将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:吉本隆明全著作

12021103 2月7日に、吉本隆明全著作(単行本)「わが転向」(1994.03.25)に、文化芸術 DVDさんから、さらに以下のコメントがありました。

1. Posted by 文化芸術 DVD   2012年02月07日 16:35
大阪大学経済学部に在籍中の者です。
2年までは、必履修科目で時間割が決められますので、好きな勉強はあまりできません。
3年から、幅広い講義を受ける事ができます。
ですので、特に学部を悩む事はないと思います。
実際、私は悩みましたが。(笑

 ええと前にもそうでしたが、「何をおっしゃりたいのか皆目分かりませんでした」ということは今回も同じです。要するに、私があまりよく分かっていないことの証左ですかね。
 私が学生であったときは、大昔ですね。私はとくに、大学関係の授業講義では面白いとは思わなかったもので、よく記憶がないし、思い出しもしません。ただ、大学の教官でも事務官でもお付き合いをした方は大勢いました。大学を去ってからも、けっこう付き合ったものでしたね。
 思い出せば、学部とは関係がなくお付き合いしたものでしたね。あ、大学とも関係がなく、違う大学の先生とも付き合ったものでした。

11122810 11月30日に、吉本隆明全著作(単行本)「わが転向」(1994.03.25)に、文化芸術 DVDさんから、以下のコメントがありました。

1. Posted by 文化芸術 DVD   2011年11月30日 15:51
吉本さんには、「現代批評」1958年11月刊に掲載された「転向論」があります。私たちの誰もが最初のころ目にした吉本さんの論文であるかと思います。

 ええと、私はこれを読みまして、文化芸術 DVDさんが、私およびこの私のブログを読んでいてくれる方に、何をおっしゃりたいのか皆目分かりませんでした。
 私はあまりちゃんとした理解力がありません。もう少し分かりやすく書いてくれると、ありがたいです。

書 名  老いの流儀
著 者  吉本隆明
発行所  日本放送出版協会
2002年6月25日第一刷発行
定 価  1,400円11103003

 この本の構成をしました古木杜恵さんというのは、私の友人であり、かつ彼の会社自身ともいろいろと私は関係しております。それで彼からは、たしか昨年の12月だったと思うのですが、この本の出版に際して、私のホームページの

  吉本隆明全著作(単行本)

を掲載したいという申し出がありました。もちろん、私は了解し、私のURLを載せてくれるように言いました。だから最後にURLが載っています(ただし載っているのは、「吉本隆明全著作(単行本)」の最後のページというだけなんですね。これじゃおかしいのですが、まあ仕方ないかな。古木さんはインターネットはまだ堪能じゃないのです。
 でも、これを見て、
 まずいな、もっと更新しないとならないな」と感じました。

↑このページのトップヘ