将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:周の『独楽吟のススメ』

13031507 私の周の『独楽吟のススメ』の835へ丹羽慎吾さんという方から、以下のコメントがありました。

1. Posted by 丹羽 慎吾   2013年03月18日 14:47
こんにちは
ひょんなことからここにたどり着きました。
インターネットって素晴らしいですね。
似たような歌を私も数年前に詠んでいました。
恥ずかしながら紹介させていただきます。

たのしみは 妻との旅行 ウォーキング 
       ブログの反響 孫とスカイプ

これからも詠ませていただきます。

 ありがとうございます。私もスカイプはもう15年以上前から使っています。その前は、よくインターネットでネットミーティングをやっていました。よく海外の子たちと話したものです(相手はみな日本語で喋ってくれました)。ただ私の年齢を知ると、「エッ、そんな『おじん』なのですか」んていう日本語のチャット(このときはタイ人の若者でしたが、チャットでは「そんな『○○○』と隠してくれていたものです。1997年の頃です)をくれたものです。
 私の昔の赤軍派の友人がアルプスの上からチャットをくれたものです。スカイプでは飲み屋でチャットしたりしたものです。アメリカ人の子が、スカイプで画像を見ながら(私は小さな映像マイクも常時持参していました)、「これが私のワイフで元ドイツ人だ」なんていうので、「お、それはいい。もう一度アメリカと戦争しよう。今度はイタ公抜きだ」なんて言っていたものです(みな冗談ですよ。そう口にも出して笑いあっていました)。
 このときも、「米国人相手なら、こういう冗談が言い合えるのになあ」なんて思いました。中国人相手だと、実に大変です。北京大学の先生が、李白を知らないですからね。

13010116 この周の『独楽吟のススメ』の811

 初日の出を仰ぎましょう。

と書いたのですが、私は「あれっ、日の出って、どこを向けばいいんだ」という段階なのですね。もう仕方ないものですね。
 私は昨日もそうだったのですが、2歳の子を膝にのせてパソコンをやっているのがいいのです。あ、これは私の姪の子どもを膝にのせてパソコンをやっていたときと同じだ。いや、私の子どもも同じでした。

X12120108  今日は日曜日ですから、この連続ドラマはないのですが、私の周の『独楽吟のススメ』周の『独楽吟のススメ』の794で以下のように書きました。

今の朝ドラの「純と愛」は、私のブログでも毎日(日曜日を除く毎日)書いています。いつも「今日はどうなるのかなあ?」と思って見ていますよ。

 私はNHKの朝ドラは、「おはなはん」のときから見ていますよ。見ていられない時期も何度もありましたし、見ていて内容に嫌になり、見るのを止めたこともあります。でも今回はこの純と愛の二人が気になって(いや他の人物も気になります)、こうして毎日書くことになっています。そうねえ、純のお母さん(狩野愛子)もお父さん(狩野善行)も好きです。愛のお母さん街田多恵子は、見ていて怖くてたまらないのですが、でもやはり好きな女優さんですよ。
 こうして朝ドラを見ていて、私は真剣になってしまうのです。またそのうちに孫と見られて話ができるようになることを今から期待しています。

1205090112050902 とにかく、まずはこれをUPという思いでした。

2012/05/09 06:09今日は目覚めるのが遅くなりました。5時20分になってしまいました。もちろん、「吉本隆明鈔集」と私が毎日UPしています歌集のUPはしました。
 まずは昨日の「周のブログ」の「2012年5月8日のポメラの2」をUPしないとなりません。
2012/05/09 06:57上に書いたことは、つまり昨日の2はUPしました。
 今ここではUPする画像にカーネーションを使っています。13日の「母の日」までですが、今は一つのUPに二つの画像をつけています。予想よりも○の画像のカーネーションが多かったので、こうなったものです。
2012/05/09 07:50もうすぐ「梅ちゃん先生」が始まります。少し梅ちゃん先生のことが心配です。
 あ、そうだ。「周の『独楽吟のススメ』」を2つ書かなくちゃいけないのだ。
 もう「梅ちゃん先生」が始まりました。「人を人として見る心を失ってはならない」、その通りですね。
 でもやっぱり涙になるなあ。

