした。いやこんなこと書いていますときりがないです。それではまた。

 この寿司屋さんは「一心寿司」ですかね。あの店のお兄さんというと、彼だろうな。私は69年には、あの店には最初に行ったことがあります。また「小道」もその頃から、ときどき飲んでいたものです。
 あのお寿司屋には、和田善太郎先生がいつもごろつきのような大声で騒いで飲んでいたものでした。あの先生は実はアメリカ文学では日本で実に有名な方でした。そういえば、駿台予備校でも有名な先生で、ある会社で、当時来ていたこの予備校出身の学生から、「和田先生を御存知なのですか?」と驚かれて言われたことがあります。私は、「ああ、あの酔っ払いの先生か」なんて答えて驚かれたものでした。
 大酒飲みの先生でしたが、実に立派ないい先生でしたね。私がある会社の関係で、英語の教師を紹介してもらうのに、私の上司とこの一心寿司に行ったことがあります。私の連れて行った上司は、和田先生が私にちゃんと応対するので、驚かれたものでした。私はその会社では、目茶苦茶な酔いどれで、そして労働組合を作った目茶苦茶な過激派でした(でもいつも詩吟と軍歌をやる過激派でした)。
 和田先生にも、そのほかの英文学の先生方にも私は実に可愛がってもらいました。でも私は学部も違うし、思えば和田先生の授業は受けたことがないのですね。
 いえ、思い出せば、英文学だけではなく、理工学部の物理科とか化学科とか、生化学科とかの先生にも、いやいや経済学部の先生方にも可愛がってもらいました。
 あ、だんだん思い出せば、埼玉大学では、各学部の守衛さんたちにも可愛がってもらいました。いや、もう埼大の職員の方ともいろいろとたくさんのことがあります。その職員の方が定年で別の大学へ行ってもお付き合いが続いていますよ。
 いやいや、北浦和の西口も東口もいくつもの飲み屋でお世話になったものですね。西口のラーメン店の「どさん子」の店長(1969年から店長をやっていました)の亀山さん(もう引退されました)には、数ヶ月前に、私にいくつものお菓子を送ってもらったものです。
「レストラントミー」もよくお覚えています。あそこでは、けっこう私たち活動家の彼女たちがアルバイトしていたものでしたね。
 飲み屋はもういっぱい覚えています。でももうみんな店を変わられたか、引退されましたね。いやいや、そういえば、交番にいつもいた埼玉県警の方もたくさん覚えていますよ。もうその方たちもみな引退されたものです。

 北浦和は懐かしい思いがいくつも沸き上がってくるものです。

続きを読む

47b67d62.jpg

 夢の中の日常「北浦和の階段を登りながら」へ、ナミちゃんから次のコメントがありました。

1. Posted by なみんと    2008年04月03日 14:22
とっても現実味がありますね。
私がかって惹かれた光景です。
北浦和の東口は今はどうなっているんでしょうか〜。

 コメントをありがとうございます。そうですね。北浦和もずいぶん変わりましたよ。北浦和東口では昨年の浦和会の忘年会をやりました。私はもうそんなに飲めない身体なのですが、そのときは、夕方から、翌日朝まで飲んでいられました。これで判ったのが、一気に急激に飲むのはいけないということです。ゆっくり落ち着いて飲めばいいのですね。思えば、昔からなんだかいつも焦って飲んでいたものでした。なんだか、先に飲まないと、相手に先に飲まれてしまうのですね。思えば、埼大の関係の飲み会で、すべてこういうクセを付けてしまったのですね。だからいつも焦って急速に飲むクセがあるから、いけないのですね。
 今年の1月には、北浦和の埼大跡の浦和近代美術館にも行きました。懐かしくて、そしてやっぱり少し哀しくて、たくさんの思い出が甦ります。
 この夢であったようなことが、現実の世界でもいくつもあり、そんなことをずっと思い出していました。

