将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:周のつぶろぐ

74a39a4c.jpg

 このブログのサイドバーに、私の「周のツイッター」を置いてあります。そしてそのツイッターの下には、「周のつぶろく」のバナーが置いてあります。おのおののURLは以下の通りです。

 http://twitter.com/shomon 周のツイッター

 http://twilog.org/shomon 周のつぶろぐ

「周のつぶろぐ」のほうが、一見ホームページにも見られることもあるのかなあ、と考えまして、私の友人たちにやってもらえないかなと思ったものです。
 それでバナーも替えました。でもそのバナーは「つぶろぐ」の文字のバナーの上に、「周のツイッター」という言葉を載せました。このほうが誰もよく知っている言葉だと考えたからです。そのバナーは以下です。
twilog このツイッターは今後もっと多くの人がやっていくと思います。こんな「自分のつぶやきを載せたからと言って、それが何になるの?」と思うと考えますが、そしてそれはけっこう聞いてきたことばです。
 でも、それは昔、「メールはやっているし、でもケータイメールはやらない」という言葉と同様のものです。これは、「電話はいいけれど、携帯電話はやらない」ということと同じです。「手紙はいいけれど、電話はやらない」と同じです。でももうこんな人いないでしょう。かつ、私はそんな人が手紙も書かないことを知っていいます。
 こういう言い方だと、「文字は駄目だ、口で言葉で伝えないといけない」という古代の人と同じです。私は同様の言い方を伝えて、メールだけでなく、ケータイメールを使うようになった人を何人も知っています。
「ツイッターなんて、何になるの?」なんて言っていないで、是非ともこれで互いの思いを伝えましょう。

b14d1c0b.jpg

 この日は、ツイッターを替えるので、バナーも替えたので、壁紙も変えたので、気分一新でした。でもブログでもそのことを書かなくちゃいけないのです。

2010/03/16 07:48少し前に私のブログに、「周のツイッター」のURLを変更しました。それでこのあとバナーも変更します。「周のつぶろぐ」にするのですね。私の昨日書きました、「吉本(吉本隆明)さんの講演」にコメントをくれたかたのブログに行ってみましたら、上部にいくつもリンクがあり、そのツイッターをリンクしたら、「あれ、俺のと違うな」ということで、すぐに私も自分のサイトものを作り、これにリンクしようということで、私のバナーも作ります(今は朝食でテレビも見てます)。あ、壁紙も変えよう。大きく変わった感じがいいですね。
 このことは、私のブログでも改めて書きます。
2010/03/16 08:11上に書きましたが、ツイッターもブログのように見せられるのですね。これはいいですね。
2010/03/16 09:59今リビングにいます。台所の洗い物をしました。今は義母のわが家からの電話を待つばかりです。
 思えばキンドル日本語版が早くでないものかなあ。でもそれを日常的にどうやって持っていようかなあ。本だから、いつでも読むのは当たり前だけど、外出するときはどうしようかなあ。左側のベルトにぶらさげるのは少し大きいような気がします。それにどうやってぶらさげるの。間違いなくそれを収容できるものが市販されると思うのですが、それも大事ですね。ものすごく興味あります。すなわち本そのものは今までと同じといえる(かなあ。私たちは本の装丁も気になるよね)のですが、毎日あちこち持って歩くのだから、それを入れるケースも必要だよね。今は左右のベルトで右側がポメラほか(デジカメと時計とUSBケーブルとジャパンネットバンクの機器二つ)で、左は電子手帳他(単四電池2本と万歩計)です。左を変えてもいいのですね。

 もうリビングでいろいろやらなくちゃと思いました。またあとでいろいろやります。

↑このページのトップヘ