将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:半藤一利

 随分前になりますが、「浪人生と語る会」というのがあって、けっこういろいろなこと話したのですが、その中で漱石が好きだという浪人生と次のような話をしたことがありました。

 周「漱石の中で、なにが好きなの?
 彼「どれも好きなのですが、とくに『坊っちゃん』なんか好きで
  すね

 周「しかし、『坊っちゃん』って暗すぎないかい
 彼「いや、なんだか読むと気持がすかっとしたんです
 周「そうかな……
   ……といって、坊っちゃんよりまだ悪役の野太鼓や赤シャツ
   のほうが、いきいきと生きているのではないかと話しました。
   うらなり君も結局はマドンナと別れてしまう。どうにも、結
   局は山嵐も坊っちゃんもうまく職場に適応できなかっただけ
   じゃないかとか、いろいろ話しました。

 周「坊っちゃんがあのあと何になったか、覚えているかい?
 彼「いや、分からないのですが、それは『二百十日』に書いてあ
  るんですか

 周「『坊ちゃん』の最後に書いてあるんだよ。彼は東京の都電の
  運転手になるんだな。それと、彼は山嵐と新橋駅で別れたきり、
  二度と会わないんだ。どうみても、あのは二人は親友になった
  と思えるんだがね、それっきりなんだ

11051405 なんだか、「坊っちゃん」をこの彼のように思ってしまう傾向があるようです。それがまた何故かなと興味深いところもあるのですが、漱石の作品では本来はこうなのです。私には、こうした漱石像が、読んでいくのにつらいなと思わせるところなのです。

 私は「坊っちゃん」をこのような印象で読んできていました。なんだか読み返すのが辛い暗い小説という感じだったのです。
 でもそうした私の思いを、また別な観点から切り開いてくれた本があります。

書  名  漱石先生ぞな、もし
著  者  半藤一利
発行所  文春文庫
1996年3月10日第1刷

 この本は文庫本になったら読もうと、立ち読みだけで待っていました。
 第一話が

  「べらんめい」と「なもし」

ということで、「坊っちゃん」の中に出てくる江戸下町言葉をいくつも抜き出しています。これが実に細かく分析されていて面白いのです。

「ぶうと云って汽船がとまると、艀が岸を離れて、漕ぎ寄せて来た。船頭 は真っ裸に赤ふんどしをしめている。野蛮なところだ。もっともこの熱さでは着物は着られまい。日が強いので水がやに光る。見詰めていても眼がくらむ」
 走りだす汽車のとまる汽船、淋しげで小さな婆やと威勢のいい裸の船頭、対照の妙をいかし、前章の過去形と違って「しめている」「やに光る」「眼がくらむ」と現在形で書いている。風物も、人間も、目の前のように生きてくる。そして「いやに光る」とすべきところを「やに」と江戸訛りをはさんで、都落ちした江戸ッ子のせめてもの心意気を示している。
 全編こんな風に多彩で流動的な文章。後にも先にも、日本人の誰も書かなかった。いや、漱石すらもその後これほど闊達な文章は書かなかった。

 うんうん、なるほどなと思います。東京を出るときのお清婆さんの小さな声、小さな姿、そして坊っちゃんにくれる手紙の内容「……箱根山から西には化け物が棲んでいる……」など、たくさん思い出してきます。たしかに最初の最初読んだときにも赤ふんに「野蛮なところだ」というところでは笑ったなと思い出しました。
 いややっぱり漱石はいろいろな読み方ができるのだなと改めて感心しました。 そうそう、今私も思いました。上で引用した中の「眼がくらむ」は杜甫の「飲中八仙歌」からとったものでしょうね。

 知章騎馬似乘船   知章が馬に騎るは船に乗るに似たり
 眼花落井水底眠   眼花井に落ちて水底に眠る

 ねえ漱石先生、知章は飲んでいたから、「眼がくらむ」で井戸に落ちたのでしょう。いや間違いなく、漱石は「坊っちゃん」のこの部分で、杜甫の詩を思い浮かべたはずです。そしてにやにやしていたんじゃないかな。

