将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:十六夜日記

11020409 これは「いざよいにっき」と読みます。
  私がこれを読んだのは40歳を過ぎてからです。そもそもこういう古典があることすら知らなかったものでした。
 これは、鎌倉時代に藤原為家の側室・阿仏尼によって記された紀行文の日記です。彼女はこの日記をどうして書いたのかというと、そしてそれが誰にも一番関心のあることなのだと思います。
 彼女は、夫が我が子である為相に播磨国の細川荘を譲ることに遺言をしていましたが、実際に長男の為氏がこの遺言に従わず譲らないために、それを幕府に訴えるのに、住んでいた京都から鎌倉まで旅をした日記です。
 彼女はもう60歳近い歳でした。鎌倉時代の、しかもまだ江戸時代のように五街道なんていうときではありません。その時代に彼女ははるばる歩いて鎌倉まで歩くのです。この日記には、名前はありませんでしたが、この日記が10月16日から始まっていたことで、こういう名前がつけられました。

 時代は、建治3年(1277年)のことです。ちょうど蒙古襲来の時代ですね。日記は、道中の日記と鎌倉滞在記になっています。
 残念なことに、彼女は肝心の所領紛争は解決しないまま、亡くなってしまいます。思えば、その頃も母親というのは強かったのですね。
 でもさらに私が関心を引くのは、彼女はこの旅の経費を一体どうしたのかということです。いっぱいの黄金でも背中にしょって歩いていたのでしょうか。それじゃ、もう当時の盗賊に狙われて怖いばかりです。あの時代に60歳近くというと、今では80歳を超えている年代だといえるかと思います。
 彼女は、ある商人に京都で為替を発行してもらい、それを鎌倉で現金化するのです。もうそんな時代だったのですね。ただし、こんなことはこの日記をあちこちで読んでもよく判りません(私が探しきれないのかもしれません)。
 でもそんなことが可能だから、彼女は息子への愛情とこうしたシステムのおかげで、この日記を書いてくれていて、今も私たちが読むことができるのです。(2009.12.07)

10121909 これは「いざよいにっき」と読みます。私がこれを読んだのは40歳を過ぎてからです。そもそもこういう古典があることすら知らなかったものでした。
 これは、鎌倉時代に藤原為家の側室・阿仏尼によって記された紀行文の日記です。彼女はこの日記をどうして書いたのかというと、そしてそれが誰もが一番関心のあることなのですが、彼女は、夫が我が子である為相に播磨国の細川荘を譲ることに遺言をしていましたが、実際に長男の為氏がこの遺言に従わず譲らないために、それを幕府に訴えるのに、住んでいた京都から鎌倉まで旅をした日記です。
 彼女はもう60歳近い歳でした。鎌倉時代の、しかもまだ江戸時代のように五街道なんていうときではありません。その時代に彼女ははるばる歩いて鎌倉まで歩くのです。この日記には、名前はありませんでしたが、この日記が10月16日から始まっていたことで、こういう名前がつけられました。
 時代は、建治3年(1277年)のことです。ちょうど蒙古襲来の時代ですね。日記は、道中の日記と鎌倉滞在記になっています。
 残念なことに、彼女は肝心の所領紛争は解決しないまま、亡くなってしまいます。思えば、その頃も母親というのは強かったのですね。
 でもさらに私が関心を引くのは、彼女はこの旅の経費をどうしたのかということです。いっぱいの黄金でも背中にしょって歩いていたのでしょうか。それじゃ、もう当時の盗賊に狙われて怖いばかりです。あの時代に60歳近くというと、今では80歳を超えている年代だといえるかと思います。
 彼女は、商人に京都で為替を発行してもらい、それを鎌倉で現金化するのです。もうそんな時代だったのですね。ただし、こんなことはこの日記をあちこちで読んでもよく判りません(私が探しきれないのかもしれません)。
 でもそんなことが可能だから、彼女は息子への愛情とそうしたシステムのおかげで、この日記を書いて、今も私たちが読むことができるのです。(2009.12.07)

cd7454a7.jpg

 青砥左衛門藤綱のことで を書いて、「このことも少し書いておこう」と思ったことがあります。

「十六夜日記」は鎌倉時代に60歳近くの女性が土地の訴訟で、播磨から鎌倉までの旅行記だが、これがなぜいいのか。

と書いています内容です。このときに私が話したのは、「鎌倉時代に60歳近くの女性が土地の訴訟で、播磨から鎌倉までの旅行記」が今も残っているのはいいことだが、それは60歳近い女性がちゃんと文章を書いておいたからだ。だから、今はもっと楽にパソコンで記録を残せるのだから、ちゃんと(べつにいい加減にでもいいですよ。でもパソコンを開くことを嫌がらずやることが大切)やるべきなんだというようなことを、飲んで話したものでした。
 でもこの十六夜日記(いざよい日記)の、この女性の訴訟がどうなったかは、言いませんでした。
 この『十六夜日記』については、インターネット上で次のような解説を見つけました。

  http://ddb.libnet.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/np/izayoi.html  『十六夜日記』