続きを読む

49063a20.jpg 義母を妻が送るので、御前10時少し前に、私の部屋の前を「では行ってきます」と出て行きました。妻は義母を送ってそのまま会社に行くのです。私と一日交代でやっています。だからこういう日は、私がどこかへ出て行ってしまうこともあります。この代わり午前義母を送った逆のもの(私か妻かどちらか)が午後5時すぎに義母の帰りを迎えます。
 私は、きょうは02:05〜06:15の睡眠だったのですが、眠り足りなかったのか、義母を送ったあと、10時25分から36分まで、ついこのままパソコンの前で眠ってしまっていました。
 そこで夢を見ていたのです。
 私は北浦和で、埼大の後輩のむつめ祭の常任委員の人たちと北浦和駅に向かっています。私は埼大と北浦和を結ぶ通称学バスには、1967年の12月15日から、乗ったことはありません。当時この学バスが乗車料金が20円から30円に値上げされたときに、「バス代値上阻止闘争」をやりまして、乗車拒否を続けて、その後も一度もあのバスには乗っていません。いつも、歩いたり、自転車に乗ったり、いろいろなことでこの北浦和と大学間を通っていました。もちろん、卒業後も同じです。
 だから、たぶん、多くのむつめ祭の後輩たちとは、バスに乗って来た後輩たちと、この駅前で再会したものなのでしょう。
 ところが、この駅前で、私の知らない男と口論になり、その男が私に殴りかかってきます。私はわけが判らないながら、殴り返します。そうすると、私のむつめ祭の後輩たちが怒ってその男を目茶苦茶に殴ります。私が止めて、その場はおさまります。
 北浦和の東口の飲み屋に行こうと、駅の階段をのぼりはじめます。私はさきほど私に殴りかかってきた男と並んで階段を登ります。「さっきはごめんな」と私が声をかけると、彼は、「いえ、私のほうこそ申し訳ありません。あの…、あなたが萩原さんなんですか」、「そうだよ」、「あ、本当に申し訳ありませんでした」、「ああ、いいよ。一緒に飲みにいこうよ」…………、こんなところで目が覚めました。10時36分でした。
 思えば、こうしたことが何度かあったものでしたね。懐かしいことです。そしてそれを実にリアルにさきほど夢に見ていたものでした。
 私よりはるかに大柄の、そしていい顔をした男の子でした。またあの男の子とも仲良くなれるのでしょう。
続きを読む

38648a68.jpg

 毎年いつも12月には、浦和会を開催してきました、今回は急なお知らせですが、本日開催します。

日 時 12月29日(土)午後6時より
会 場 やず八(ヤズハチ)
    (さいたま市浦和区北浦和1丁目2番6号イルミネビル2階)
(北浦和駅東口下車、旧中仙道の信号を渡って角の花屋を右手にして、つまり与野方向へ進むと30メートル行った右側の居酒屋です)
       電話 048−822−0575

 私周は、近年とても酒が弱くなりまして、たいして飲めません(というか、ビール1本と酒3合しか飲まないようにしています)。だから、朝まで飲み続けるというようなことは、もうしません、できません。
 なにかありましたら、私にケータイメールください。

続きを読む

    2518cdd8.jpg  妻の友人から葉書があり、その中に自分の絵が世界堂の作品展に入賞したということが書いてありました。私が早速検索して、これを見つけました。ここに掲げたのがその作品です。

   画材と額縁の世界堂 第3回世界堂絵画大賞展入賞・入選作品

の中の、「風そよぐ日(S30号)永富登紀子(埼玉)」という作品です。
 その画像を、ここに掲げました。

 この方とは、文教大学教育学部美術専修卒業制作展 でお会いしました。その中で、いやきょうはいろいろあります(2001.02.03) に、以下のように書いていますのが、この永富登紀子さんでした。

 それから午後2時半に長女おはぎの卒業展の北浦和へつきました。本当は妻と一緒に行って、妻の級友と会うはずでしたが、私が大幅に遅刻です。
 次女ブルータスの友人たちに声かけられて、さらに長女おはぎが私を見つけて声を掛けてきます。私は「おっす!」というと、