 さらに少し付け加えたいと思いました。
 この漱石の「眼がくらむ」なのですが、ずっと気になりました。漱石は、なんだか「眼がくらんでしまう」というような症状があったようです。そのことを「眼華」という言葉を使っています。この「眼華」は、「眼花」と同じではないのかな、と思うわけなのですが、それは私はこの「坊っちゃん」の場合だけで思うわけなのです。
 実は、漱石はこの「眼華」という言葉を、吉川幸次郎によると、この杜甫の詩から持ってきたのではと言われています。吉本(吉本隆明)さんは、これは良寛から持ってきたのではと言っています。そしてその良寛からとは、良寛がいわば本来よりどころとした、道元の「正法眼蔵」の中の言葉からだということなのです。私は吉川幸次郎は少しも好きではなく(全く嫌いです。ときどきあの膨大なる「吉川幸次郎全集」のどこかの巻を立ち読みしては、「そら、やっぱり嫌な奴だ」と確認しています。それこそ周の方が嫌な奴だね)、どうみても吉本さんの言う通りだと思っています。
 だがだが、そうだとしても、私はこの「坊っちゃん」の場合の「眼がくらむ」は、杜甫の詩からではないのかな、と思うのですね。漱石の病気のことではなく、このときだけは、まさしく飲んで眼がくらんでころんだとか、そういうことを漱石は思い浮かべていたのじゃないのかな。(1998.11.01)

11030421 この日は長女の子どもポコ汰とポニョのお雛祭りでした。実に楽しいひとときでした。

2011/03/05 06:23けっこう寒いですね。今日は長女の孫のポコ汰とポニョの保育園のお雛祭りです。開始時間は9時30分ですが、妻と私は8時30分には長女宅へ着くように行きます。
2011/03/05 06:33こうして今日は保育園です。お雛祭りときにデジカメもちゃんと撮れるように電池等を用意しました。ただIS01の電池がもうすぐ交換の時期ですから、そのあとはスペアは家で充電中になりますね。こればかりは仕方ありません。
2011/03/05 07:04上のIS01は今充電になりました。あと充電すべきものは充電池なのですが、運動会が終わって帰宅できる頃はとっくに終わっているでしょう。
2011/03/05 12:37今は長女宅です。
2011/03/05 12:44今NHKテレビでは半藤一利が出ています。この人の本は私はどのくらい読んでいるでしょうか。たくさんだというしかないですね。夏目漱石のお孫さんですね。一つひとつの本の題名を思い出しています。

 でも私じいじは眠っていたといいます。ゴーっといびきをかいていたらしいのですが、私は少しも記憶がありません。

書 名 ソ連が満洲に侵攻した夏
著 者 半藤一利
発行所 文藝春秋
1999年7月30日第1刷
読了日 2001年6月2日

11022710目  次
第1章 攻撃命令
第2章 八月九日
第3章 宿敵と条約と
第4章 独裁者の野望
第5章 天皇放送まで
第6章 降伏と停戦協定
第7章 一将功成りて

 いやはや、やはりスターリンはひどい奴だ。だが、スターリンのひどさとは、自国民にも向けられているんだよ。それから、なぜ満洲に侵攻したソ連兵が、あれほど強欲粗暴野蛮だったのか(実はヨーロッパ戦線でも同じだったのだが)かは、そもそもスターリンからの指令だったというのは、もうもっとも納得してしまう。彼には、このことが重大な意味、意義があったのですね。(2001.06.02) 

11022709書 名 徹底分析川中島合戦
著 者 半藤一利
発行所 PHP研究所
2000年6月22日第1半第1刷発行
読了日 2000年7月3日

目  次
1 信玄派と謙信派
2 両雄の人間素描
3 前哨戦小競り合い
4 余談・王監督論
5 いよいよ決戦場へ
6 合戦前の虚々実々
7 全軍突撃セヨ
8 さらば両雄よ

 たまにはどうしてもこうした本を読んでしまいます。ほとんど新しく知ったことはなかったけれど、ときどきこうした本があると読んでしまうんだな。(2000.07.03)

