10101607 仮名本忠臣蔵の6段目のことを詳しく思い出していたのでしたね。

2010/10/21 07:53昨日も同じ時間に同じようなことをやっていました。でも忘れてはいけないですね。
 もうこの前に「わが家のおかあさん」は書きました。もうお便り帳には印字して貼ってあります。もちろん、写真も貼ってあります。
2010/10/21 07:59さて、「てっぱん」です。いつもいっぱいの思いを抱きながら見ているものです。
 走っている尾道ちゃんを見ていると、もう涙が出てきます。単純な私です。
2010/10/21 09:47義母を送る時間です。早めに伝えておかないと大変なのです。今「歴史さとう」で仮名本忠臣蔵の6段目のことを書いています。あと少しというところで、このリビングに来て、台所の洗い物をして、そのあとの時間です。電話があるのを待っています。
 義母はいつも「病院へ行くの?」と聞いてきます。この時間にそんなことは一度もないのです。いや4年間に一度くらいあったかなあ。連れて行きました医院も思い出しました。
 何度も何度も同じことが繰り返されています。大変なことですが、仕方のないことです。

 次女ブルータスの子どもが生まれたら、私はものすごく嬉しいだろうな。