   おはぎ「パパ、そんな大声をだすな! それよりママの友だちって、す
      ごい美人だよ」

 私はもう大喜びで行きまして、挨拶しました。

 もう思えば、あのときからも、もうもうすぐ7年になるのですね。

 S30号って へ

c598592a.jpg

 以下、私がたった今書きました母宛ての手紙です。実際の手紙とは違って、ここでは名前等はハンドル名にしてあります。

   萩原たか子 様

                2007年6月1日

                周のURLメール
                今の王子の住所電話等

 前略
 ちょっとしばらく手紙を書いていませんでした。どこに郵送したらいいのか判らなかったんです。きょうは、おはぎと孫のポコちゃんが、あちらの実家へ行っています。あちらのお母さんにおはぎは可愛がられているんですよ。それはね、このあいだ結婚したブルータスも同じなんです。
 ああいうふうに、相手のお家の家族に可愛がられているというのは、みなおばあちゃんと王子のおばあちゃんが育ててくれたおかげだと思っています。
 思い出せば、横浜で私は大学に入って大学1年の終わりの頃、我孫子に引っ越したものでした。でも私はいいのですが、マサシは横浜の鶴見まで通ったのだから大変だったね。あのときは高校2年の最後の頃だ。だから高校3年は大変だったろうなあ。
 私も我孫子というところは、中学高校の友だちもいるわけではないから、それほど親しい感じがする街とは言えませんでした。私はまた北浦和にアパートを借りて住みだしたしね。でもあの北浦和のアパートは1カ月も住まないうちに、東大闘争で逮捕されることになってしまったね。私が逮捕されて取調を受けていた東調布署というところは、一体東京のどこなのかさっぱり判りませんでした。「東調布」というから、調布市のそばなのかなあ、なんて思っていましたが、のちに、こののちというのは今から10数年前に、私が役員をしている会社が大田区にあって、そのときに税務調査があったときに、その税務署の職員に聞いたものでした。東調布署というのは、大田区の田園調布にあるんだね。驚いて、その日は、夕方わざわざこの東調布署を見に行ったものでした。
 外から、あのときの留置場の位置を確認しましたよ。でもよくあそこまで、みんな差入れに来たりしてくれたものでした。ばあもよく来てくれていました。まだ面会はできなかったけれどね。起訴されて接見禁止が解けたときに、友人が来てくれて、そして府中刑務所に移管になったときに、ばあは来てくれていましたね。あのときに、ばあは「こんな秋田犬を飼いだしたよ」と言ってくれました。私はシロのことがとても心配になって、そのことを聞いたら、「シロはこなくなっちゃったよ」と聞きまして、「ああ、またうちは秋田犬を飼うのか」という思いで、でもシロのことばかりが気になりました。でもそのまたあとの面会で、シロがまたやってくるようになって、子犬の秋田犬に喧嘩のやり方を教えているなんて話を聞いたものです。
 あのシロという野良犬は、実に面白い頭のいい犬だったねえ。もうたくさんの思い出を残してくれた野良犬でした。              早々

続きを読む

5473edf8.jpg

 次のサイトを追加しました。

 http://www.e-akabane.net/ 赤羽駅周辺情報(東京都北区赤羽)
 http://www.kitanet.co.jp/ 北ケーブルネットワーク
 http://www.netcity.kita.tokyo.jp/ NetCityきたくなるまち

 思えば、赤羽という街もよく歩きました。私は大学が埼玉大学ですから、大学のある北浦和から東京に入る最初の街が赤羽だったのです。
 それと北ケーブルテレビの本社は王子にあったんですね。しかもすぐそばでした。
 これからもいくつものサイトをリンクしていきます。私が今住んでいます東京都北区王子に関係関連したサイトを、私のこのブログ将門のサイドバーにリンクしてまいります。

続きを読む

2c27a596.jpg

 ひとつ前のUPで書きましたことですが、思い出しましたことがあります。

 昨日台所で洗い物をしていて、その中で思い出したことが強烈だったのです。その洗い物のなかにあるあるどんぶりが、私の思い出深いものだったのです。
 それは私が大学5年のときに、また改めて北浦和にアパート住まいをしたときに、私が持たせてくれたどんぶろでした。それをずっと使っていたわけですが、この食器だけは、王子から我孫子へ引越はしないで、ここにずっといたのですね。
 なんだか、ひさしぶりの出会いで、実に懐かしい思いでした。

 でも実は、その他にもいくつものものがあります。「あ、お前はここにいたんだ」と気がつくものがいくつもあります。
 義父の本棚を見ていますと、「あ、ここにあったんだ」と思うものがいくつもあります。なんだか、ただただ懐かしいいつぱいの思いになるものです。

 あ、今度写真撮ってみよう。思えば、あの食器なんかもう35年くらい活躍しているんだな。

続きを読む

↑このページのトップヘ