『十六夜日記』は、弘安2(1279)〜3(1280)年、阿仏によって書かれた日記です。
 阿仏は、藤原為家の妻でした。建治元年(1275)、為家が没すると、その遺産である播磨国細川庄の土地所有権をめぐって、為家と阿仏との間に生まれた為相と、為家の長男の為氏(為相とは異母兄弟)との間に争いが起こります。生前、為家は、当初為氏に譲るつもりでいましたが、のちにそれを撤回し、為相の方に譲るという譲り状を出していました。しかし、為家の没後、為氏は自分の領有権を主張し、細川庄を為相には渡しませんでした。そこで、為相の母である阿仏が、この件を幕府に訴え審理してもらうために、鎌倉へ向かいます。
 本作は、その道中の日記と、鎌倉滞在中の日記との二部から成っています。阿仏が旅立ったのが、弘安2年10月”16日”のことだったので、『十六夜日記』という名前がつけられました。単なる記録だけではなく、歌人でもあった阿仏らしく、道中の名所を詠んだ歌や鎌倉滞在中に贈答した歌など、和歌が多く記されています。

 実は、この事件は、所領紛争の解決を見ることなく阿仏尼は亡くなり、日記も終わってしまっています。このことはやはり私には悲しいことなので、口に出すことができませんでした。
 それともう一つ私がいったことがあります。

 阿仏尼は、もう60歳近い女性です。当時の人たちは、今でいえば85歳くらいの女性だという感覚だったかと思います。この女性が播磨から京都を経て鎌倉へ旅するわけです。当時は江戸時代のように街道は整備されていません。大変なご苦労があったと想像できます。
 それで私が高校時代からこの十六夜日記に注目していたのは、阿仏尼が、現金を肌身離さずもっていたことでしょうが、すべての費用になる銭をすべてもって歩いていたわけではないのです。そんなことをしたら、街道でどんな目に逢うか判りません。
 思えば、街道には盗賊どころか妖怪もいただろうと考えられていた時代です。彼女はこの危険な道中を歩くのに、播磨で為替を発行してもらいます。いわば、その手形をもって旅行して、鎌倉で、それを銭に変えて、日々の費用をまかないます。この為替を盗賊が奪ったとしても、現金化することはできません。
 そんな形が、あの鎌倉時代にはできあがっていたのです。だから、この女性が旅できたし、この十六夜日記も書かれたのです。

 もう鎌倉時代は、そんな時代になっていたのです。

 また鎌倉を歩いて、この阿仏尼のことも想いたいです。

続きを読む

 私の メール苦手だから の2塾長のブログ さんから次のコメントをいただきました。

1. Posted by 本山 俊光    2006年09月27日 10:47
 TBありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
 わたしの記事の中の、「コミニュケーションが取れている2人なら」の部分ですが、元記事の文面を見てみると、メールを滅多に返さない彼女とのやり取りが面白く書かれていましたね。
 私はその場面を思い浮かべてみましたが、なんともいえず、クスリと笑ってしまいました。
 このカップルの場合、2人のコミニュケーションのツールがメールだけであったなら、返信も滞りがちの彼女と交際が長続きするはずがないなと思いました。にもかかわらず、交際を続けているようなので、きっと、毎日デートしたり、電話でやり取りしたりしながら交際を続けているのだなと感じました。

2. Posted by 本山 俊光    2006年09月27日 10:48
最近は携帯電話といっても電話の機能よりもメール機能を重視しているかたが多くいらっしゃるように聞いております。(私自身は携帯電話を持っておりませんが)
 そんな中で、2人の会話?をメールで済ませることなしに、実際に会ったり、電話で肉声を聞いたりして交際を続けているのだろうなと推測できましたので、「そういう彼女にめぐり合ったのは幸せだよ」という文面になったわけです。
 お解り頂けたでしょうか。
 では、末筆になりましたが、これからもよろしくどうぞ。

