将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:呉子

書  名 呉子
著  者 呉起
発行所 明治書院

11082704 世に「孫子」の兵法というのはよく知られています。日本では武田信玄が、西欧ではナポレオンが座右にしていたといいます。そしてその作者は孫武と孫濱(この字は本当はさんずいではなく月です)であるとされ、海音寺潮五郎や陳舜臣の小説にもなっています。近年孫濱の兵法書が山東で発見され、実に「孫子」と孫濱の兵法書は別であり、「孫子」は孫武のみが作者らしいということが分かり、話題になったことがあります。
 それに比べて「孫呉の兵法」といわれながら、なんと「呉子」をあつかった書物の少ないことでしょうか。岩波文庫にすら「呉子」はありません。「孫子」の書きだしが、

  兵は国の大事なり。死生の地、存亡の道、察せざるべからず。

というおごそかな語句、戦争の哲学から始まるのに対して、「呉子」は、

  呉起儒服して、兵機をもって魏の文侯に見ゆ。

という非常にわかりにくい文から始まるのをみても、「呉子」はとっつきにくいのです。簡単に兵法を説いていくわけではないのです。
 実に孫武という人はあまりはなばなしい経歴があるわけではありません。呉王闔閭に仕えたとされているだけなのです。それでも「孫子」の価値はいささかも失なわれないのです。だが、「呉子」は作者呉起のひととなりを知らないと、なにも分かりえないということがいえると思います。

 人間呉起を知るには、まず司馬遷「史記」列伝です。しかし私にとっては残念なことにあの司馬遷さえもこの呉起をよく理解しえていたとは思えません。立身出世主義者であり、冷血とか酷薄とかいわれているわけです。
 魯の国に仕えていたとき、隣国斉の大軍が攻めてきます。呉起を将軍にせよという声があがりますが、彼の妻が斉の国の出であることで、反対されます。呉起は自ら妻の首を切って(註1)、斉軍に急襲勝利します。しかし、魯の人たちはそんな呉起を罷免します。そして、魏の文侯に出会うことになります。

(註1)このことによって、自分の妻さえ殺してしまう呉起のこと
 を誰もが冷酷だというわけなのです。「そんなにまでして出世し
 たいのか」という声もあったことでしょう。でも、呉起はこのあ
 と妻帯はしていません。私には、その後の呉起の心には、いつも
 この自ら首を切った若き妻の面影が残っていたのだろうと思うの
 です。

 この文侯に会って、呉起は一番幸せだったのではないでしょうか。文侯は呉起を魏の西河の大守に任命します。

  西河を守り、諸侯と大いに戦うこと七十六たび、全く勝つこと
 六十四たび、余はすなわち均しく解く。

 強国秦と接して、無敗でありました。
 ところが、名君文侯が亡くなり、息子の武侯がそのあとを継ぐと、もう魏は呉起を必要としなくなります。ここらへんは「史記」にくわしく書いてありま
す。
 そして、また魏を出て、楚の国で悼王のもとで改革に勤しむこととなります。

  かれの不幸は、悼王の死があまりに早かったことにあるのだと
 思われる。もしも悼王の死が遅れて、少なくとも十年か五年の執
 政期間がかれに許されたならば、一切が安定して、かれの功績は
 決して商鞅に劣らなかったであろう。戦国時代の局面は主として
 秦と楚との争覇であるから、呉起の覇業がもしも楚国で成功して
 いたのなら、後に中国を統一したという功業は必ずしも秦人の手
 におちるとは限らなかっであろう。
  (郭沫若「十批判書」

 悼王が亡くなり、呉起も殺されます。その最後は実にドラマチックです。

「呉子」の全編は魏の武侯の問に答える形ですすめられます。「呉子」のひとつひとつの言葉は、「孫子」よりもより直接的です。哲学というより法家思想といえるでしょうか。多分この二つの差は、春秋時代と戦国時代の違いもあるかと思います。
 本来なら詳細にわたって「呉子」の解説をすべきなのでしょうが、私としては「孫子」とはちがった悲劇的かつ凄まじい生き方をした呉起とその「呉子」の存在を知ってもらいたいというところがこの紹介文の趣旨であるわけで、これで終りたいと思います。(1998.11.01)

11062604 私はこの呉子のこと、呉起のことを何度も書いています。検索で「呉起 将門Web」として検索すると、もうたくさんヒットしてきます。私は何度も書いているのですね。インターネット上に最初に出てきたものに

