11080106   Saturday, October 18, 2003 10:41 AM
初めまして。苫米地 聰(とまべち さとし)という者です。たまたま貴兄の吉本隆明がいっぱいのホームページを拝見しました。

 高校1年のときに、出版された「情況」(河出書房新社)を読んで以来、吉本隆明氏の著作を読み続けて来ました。また、「試行」も終刊になるまで20年くらい購読していました。もっとも隅から隅まで読んでいた訳ではなく、「情況への発言」滝村氏の国家論、宮城賢さんのエッセイなどを読んでいただけですが。しかし、ここ10年くらいは数学の専門書ばかり読んでいたので、吉本氏の本を買ってはいても未読のものが多いです。

 貴兄のホームページを見て、またぼちぼち未読のものや、引越のとき以来開いていない段ボールから引っ張りだして、以前の著作も読み返してみようかなという気になりました。
 また、数学の勉強に疲れたら盛りだくさんボリュームのある貴兄のページをウィスキーを呑みながら読ませていただきます。

ちょっと刺激されたことに感謝しつつ 苫米地 聰

   Saturday, October 18, 2003 2:07 PM
 はじめまして。メールをありがとうございます。

高校1年のときに、出版された「情況」(河出書房新社)を読んで以来、

 あの本は1970年11月出版で、私は大学4年生でした。そうすると私とは6年の差になるのかな。私は埼玉大学に6年在学しましたが、その後も関わり続け(もう学生運動では関われませんでした)、埼玉大学の学園祭をやる後輩たちとつき合い続けました。とくに私の6、7、8年下の世代とは深くつき合ったものでした。
 思えば、埼大の学園祭の後輩たちとは今でもつき合っています。今年の大学1年生なんか私より37歳も年下なんですね。

 吉本さんの本は、もう一貫して読み続けてきました。ただ、私が理解できているのかは、はなはだ自信がありません。もっと吉本さんについて詳しい方が大勢いるはずなんですが、このインターネットの世界では露出されていませんね。なんだか、この世界では、いつのまにか、私が先頭を走っている感じになってしまいました。これはどういうことなんでしょうか。
 数学をおやりなのですね。数学関係のフリーソフトでお名前を拝見しました。私の友人にも、数学に実に執拗にこだわっている人がいます。彼はもう圧倒的昔からパソコンにもこだわっていました。ただし彼はパソコンとはいわず、「計算機」といいますが。この彼と会うと、さまざまな話をして、とくにパソコンについては幾らでも話せるのですが、数学の話は、私はまったく判らないのです。
 私の学生運動の大先輩である小野田襄二さんも、つい近ごろ

  「あなたも解けるフェルマーの定理完全証明」

という数学の本を出しまして、それがまた私にはちっとも判らないのです。ただなんとなく不安でしてね、不安というのは、その内容が、はたして、あちこちの数学者を少しは納得させられるのか否かがはなはだ不安でししてね、いや私にはちっとも責任はないのですが、いちおう敬愛する先輩なもので、そして私と同じアル中なもので、なんだか不安です。

また、数学の勉強に疲れたら盛りだくさんボリュームのある貴兄のページをウィスキーを呑みながら読ませていただきます。

 少しは私も何かを人にも与えられているかな、と嬉しくなります。
 メールありがとうございました。萩原周二
(第168号 2003.11.03)