12091002 藤田典さんの「ダダさんの掲示板」で、9日の日曜日朝のUPが以下なのです。

十人十色と 投稿者:管理人  投稿日:2012年 9月 9日(日)09時00分1秒
  昔から言います。一人として、同じ考え方をする者はいません。人は、生まれ落ちた、その時から、ひたすら「自己」という人格を形作るために生き続けるものなのかも知れません。「大人になる」という言葉もあります、人は、完成した形では生まれてきませんから、未完成な部分を一つずつ完成に近づける過程が大切な様にも思えます。

「一人として、同じ考え方をする者はいません」というのは大切な考え方ですね。共産主義・スターリン主義というのは、人間をみな同じ考えを持つ存在、いやそういう人間にしたかったのでしょう。それのほうが、あまりな不平等よりもいいと考えたのでしょうね。 でも「不平等を是正する」という考えより、「みんなでより豊かになっていく」という考えのほうがずっといいです。
 私は孫の保育園でも、みな大きく違っている、いやすこしづつでも違っている幾人もの保育児を見ています。これが人間だと思うのですね。だから、みんながそれぞれ大好きで、でも嫌いなところもあります。
 それと私は昨日10日にはUPできませんでした。もっと何事も懸命にやっていきます。