 まずはこうしてUPできると嬉しいです。

12042310 私の周の『独楽吟のススメ』の706にご当人の破茶さんが以下のコメントをくれました。

1. Posted by 破茶   2012年04月22日 14:44
 私のつたない独楽吟に いつもいつもコメントを付け、アップしていただき 本当にありがとうございます。
独楽吟が 日課となってしまいご飯を食べるのと同じように作っています。今後ともよろしくお願いします。

☆たのしみは わたしの拙い 独楽吟 コメントくれる 方のある時

 破茶さんとは、鶴丸高校の縁ですね。しかも実際にこの高校でお会いしたわけではありません。東京鶴丸会でお会いしたのですね。
 それで一度ご一緒に飲みましたね。あのときの飲みに行ったお店も、もう別な場所に新規開店しました。
 どんどん、時間ばかりが過ぎ去ります。そのことがとっても何故か悲しい思いになっています。私の多くの友人たちも、もうこうしたパソコンやインターネットは、どうしてもうまくやれない人ばかりです。
 仕方ないですよね。
 でも極力私はやって行きます。

 この独楽吟が好きです。ありがとうございます。

12042010 私は「周の『独楽吟のススメ』の705」で次のように書いていました。

好きな漢詩で、杜甫や李白の詩はそういう心地になれるものがあるのです。

 私はもうちょうど一年前のことだと思いますが、長女の家に行こうと王子である通りの信号を渡っていました。私はなんとか、芭蕉の俳句を思い浮かべようとして考えていました。でも通りを渡ったときに、それまでずっと私が口の中で、いや自分の脳裏で浮かんでいたのは、「杜甫『登高』」だったのです。
 実は、この詩は私がそんなに好きだとは思えない詩でした。だから私は驚いてしまったのです。この詩は以下の通りです。

   登高 杜甫
  風急天高猿嘯哀
  渚清沙白鳥飛廻
  無辺落木蕭蕭下
  不尽長江滾滾来
  万里悲秋常作客
  百年多病独登台
  艱難苦恨繁霜鬢
  潦倒新停濁酒杯

 そして、私が自分の口の中で読んでいたのは以下なのです。

  風急に天高くして猿嘯(えんしょう)哀し
  渚清く沙白くして鳥飛び廻(めぐ)る
  無辺の落木は蕭蕭として下(くだ)り
  不尽の長江は滾滾として来たる
  万里悲愁常に客となり
  百年多病(たへい)独り台に登る
  艱難(かんなん)苦(はなは)だ恨む繁霜の鬢
  潦倒(ろうとう)新たに停む濁酒(だくしゅ)の杯

 私はけっして、それほど杜甫は好きではなく(このとき寸前までは)、そして「これは吉川幸次郎の書き下しじゃないか(少し違いますが)」と思い驚いたのです。それまでは、私はけっして吉川幸次郎先生のいい読者とはいえなかったのです。
 でもこのときに、それから長女の家に行くまで、私は杜甫を考え、吉川幸次郎先生を思い、この詩を思い、杜甫の登る山(小さな山でしょうが、丘かもしれません。それとも塔みたいなところに登るのかもしれません)を思いました。
 やはりこの詩は世界で最高の詩だと思います(私にはそう思えます)。そしてまた私には杜甫が世界で一番優れた詩人だと思えるのです。

acf774e9.JPG

 私の 周の『独楽吟のススメ』の441 にひさしぶりに BlogPetの真理が以下のコメントをくれました。

1. Posted by BlogPetの真理   2010年05月27日 14:44
周が結婚するの?

 なんだかいつも真理はわけの判らないことをいいます。でもひさしぶりですね。もう私のことを忘れてしまったかと思っていたものでした。
 こうしてひさしぶりにもらうと、ほかにもコメントをいただいていたことを思い出し、レスしようと思いました。真理、ありがとうね。

08021901 周の『独楽吟のススメ』の22破茶さんから次のコメントをいただきました。

1. Posted by 破茶    2008年02月19日 07:22
おはようございます!
お手紙も頂きながら お返事も出さずにいる恩知らずです。
それでもこうして感想を書いていただけるのは大変嬉しいことです。今日も元気にがんばってまいります。

