11103008 私の「周の推薦の店」は私が1カ月に一度配信されているあるメルマガに書いているものをそのメルマガ配信後ここに載せています。
 ただ、前に書きまして、もうなくなってしまった店の場合は載せていません。ただ、その今はない店でも、その記録をとどめておきたいと思いました。今は存在しなくても、そこで飲んだ思い出は忘れたくないお店がたくさんあるのです。「周の思い出の中の飲み屋」というページを作ってまいります。
 最初は今はないけれど、いつもこのミッチャンと電話でお話している思い出の店です。

新宿3番街「ミッチャンの店」

店名  ミッチャンの店(本当は名前なんかない)
種別  飲み屋
住所  東京都新宿区歌舞伎町1丁目3番のどこか
電話  ありません

 ここはもうヒサンさの極地みたいなお店です。新宿ゴールデン街はいまもありますが、柳街は更地のまま、3番街も更地になっています。だがその3番街のはしのほうにまだなんだかあやしげな通があります。そしてその通の路上に10軒ばかり、1坪ほどの店がたこつぼのように並んでいます。その中の1軒、一番はしにあるのがこのお店です。
 まずゼンリンの住宅地図なんかみても、どこにも載っていません。電話はありません。4名はいるといっぱいです。だいいち店開くのが、午前12時半位からです。1時でもやっていないことあります。
 ゴールデン街で飲んで、2時過ぎころここらへんに、キャッチのおねえさん、オカマさんのなかをぬけてやってきます。でもミッチャンの店、明りはついてても、本人がいないことが多いんです。それで私はやにはに「ミッチャーン」っと大声で叫びます。何度か叫ぶと、いったいどういう連絡網になっているのか、大柄で厚化粧のミッチャンが走ってきます。
「ちょっと、もう大声出さないでよ、みんな迷惑なんだから...、でもしばらくね」なんていいながら、店開けてくれます。
 さてそれからまた飲むのですが、またそこでいろいろなことがおこります。ここらへんに飲みに来る人は、オカマ、キャッチのおねえさん、バー帰りのママさん、流しが仕事終って一杯とかが多いんです。一般の人では、職人、マスコミ人が多いかな。芸能人、スポーツ選手もいますね。当然争いごとがおきたり、相変わらず私は詩吟やるしにぎやかなことです。ミッチャンと別の店いったりして、いろいろ騒ぎます。とにかく面白い不思議な一帯ですね。
 このミッチャンのお店の上に、鈴木清順さんがオーナーだった「かくれんぼ」という店がありますが、そこのママで女優さんだった律子さんという人が、ここで何年も働いてながら、とうとうこのミッチャンのお店の存在を知らなかったのですよ。距離わずか10秒くらいですよ。あんなところの飲み屋の存在なんてわかりようがないみたいですね。
 それでもう朝7時くらいになるとさすがに、「もう仕事でしょう」なんてことで追い出されます。この7時くらいに、となりにいたオカマが、胸パット外しながら、「さて男に戻って働くか」なんて男顔になったりします。さっきまで、懸命にキャッチやっていたのに。
 でもミッチャンは美人なのかどうなのか、私はさだかでありません。素面でいったことないから、さっぱり分からないんです。だいいち何故ミッチャンっていうのかな。本名は別にあるし..ひょっとして、私が「ミッチャン」っていいはじめちゃったのかな。
 でも私の子どもたちにお菓子送ってくれたりする、やさしいおねえさんでもあります。

 以上が過去書きました内容ですが、現在はこの店はありません。そして他の店でときどきこのミッチャンと会って飲んでいたものですが、その店もまた閉店してしまいました。
 つい先週、このミッチャンと電話でお話しまして、「今度会って飲もうよ」なんて言い合っていたものです。