11090204   Saturday, October 23, 2004 12:55 AM
了解了解、
 充分人を唸らせるにたるすごいエピソードばかりですねー。ぽっかり晴れた夜の空を畳や家まで飛んでいくシーンは幻想的ですらあります。もう、へぇーの連続ですよ。でも何の準備もしてなかったのはまずかったですね。ご両親は台風の少ない土地のご出身だったのですか。
 今回の台風は今年最悪のようですね。これは経験しなくてニュースで見ただけでも語りぐさになりますね。

   Saturday, October 30, 2004 7:58 AM
Re: 了解了解、

ぽっかり晴れた夜の空を畳や家まで飛んでいくシーンは幻想的ですらあります。

「幻想的」、たしかにそうだったかもしれないなと今思います。そのときは、たぶん、台風の目に入っていて、実に周りは静かなんです。私たちが外に出ても、何も飛んできたり、雨をかぶってしまうということもありません。ただ、上空を見上げると、たくさんのものがものすごいスピードで飛んでいくのです。
 私はそのときに、

  俺は、この光景を一生忘れないだろうな

なんてことを思っていました。

もう、へぇーの連続ですよ。でも何の準備もしてなかったのはまずかったですね。ご両親は台風の少ない土地のご出身だったのですか。

 あのときは、我が家に限らずどこの家も何も準備していませんでしたよ。それは名古屋でしたから、台風に遇った経験がなかったのかもしれませんが、テレビもラジオも新聞も、何も警戒するようなことも言わなかったと思いました。
 そうですね。ごく近所で、私の家族と仲の良かった長島理髪店というところのご主人が、

  夕方、この台風には大変なことになるんじゃないかと思って、
  急いで入口のドアや窓を防ぐために、板を打ちつけた

と言っていました。あの人は台風の経験があったのかもしれません。
 私の両親は、父が茨城県笠間で、母が茨城県藤代町(母の時代も私が生まれたときも、ただの茨城県佐貫でした。のちに藤代町に入れられました)です。二人とも茨城の田舎の百姓出身で、台風なんてまったく経験がなかったのだと思いますよ。二人の経験といえば、関東大震災に遭ったことと、そして大東亜戦争の経験でしょうか。

今回の台風は今年最悪のようですね。これは経験しなくてニュースで見ただけでも語りぐさになりますね。

 ちょうど、夏に家族で行きました旅行で、歩いてお土産を買いました、修善寺のお土産屋さんが、テレビの画面で、店の中に泥がうずたかく入り込んでいるのを見ました。家族4人で、「これは大変だね」とものすごく驚いていたものです。萩原周二
(第223号 2004.11.22)