1201010821.「吉本隆明を<読む> 叢書・知の分水嶺1980'S」
  1980.11.25 現代企画社 2,000円

 序 吉本思想の現在
   吉本隆明における戦後―――――――――――――埴谷雄高
   構造をめぐり、構造のむこうへ―――――――――樺山紘一
 1 吉本像の諸相
   決定的な転換期――――――――――――――――埴谷雄高
   庶民・吉本隆明――――――――――――――――谷川 雁
   吉本隆明私論――「マチウ書試論」まで―――――鮎川信夫
   吉本隆明についての覚え書き――――――――――鶴見俊輔
   拒絶のナショナリズム―――――――――――――桶谷秀昭
   吉本像断片――――――――――――――――――橋川文三
   自然科学者としての吉本隆明――――――――――奥野健男
 2 『言語にとって美とはなにか』
   表現としての言語――吉本隆明と時枝誠記の遭遇と交渉
                ――――――――――野村精一
   吉本詩学のメタ言語について――――――――――磯谷 孝
 3 『共同幻想論』
    支配の正当性と共同幻想――――――――――――石尾芳久
 4 『心的現象論序説』
   孤独なる征覇―――――――――――――――――柄谷行人
   <思想的自立>と<心的領域の定立>――――――――森山公夫
 5 宗教思想を媒介に
   吉本隆明における聖書―――――――――――――笠原芳光
   『最後の親鸞』考―――――――――――――――荒井 献
   『論註と喩』―――――――――――――――――久米 博
 6 吉本隆明年譜―――――――――――――――――川上春雄