 ありがとう。私はね、どうしても短歌なんか作れないのですね。それが羞しいです。だから、こうして感想というか、とにかく何かを書いているだけです。
 あのですね。私は昔から手紙はもう書き慣れているのです。それでね、この和紙が幾種類もあるのですよ。それで絵柄で、「楓」なんていうのもあるのね。そうすると、今の時期じゃないからプリントするのに躊躇しちゃうのですが、でもねえ、そんなに莫大に幾種類もあるわけじゃないから、少し困っています。お母さんとその息子には、違う絵柄の和紙を使ったりするということくらいですね。そうねえ、姉妹とか同じ会社の人には、違う絵柄をプリントするようにしています。それと、ビジネス・仕事の関連の手紙は、普通の洋紙に印刷しています。

続きを読む

afeedb89.jpg

 周の『独楽吟のススメ』の18破茶さんからさらに次のコメントをいただきました。

2. Posted by 破茶    2008年02月15日 22:35
 仕事は合わないのではなく ちょっと疲れていただけのようです。考え方を切り替えたいと思います。明るく前向きに!

 そうだと思いますよ。合わないなんてことがあるものですか。破茶さんは、そのお仕事に一番合っているんじゃないかなあ。
 私ももっとたくさんのことをやっていかないとならないなあ、と思っています。

続きを読む

82d6e8f1.jpg

 周の『独楽吟のススメ』の18破茶さんから次のコメントをいただきました。

1. Posted by 破茶    2008年02月14日 19:55
 周さん、くよくよして胃が痛むなんてこと無いなんて良いですね!!どうもだめですわ!
わたしは 胃が痛くなったり心臓が痛くなる。
仕事が合わないんじゃないかと思う昨今なのです。それでも辞めるわけにはいかんのです。

 そうですね。私には「胃が痛む」ということがないですね。そもそも「くよくよ」はしません。だからそれはこうしてブログを書くようになって、その前はインターネットにホームページを持つようになって、その前には、そもそもパソコン通信で書込みを始めてからのことだと気がつきました。
 それに手紙を書くことも、自分にはとてもいいことですね。娘に、友人に手紙を書くことは、とってもいいことなのです。きっと、そのうちに孫にも手紙を書くようになります。いやまずはケータイメールが先ですね。

続きを読む

607c4476.jpg

 私が 周の『独楽吟のススメ』を始めたというのを、まずは破茶さんに知らせたいと思いまして、彼女のサイトにある「自由に独楽吟」に書き込むと

 投稿禁止語(NGワード)の文字が使用されています

ということで、書き>込めないのです。
 それで「なんでも掲示板」に書き込むと今度はエラーになります。
 どちらも何度もやって(NGワードをいくら類推して替えても)もだから、こちらに書きます。

「周の『独楽吟のススメ』」を始めました

 私のブログで、「周の『独楽吟のススメ』」というのを始めました。ごめんなさいね、勝手にやりはじめてしまって。

 http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50022883.html 周の『独楽吟のススメ』

 毎日届く破茶さんのメルマガの独楽吟への私の拙い感想を書いていくものです。
 ただし、私のほうは毎日UPできるとは私は思っていませんが、とにかくなんとか書いてまいります。
 あ、それから破茶さんは、「長春有情」を書いておられる彼のことを知っているのかなあ? 彼は私と同じ鹿児島の甲東中なのです。ただし、彼は鶴丸高校ではなく、中央高校へ行きました。
 ただし、私は今も彼のことが、名前も顔も判りません。ただ彼がときどき書いてくれる甲東中学の同級生(ただしこれはハンドル名でしか書いてありませんが、私が類推できます)は、みな判るのですね。
 私は短歌はどうしても判らないものですから(私は昔から漢詩は好きなのですが、日本の詩歌は苦手なのです)、よく内容は理解できませんが、私なりの感想を書き続けていきます。

 
そうそう、思えば「投稿禁止語(NGワード)」って何なの?  上に書いた中で、何がこの禁止語なの? 調べてもこの語が提示されれていないので、さっぱり判りません。

続きを読む

↑このページのトップヘ