 私は『孫子』よりも『呉子』が好きですし、さらには『呉子』よりも、その呉起その人が好きだからです。

なんていうふうに書いています。
 思えば、もうたくさん書いていますから、もう書くべきことは尽くしたのではないのかと思えてきますが、あえてまた書いていきます。

「孫呉の兵法」といいますが、書店にいけばわかりますが(八重洲ブックセンターへ行くと、典型的に判ります)、「孫子」は驚くほどの解説等の本がありますが、『呉子』はほんのわずかしかありません。同じ「兵法」(へいほう、または「ひょうほう」と読みます)書といいましても、大変に差があるのです。ナポレオンも『孫子』を座右にしていたとは聞きますが、『呉子』については、読んでもいなかったと思います。
 間違いなく、『孫子』については、魏の曹操が解釈本を書いており、それで今日まで明確に残っているのだと思います。だが『呉子』についてはとくに古代の人で解釈本を書いたという人は私は知りません。
 ただ孫子と言われる人は、孫武と孫ピン(ピンは「月賓」を一字にした漢字)という人がいて、それが二人とも兵法家であったと言われており、『史記』にも書かれています。だが、この二人の歴史上の出来事を知らなくても、『孫子』の意義は少しも失われません(実は『孫子』の作者は孫武であり、孫ピンの書物は20世紀になって発見されました。これもまた「孫ピンの兵法書」として今は読むことができます)。
 だが、『呉子』については、呉起そのものの生涯を知らないと、読んでも判らないかと言えると思います。司馬遷『史記』の『列伝』にはすさまじい呉起の生涯が書いてあります。
 彼は戦国時代の衛の出身です。隣の魯国に将軍と雇われたときに、隣国の斉が攻めてきます。だが魯の国の人は「呉起に指揮させろ」といいません。呉起が娶ったばかりの若妻は斉人だったからです。だが、魯国の人は驚くべき光景を見ます。「私を将軍にせよ」という呉起の手には、血だらけの若妻の首があったのです。ただちに呉起は斉軍を急襲して勝利します。だが、魯国の人はこんな恐ろしい将軍を首にします。
 そののちに、呉起は呉国で将軍として活躍し、やがて楚国に行きます。どこでも最後は受け入れられません。私には残念なのですが、司馬遷ですら、呉起のことは少しも褒めていません。どこか「酷評」だとばかり思えたのではないでしょうか。なにしろ、自分の妻の首を切ってしまう男なのです。
 でも呉起は、その後最後まで妻帯しません。私には、呉起は最後まで自らが首を切った妻のことが好きだったに違いないと思えます。いつも私はそのことで、涙がわいてきます。そして今も、私の目は涙だけになっています。(2011.06.27)

11052604 私はどちらかというと、孫子よりも呉子のほうが好きです。書物としてもそうなのですが、人物としてもそうなのです。
 ただ私はいくつか呉子に関しては書きましたので、今ここでは孫子のことを書きます。
 私は『孫子』を読んだのは初めてのときが中学生のときであり、高校生のときには実に何度も読んだものでした。このときは徳間書店の本でした。実にこの本は、今までも何度も読んだものでした。
 高校の音楽の時間に『孫子』を読んでいたら、私のそばに来た音楽の先生が、本を手にとって何も言わなかったものでした。
 私が東大闘争で逮捕起訴されて府中刑務所に入っていたときに、私は岩波文庫の『孫子』を2冊差し入れてもらいした。もともと私は1冊の『孫子』をすべて暗記暗誦するまで読み、そしてもう1冊は、絶えずそばに置いて置くために、高校時代に購入したものでした。
 そしてこの府中刑務所の独房の中で私は『孫子』を全文暗記暗誦できるようになりました。でも今思えば、あんなことは一体私には何になったのでしょうね。
 孫子という人物は、春秋戦国時代に二人います。一人は春秋時代に呉の闔廬に使えた孫武であり、もう一人は戦国時代の斉の孫ピンです。
 ずっと『孫子』という書物を書いたのは孫ピンのことあると言われてきていました。でも20世紀の1972年4月に山東省で、この孫ピンの兵法書が発見されています。それに曹操がこの孫ピンの兵法書の解説をしています。
 でも私はその本を手に入れていないのだなあ。今度この曹操のその本を手に入れようという強い気持になりました。
 この『孫子』のフランス語訳をナポレオンは常に座右にしていたと言われています。

 私はこの「呉子の愛した女…」というのは、私が以下に書いたことで、

  http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50007879.html
      わが家のおかあさん2010.04.15

