将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:和紙

577ee092.JPG

 手紙を書きましたが、まだ書き終えていません。あと少し書き足します。

2010/06/17 07:20まだ「読書さとう」を書いていません。何を書こうかな?
 きのうまた手紙を書きました。でもそれをポストへ入れないとなりません。それでその同じ彼女にまた手紙を書きます。それでまたA4の和紙の用紙を買ってこないとならないなあ。それに切手も買ってこないとなりません。切手は今記念切手の発売が増えて、それを手紙に貼れるのは嬉しいことです。
2010/06/17 07:57さてまた「ゲゲゲの女房」です。これを見ていますと、なんだかいつもほっとします。もうすぐ私の大学へ入った1967年(昭和42)になりますね。
 このドラマを見ていると、実にせつないです。私のあの時代も実に悲しい思いでした。
 私も昭和39年7月に鹿児島から横浜へ来て、42年4月に埼玉大学へ入ったものでした。
2010/06/17 09:35今リビングにいます。なんだかきょうの義母は大変におかしくて、心配です。ドアから出て行ってしまいそうなのです。大変に困っています。でもとにかく私の母です。何があっても私はちゃんと看て行きます。いや、私ももう年なのですから、しっかりやって行きます。
2010/06/17 10:10義母を送り出し、そのあと手紙を近くの郵便局のポストに出しに行きました。

 いい天気でした。この日夕方3人の孫に会いました。可愛いのですが、ポニョは少しきかなすぎます。

64a3cb73.JPG

 きょうも手紙を書いています。でも同じ女性にだなあ。

2010/06/16 07:42昨日手紙を書き出しましたが、まだすべて書き終わりませんでした。A4用紙で3枚書くことになるなあ。 
 手紙を書くことはいいです。メールもいいし、ツイッターもいいのですが、やっぱり手紙がいいですね。私は特別の和紙を使って、封目にはあるシールを使っています。もちろん切手もすべて違う記念切手です。
2010/06/16 07:56また「ゲゲゲの女房」です。これがいつも一番気になります。最後調布の何らかの景色が見られるのも実に楽しみなのです。
 さてもう始まるのですね。
2010/06/16 08:02この「悪魔くん」も今から本にできないのかなあ?
 そうすれば、今でも読めるのですが。

 さてきょうもポコ汰とポニョと会えるのが楽しみです。

続きを読む

0c2599ca.jpg

 昨日拝見しました「第13回ときめき会展」ですが、そこで頂きました紹介文に次のようにありました。

 私たちは、ときめきの泉を枯らすことなく、それを和紙に映そうと心を無にして筆を走らせております。気持ちほど描ききれておりませんが少しでもお伝えすることができましたら幸いに思います。
 これからも ときめきを忘れず精進してまいりますのでご指導の程よろしくお願いいたします。

 思えば、私は日々書いている手紙は和紙に書いているのだなあ、なんて思ったものでした。ただ、私は絵というものは書けないですからね。ただただエディタで打ってプリントして、相手に送るだけです。

続きを読む

日経 PC 21 (ピーシーニジュウイチ) 2009年 01月号 [雑誌]
日経 PC 21 (ピーシーニジュウイチ) 2009年 01月号 [雑誌]
クチコミを見る

  周の雑読備忘録「野口悠紀雄『超「超」整理法』」 で私は次のように書いていました。

 ただ私がやっていなかったといえば、PDFの活用です。いやどこかで検索してその内容をコピーしたときに、私はそれを私の外付けHDD内に入れて置きます。これをもっとGメールを活用したほうがいいのかもしれません。ただ、私はそのコピーするときに、ただコピーするだけで、PDFでは保存していないのですね。私は別に印刷する必要は少しも考えていないので、それは面倒なのです。でもこれで、もう少しPDFを使うことも考えて行こうと思い出しました。

 でも実際にPDFなんて使うことは、私には面倒だったのです。でも、あるところ(たしか駅のキヨスクかな)で、この雑誌の「FAX要らず!PDFにコメント付けてメールで返送」という表紙の見出しに、「あ、そうかPDFならメールに添付すればいいから、FAXなんていらないのだ」と気がついたものでした。新しい電話を入れたときに、FAX機能つきの電話機を入れたのですが、「今まで3年に3回だけだったよな」という思いでした。でもそれでも私はあったほうがいいかな、と思ったのですが、PDFなら、それで済んでしまうのですね。
 でもとにかく、この雑誌を27日根津に食事に行くときに読んでいました。