 了解しました。丁寧にありがとうございます。

 私はですね、ちょうど先週の木曜日に、私のクライアントの経理の女性と仕事のあと、飲んでいました。彼女は3人の男の子がいまして、私は2人の女の子です。
 その息子たち娘たちとのケータイメールの話になりました。彼らはメールどころか電話もかけてこないようです。長男の方は、就職して仙台に独りで住んでいるのに、お母さんには全然連絡しないのですね。
 そのときに、私はケータイメールで頻繁に連絡していることをいいました。もちろん、この彼女とも仕事上でも、その他のことでもケータイメールでやりとりしていますよ。
 それで、でも彼女は、私よりも10歳年下なのですが、つい「こうしてパソコンやケータイでメールなんて言っても、私はあまりこういうのに向いていないの」なんていいますので、私はついつい酒の勢いもありまして、喋りました。

 司馬遷が、いかに竹簡にあの膨大な「史記」を書いていったことなのか。屈原の「楚辞」は実はもともと、岩を穿って書かれていたものだということ。司馬遷がこの歴史書を書いたことは、そもそも彼が宮刑にあってしまった事件にあり、それは李陵が匈奴に屈したことが(司馬遷はそれを武帝の前で普通に擁護した。ほぼ李陵のことを彼は知らなかったわけだが)、理由になっている。その李陵と、匈奴によって19年間シベリアに抑留された蘇武が出会って二人で作った詩がいい。「アベラールとエロイーズ」の書簡がどうしていいのか。「十六夜日記」は鎌倉時代に60歳近くの女性が土地の訴訟で、播磨から鎌倉までの旅行記だが、これがなぜいいのか。
 あともう一つ話しましたが、ようするに、みな実に大変だったけれど、やり抜いたのです。当時の手段で、懸命に記したのです。

 もしももしも、これらの時代にケータイメールがあったら、彼ら彼女たちは、もっとたくさんのものを私たちに残してくれたはずです。だから、こんな便利で楽な手段はもっと使うべきなのです。司馬遷の前で、私は頭が下がるばかりです。

 そんな思いの中で、私は、このカップルもケータイメールで二人の愛を確認できているのはいいと思ったのです。
 私は、妻とはほぼ会話がありません。でも、ケータイメールを交わすことによって、どうやらこれが二人の愛になっている気がしています。

 若い二人が、普段会って、愛をたしかめたくさんお喋りしたとしても、また電話をするだろうし、そしてまたケータイメールを求めるのも私にはよく判る気持なのです。

 本山さん、ありがとうございました。
 あのですね。私も昔学習塾(といいますよりも進学教室でした)をやっていましたよ。あの頃の生徒たちをよく思い浮かべています。

続きを読む

87b7b17e.jpg

 私の 新商品 自分の顔が切手に将門のnewsing に掲載しましたところ、herbstさんから次のコメントをいただきました。

"ケータイで話すよりも、ケータイメールが確実ですね"というのが信じられない。 まぁ手紙なんてよっぽど書かないな。たぶん書いたことがないのかもしれない。

 私には、このコメントの内容こそ、驚きです。「うーん、そんな人もいるんだ」という驚きです。
 まず私はケータイメールはほぼ20日で200通を出しています。妻や娘とだけでなく、ビジネス上でも生活の上でも、非常に便利に使っています。ビジネス上では、ケータイメールでテキストで確実に送受信しないと、困るでしょう。私はけっこう登記上のことなんか、このケータイメールで相手と確認していますよ。
 でもでも、それ以上に驚いたのは、手紙を書かないということですが、これはまた驚きです。私はちょうど今高校時代の友人に手紙を出そうとしているところですが、でも手紙というのは実に躊躇してしまいます。でもとにかく、書きますよ。
 でも印字して、切手貼って、それをポストに出して、というのが面倒だなあ。でもメールなんかやっていない友人ですから、仕方ありません。

 私はちょうど21歳のときに、手紙をある女性に1年に200通出しました。そしてね、実は手紙に貼る切手の裏にも書いたんだよなあ。
 でも今は、それ以上の数をケータイメールしていますからね。
 やはり、自分の意思を相手に伝える手段が、より便利なものになればいいのだと思うのですね。
 アベラールとエロイーズの書簡集は、二人とも隔離された中で、交わされたもので、読むと大変に書いてある内容に涙してしまうのですが(とくにエロイーズさんの手紙の内容には、驚いちゃいますよ。アベラールは彼女に聖書の研究を勧めますが)、でもでも読んでみて、その交わされた手紙の数の少なさには、驚いてしまいます。
「十六夜日記」は鎌倉時代にある女性が、播磨から鎌倉へ向かうときの日記です。これもまたよく書かれているのですが、もしも今のようにケータイでブログに書くことができたら、もっとたくさんのことを残してくれたでしょうね。
 でもね、どんな時代での、そのときの自分の思いを、テキストなりで残すことが大事だと私は思うのですね。

 私はケータイでブログもおおいに書いていますが、これが21歳のときなら、もっといろいろなことを書いていたでしょうね。

続きを読む

↑このページのトップヘ