09111503 周の雑読備忘録「花ヶ前盛明『上杉謙信』」へのコメント周の雑読備忘録「半藤一利『徹底分析川中島合戦』」へのコメントでレスを書いたのですが、このお二人は同じく上杉謙信のことを書いておられまして、私も当初は同じ方かと思いましたが、でもIPアドレスはまったく違います。だから別な方のようです。ただし、同一の方が2台のパソコンで投稿されていると判りません。
 できたら、ハンドル名でも記されるといいのですが。いえ、「A」でも「よい子」でもいいのです。「匿名」だと、私にはよく判らないのですね。
続きを読む

09111502 私の 周の雑読備忘録「半藤一利『徹底分析川中島合戦』」に匿名の方から次のコメントがありました。

1. Posted by 匿名   2009年11月14日 03:56
 こんばんは
謙信公は欲の無い人です。
そして公僕の鏡です。
 越後国主として関東菅領として、弱った幕府を支えながら自分の役務に忠実に生きた人です。
 越後人は、皆さん謙信公を敬慕しております。
その一例は、越後民が飢饉で苦しんでいる時に、謙信公は五年間もあらゆる諸税(武課)を無税にしてくれました。
その様に、部下に対してだけでなく、領民にも慈悲深く接してくれました。
        敬具

 コメントをありがとうございます。越後人の方だけでなく、誰もが好きになれる方ですね。ただお酒を飲みすぎかな。ただとても不思儀な英雄ですね。今も判らないところが私にはいくつもあります。戦のやり方も信玄や氏康や信長とはあまりに違います。
 この半藤さんの本は実にいいです。江戸時代からこの川中島の第4回目の大合戦を信玄の勝ちという方が多かったのですが、半藤さんは違います。実に冷静にかつ、自らの思いも書いていると思いますね。

続きを読む

徹底分析 川中島合戦徹底分析 川中島合戦

 14日に我孫子の自宅へ行きましたが、行くときに電車の中で、チェーホフ『子犬のカシタンカ』を読みまして、帰りには、自宅にあったこの本をちょうど半分本を読み、そしてさきほど読み終わりました。もう随分前に読んでいた本でしたが、また読みかけると最後まで読んでしまうものです。

書 名 徹底分析川中島合戦
著 者 半藤一利
発行所 PHP研究所
定 価 1,300円+税
発行日 2000年6月22日第1刷発行
読了日 2008年1月17日

08011701 私は川中島の戦い(第4回目の永禄4年1561年9月)は、やはり上杉謙信の勝利であると思ってきましたが、この半藤さんの考えも同じなようです。ただ、その後の第5回目の戦いののちには、このあたりは武田信玄の領地となり、やはり武田の勝利だという人も多いのですが、上杉謙信には、領土を獲得するという意思があまりに感じられないない武将なのですから、その判断では計れないと思うのです。
 それにしても、実に謙信という人は私にはまだまだ理解しにくい武将ですね。今後も、より多くの人がこの人のことを書いていくのだろうと思いました。

0db66f0d.jpg

 何日も前のことですが、私のこのブログのサイドバーを「谷崎潤一郎」から「永井荷風」に替えました。ときどき、こういうふうに替えないとつまらないからなあ、と思っているからです。
 私は永井荷風に関しても、中学2年のときに、かなりな量の作品を読みました。以下に荷風の作品について少し書いています。

   荷風のことから

 この私のサイドバーであげられた作品でいいますと、「断腸亭日乗」、「墨東綺譚(ただし墨はさんずいがついています)」は私が好きな作品です。「ふらんす物語」とか「あめりか物語」はあんまり中学生の私には面白くありませんでした。「つゆのあとさき」「新橋夜話」が好きな作品でした。
 それで「日和下駄」という作品は読んだことがありません。本屋で手に入れないといけないですね。でも王子というところは、本を探すのが大変なところです。
 それと半藤一利「荷風さんの戦後」という作品もすぐに読んでみます。半藤さんも私は実に好きな著作者です。

 でも思いますが、どこでも誰とでも荷風について語るということは、私はほぼ経験したことがありませんね。

続きを読む

↑このページのトップヘ