11021408 いわば、『詩経国風』から私が勝手に名前をつけたものです。『桃夭(とうよう)』の詩から、私が「夭夭(ようよう)」としてしまうだけです。
 唯一の記録としては、「司馬遷『史記列伝』」には、このことは呉起が斉の国から新妻を迎えたが、魯国の防衛のときに攻めてきた斉軍を打ち破るために、この若妻を殺して、すぐに斉軍を急襲し、勝利したとあるだけです。ただし、呉起の書いたとされる『呉子』にはこのことは一言も書かれていません。
 その後呉起は、魏国の将軍になり隣国の秦国と戦うこと76回におよびましたが、64回勝利し、あとは引き分けだけという不敗でした。
 そののち楚国の将軍になり、このときに反乱で討たれて亡くなります。だが呉起を討ったものたちはみな滅ぼされます。呉起は自分の死に際して、そういう仕掛けをしていたからです。
 司馬遷でさえ、この呉起のことを「冷酷」としかいいません。でも私は、この呉起がその魏国でも楚国でも大将軍となりながら、妻帯していないことに注目します。
 司馬遷は、いくつかのエピソードを書いています。それを読むと、この将軍は戦に勝つことのみを考えていたとしか書かれていません。司馬遷でも、この呉起が許せなかったのです。
 でも私には、この呉起がいつまでも愛していたのは、自分が手にかけて首を切った若妻だけだったと思うのです。

桃之夭夭 灼灼其華
 桃の夭夭(ようよう)たる 灼灼(しゃくしゃく)たる其の華
之子于歸 宜其室家
 之(こ)の子于(ここ)に歸(とつ)ぐ 其の室家に宜しからん

桃之夭夭 有麻其實
 桃の夭夭(ようよう)たる 麻(註)たる其の實有り
之子于歸 宜其家室
 之の子于(ここ)に歸(とつ)ぐ 其の家室に宜しからん

桃之夭夭 其葉蓁蓁
 桃の夭夭(ようよう)たる 其の葉蓁蓁(しんしん)たり
之子于歸 宜其家人
 之の子于(ここ)に歸(とつ)ぐ 其の家人に宜しからん

(註)麻 本当はふんという字。麻の実のこと。

 もちろん、この『桃夭』の詩は、呉起の妻のことを詠んだ詩ではありません。でも私には呉起の若妻の名前がこのように思えるのです。(2011.02.14)

10081305 どうしても午前4時代から6時までは、大変なのです。6時すぎると簡単にUPできます。

2010/08/21 04:04また試練のときですね。なかなかこの時間はブログがUPできないのです。実に大変なのです。
2010/08/21 12:54どうしても朝は「ゲゲゲの女房」を見ていられませんでした。私の次女への手紙とその嫁入り先のご両親への手紙を書いていたのです。そしてそれを長女に届けました。もう今の時間なら、ブルータスは読んでくれたかなあ。
 それでこのテレビは見ていられなかったのです。でも今見て、また私は涙です。水木しげるさんは、ラバウルにいたのですね。私にはラバウルの将軍今村均は、私の大好きな人、尊敬する人です。私が高校1年のときに、『呉子』を読んで、この呉起が主張する思想をそのまま体現している人だと思ったものでした。

 今村均を思うと、いつも呉起を思い出します。いつも繰り返し同じ思いです。

9c0164ef.jpg 今呉子の奥さんのことを思いました。名前は分からないのです。もちろんそもそも『呉子』にも「司馬遷『史記』列伝」にもありません。だから『詩経国風』から詩句を見つけて私が勝手に名前をつけようと思うのですが、でもその『詩経』を私の部屋の中から探すのも大変です。だからインターネットですね。
 いえ、この奥さんのことを少し書こうと思ったのですね。若く綺麗な方だったと思うのです。斉の国の方です。この人を呉子・呉起は魯の国の防衛のときに殺してしまう(攻めてきたのが斉でした)のです。だがこのあと呉起は二度と妻帯していません。どうみても呉起はこの女性をずっと愛していたと思います。あの司馬遷もこの呉起を決してほめていません。私はこの呉起を思うといつも悲しくなるのです。私は司馬遷とは違って呉起が大好きです。
 あ、今この女性の名前、呉起の若妻の名前を夭夭(ようよう)としました。もちろん、詩経国風の「桃夭」の詩から決めたものです。
 写真は4月4日午前12時3分の王子神社です。(04/15)

8784831e.jpg 私の部屋に孫はいつも入ってきて、パソコンの前でマウスを動かします。もういつものことです。そしていろいろなものを指さして、取れというのです。だからいくつものものを取ってはそれで遊んでいます。
 写真は私の部屋にある『孫子』と『呉子』です。私が高校1年のときに、神田で購入したものでした。その後何度も読んできた本です。かなり本自体がくたびれています。(06/21)

↑このページのトップヘ