将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:周の雑読

12121111 この「日本でヒットした主な翻訳文芸書」で、私が読みましたのは、「R・バック『かもめのジョナサン』」、「R・J・ウォラー『マディソン群の橋』」、「J・チアン『ワイルド・スワン」、「W・グルーム『フォレスト・ガンプ』」、「J・K・ローリング『ハリー・ポッター』シリーズ」、「D・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード』」です。
 でもよく覚えているのは『ハリー・ポッター』くらいかなあ。電車の中で分厚い本を読んでいたものです。『ハリー・ポッター』シリーズは全部で7巻でしたね。

 これは今日の夕刊にありました。
  http://www.nikkei.com/paper/article/?b=20121211&ng=DGKDZO49388550Q2A211C1BE0P00
 翻訳文芸書、ヒット作次々 国境越え価値観共有

 2012年10月24日
  ハリー・ポッターシリーズのことで

 ただまた私の読後感を書かないといけませんね。
 この中では『マディソン群の橋』と『ワイルドスワン』12121112に関しては、以下を書いています。

 2010年12月19日
 「天の夕顔」と「マディソン郡の橋」 
 
2011年02月25日
    ユン・チアン『ワイルドスワン』

 やっぱり私の「周の雑読」と称したものを書いていかないとならないです。それを書かないと本を読んだことにはならないと思っているのですね。

12102603 私は将門Webでの本を読んだ記録で、

 それで私はここに「周の雑読」として、私が本を読んだ記録を書いていますが、「もう1,000冊くらいなのかな」と思いましたが、数は1,374でした。

と書いていました。そして

 ただし、この数には、私がコメントへのレスをした数も入っています。

と書いていますが、それは昨日「○○のコメント」というのは、「雑読」から抜いて「周の文学哲学歴史話」等に移行しました。
 それで再び数えなおしました。
12102604 そうすると、当然「周の雑読(文学哲学篇)備忘録」なんかが減るのは当然ですが、でも全部で1,491の数でした。どうやら私が間違えたようです。
 また「周の雑読(旅行・観光篇)備忘録」を加えましたから、数字が違っています。以下また書きます。これが正確です。

2012.10.25の記録1,491冊
周の雑読(文学哲学篇)備忘録   487
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50028854.html
周の雑読(歴史篇)備忘録       84
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50029086.html
周の雑読(政治経済篇)備忘録     69
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50028855.html
周の雑読(吉本隆明篇)備忘録      25
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50028859.html
周の雑読(教育篇)備忘録          21
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50028858.html
周の雑読(SF篇)備忘録         21
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50028860.html
周の雑読(環境問題篇)備忘録     6
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50024918.html
周の雑読(PC・ネット篇)備忘録  479
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50024918.html
周の雑読(絵本・童話篇)備忘録   169
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50024844.html
周の雑読(漫画・コミック篇)備忘録  88
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50025249.html
周の雑読(長谷川慶太郎篇)備忘録    25
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50029264.html
周の雑読(プロレス篇)備忘録      6
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50028884.html
周の雑読(旅行・観光篇)備忘録    11
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50030124.html

 今後毎日また読んだことの記録を書いて行きます。

12102213 将門Webでの本を読んだ記録で書きましたように、

 ところが、今気がついたのですが、「周の雑読(長谷川慶太郎篇)備忘録」と「周の雑読(プロレス篇)備忘録」はバナーを作っていませんでした。

ということでした。そこで急遽作成しています。それでここのサイドバーに載せます。
 といいましても簡単じゃないのです。「こういうバナーって、どうやって作るんだっけ」なんていう段階なのです。だからどうするんだっけ?
 それと今日は二つの部屋の冷暖房装置を掃除してもらうのです。今その方が見えました。今私のこの部屋もやっているのです。もうこういうのも大変だなあ。

 でもどうにもバナーの作り方を忘れている私です。

12102210 私はこの将門Webでずっと私自身が読みました本に関する記録を続けています。それで一昨日テレビで「ハリーポッター」の何巻かの巻の映画を見たときに(私は本は全巻読んでいます)、「ああこれは一冊も書いていないなあ」と思い、まずいなと思いました。
 ハーマイオニー・グレンジャーを見て、「あ、両親の一人はマグル(人間)だったな」と思いましたが、私のこの記憶は違うようです。
 でもまたこの「ハリーポッター」も書いていこうと思いました。

 それで私はここに「周の雑読」として、私が本を読んだ記録を書いていますが、「もう1,000冊くらいなのかな」と思いましたが、数は1,374でした。以下がその読んだ雑読のカテゴリ名とそのカテゴリへ私がUPした数です。ただし、この数には、私がコメントへのレスをした数も入っています。

周の雑読(文学哲学篇)備忘録   556
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50028854.html
周の雑読(歴史篇)備忘録       68
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50029086.html
周の雑読(政治経済篇)備忘録     55
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50028855.html
周の雑読(吉本隆明篇)備忘録      25
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50028859.html
周の雑読(教育篇)備忘録          21
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50028858.html
周の雑読(SF篇)備忘録         21
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50028860.html
周の雑読(環境問題篇)備忘録     6
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50024918.html
周の雑読(PC・ネット篇)備忘録  475
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50024918.html
周の雑読(絵本・童話篇)備忘録   169
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50024844.html
周の雑読(漫画・コミック篇)備忘録  87
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50025249.html
周の雑読(長谷川慶太郎篇)備忘録    25
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50029264.html
周の雑読(プロレス篇)備忘録      6
http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50028884.html

 全部で1,374です。コメントも入っているから、1,300冊くらいの本を読んだ記録でしょうか。でも上に書いた「ハリーポッター」のように一冊も書いていないのもあるから、大反省ですね。
12102211 ところが、今気がついたのですが、「周の雑読(長谷川慶太郎篇)備忘録」と「周の雑読(プロレス篇)備忘録」はバナーを作っていませんでした。
 まずいからあとで作成します。そして将門Webにサイドバーに載せます。でも「周の掲示板」には全部のバナーは載せられないのです。またどうするのか考えます。

11042117 私のホームページでは、あちこちのページで私の読んだ本の紹介をしています。

   将門Webの本の備忘録

をごらんになれば判りますが、「周の書評」「本の雑読」「オンライン書店」「周の雑読備忘録」「周の反推薦の本」等々で、現在900冊を超える本の紹介をしています。
 それでよく聞かれるのことがあります。

  なんで、そんなに本を読まれるんですか。
  よくそれほど本を読む時間がありますね。
  本は私も読むのですが、あのように文章に書くことはないので
  す。どうして、わざわざ書いておられるのですか。

 それで、こうした問いに私は答えているのですが、今回「何故文章を書いておくのか?」ということで話したことがあるのです。

 もちろん、私はこのホームページに披露するコンテンツとしてわざわざ書いているということもあるのですが、まず私がその本について書くのは、こうして書いて行くと、その本の内容に関して理解が深まるのに一番いい方法だと思うからです。文章を書くということは、その紹介の文を読むであろう相手および自分(私も何度も読み返します)によりよく理解できるように書かないとなりません。このことを追及していくと、実にその本の内容に迫ることできます。
 ただし、とはいえこうしたことを明確な目的として読んでいくとすれば、ただ疲れてしまいます。だからまず私は、このメルマガの「周の雑読」で簡単にメモするようにしているのです。そして、その中でもっと書きたいこと喋りたいことが出てきたときに、また書き足すようにしています。そして、少しは書けたかなとまで思うときに「周の書評」にまとめるようにしています。
 これはやはり自分のためなのです。そして、またこのホームページを見てくれる方にも、なんらかのことを知らせることができているかと思っています。
 自分のためにやることが、少しは他の方のためにもなっているのじゃないかと思えることが、私は嬉しいことなのです。

0f1771f1.jpg

 昨日の日経新聞の「日経プラスワン」の3面の「何でもランキング 大人に贈りたい絵本」を読んでみまして、ここで紹介してある絵本の名前を記録しておきたくなりました。当然私自身が読むためにです。図書館で探すのにも、誰かに贈るために購入するのでも、これらを資料として書き残しておかないとなりません。
 その絵本が以下の通りです。

1.100万回生きたねこ(佐野洋子作・絵 講談社)
2.賢者のおくりもの(O・ヘンリー文、L・ツヴェルガー画、矢川澄子訳 冨山房)
3.急行「北極号」(C・V・オールズバーグ絵・文、村上春樹訳 あすなろ書房)
4.サンタクロースっているんでしょうか?(中村妙子訳、東逸子絵 階成社)
5.ちいさなあなたへ(P・H・レイノルズ絵、なかがわちひろ訳 主婦の友社)
6.さむさがりのサンタ(R・ブリッグズ作・絵、すがわらくにひろ訳 福音館書店)
7.たいせつなこと(N・W・ブラウン作、L・ワイスガード絵、うちだややこ訳 フレーベル館)
8.木のうた(I・マリ作 ほるぷ出版)
9.よあけ(U・シュルヴィッツ作・画、瀬田貞二訳 福音館書店)
10.グロースターの仕たて立屋(B・ポター作・絵、いしいももこ訳 福音館書店)

 私もいくつかの本を

 http://shomon.livedoor.biz/archives/cat_50024844.html 周の雑読(絵本・童話篇)備忘録

として書いています。
 そして私はこの日経新聞で紹介してくれた10冊のうち、リンクしてあるものが、私がその本への感想を書いてあるものです。

 またいくつもの絵本を孫の前で読んであげていきたいです。

続きを読む

↑このページのトップヘ