雑誌名 日経PC2009年1月号
発行所 日経BP出版センター
定 価 630円
発行日 2009年1月1日発行
読了日 2008年11月27日

 でも実際に私もPDFで文書を作らないとだめですね。でもそうなると面倒なのですね。少しやってみようという気持がわずかにあります。
 和紙で手紙をプリントすることばかりでなく、PDFも使ってみます。

e697a883.jpg

 きょうは、この1月31日から、出し始めました和紙による私的な手紙がちょうど500通目を出したものです。7月11日に

  さきほど301通目の和紙の手紙を出しました

というUPをしまして、そのちょうど3カ月後に500通目をポストに入れたものでした。
 やはり一番多いのは、二人の娘への手紙です。二人には、各56通づつ書いています。
 ただ、次女ブルータスへは、ほぼ便箋1枚のみですが、このごろの長女おはぎへは、3枚前後書いているものです。
 でもこのごろは、おはぎには、私の漢詩への思いを書いていますから、興味のないおはぎには、つまらないかなあ。
 そのあとに、多いのは42通と40通をある女性に書いています。お二人とも3人の子どもさんがいます。手紙を交換することの、愉しいことを子どもさんへも教えてくれれば嬉しいですね。
 ただし、私のほうは手紙を出しますが、相手はケータイメールやメールということも多いですね。もちろん、私はそちらでもけっこう交換していますよ。

続きを読む

f7edc64e.jpg 少し前に、郵便局に用があって、そのときに今年の1月31日から出していました手紙の301通目をポストに入れました。娘二人には各30通をを超えています。そのほか、10通を超える方は何人もいます。
 ただし、私が困っているのは、プリントする和紙の種類があまりないことです。でもこれは仕方ないのかな。もっと手紙等々をプリントする人が増えてくれば、多くなるのでしょうがね。
 私もビジネス上の印刷物は、普通のコピー用紙にプリントしていますが、私的な手紙だけは、こうして和紙に印刷しています。相手もこれのほうが楽しいだろうと思うからです。
 思えば、欧米人は随分前からタイプライターで印字してきていました。私たちがパソコンで印刷したのとは、どのくらいの日時の差があるのでしょうか。
 もう欧米人はかなり前からタイプライターで印字しています。欧米の作家なんかみんなそうですね。でもナポレオンは自筆で書いていますし、ゲーテのあの長い小説の『ウィルヘルム・マイステル』もペンで書いていたはずです。
 でも、マーク・トウェインはタイプライターで書いていました。そうすると、日本人とは7、80年の差なのかなあ。
 とにかく、もっと印刷できる和紙が増えてほしいものです。
続きを読む

fdba4e4f.jpg でもまた印刷し直しました。もうなんとかA4用紙にしてもらえないものでしょうかね。A4の和紙ならいくらでも私は持っているのです。いやA4洋紙もたくさん大量にありますよ。
 なんだか、また私の愚痴を誰かに手紙書きましょう。
 あ、それとまた吉本さんとドステフスキーのことも書かなくちゃなあ。
続きを読む

5b34575c.jpg

 本日06:00に届いていた破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2008/05/17 【No.1617】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 自分探しの 旅に出て ついでにわが子の 顔見に行く時

女の子たちは比較的楽に連絡しあっているのですが、お隣の県で働いている男の子だけは なかなか連絡が取れません。明日、名古屋に行った帰りに顔を見に行く約束をしました。

 私は女の子二人です。長女は同じマンションに住んでいてくれて、そしてよく孫とは会っています。次女が遠いにでいつも、「どうしているかなあ?」とばかり思っています。でも二人の娘には、いつも手紙を書いています。いつも和紙に印刷しているのですが、もう印刷する和紙の種類がなくなりましたから、また昨日別な種類の和紙を購入してきました。

たのしみは きれいに咲いた 鉢植えの 花花花と 対話する時

忙しくて毎日見てやれないですが お休みの日や朝ゆっくり出来る日は花の一つ一つとお話が出来て嬉しいです。そろそろ肥料をやらないとなぁ!

 私は花なんて、何も判らない人間なのですが、何故か孫のポコ汰が、花が大好きなようです。いつも花を見て歓声をあげています。

続きを読む

b4c5f156.jpg 義母は私の孫のポコ汰が来ますと、とっても笑顔になってくれます。そしてポコ汰もいい笑顔になります。やっぱり笑顔になるのは誰でもいいものです。
 あ、それからポコ汰は甘いお菓子等は、なかなか食べさせてもらえません。たぶん、じいじの私がこっそりあげることになるでしょう。
 写真はいつも私が手紙を印刷して送っています和紙の一つの「蝶」というものです。いえ、要するにもう画像が足りないのです。私はこういう和紙にプリントしてたくさんの手紙を送っています。(05/03)

08050101    私の 水滸伝のことオノ君から「トラックバック」というトラックバックがありました。
 ありがとう。とっても嬉しいです。ちょうど、手紙をポストに入れて帰ってきましたら、このトラックバックがありました。
 あ、ただし、間違いがあります。

iPod nanoには長唄が入っているという

というのは、間違いです。私は長唄は一度もやったことがありません。私のiPodに入っているのも、他のものに入っているのも、詩吟です。詩吟は、もう正式にやりはじめて、40年になるでしょうか。
 でもね、ちょっと悔しいことがあって、さっきポストに入れた手紙で、今月は65通の手紙を出しました。これは少ないなあと悔しいのです。いやビジネス上の文書も何通か出していますが、これは私的な手紙で、みな和紙に印刷しています。できたら、1日3通を出しておきたいのですが、1通で、A4を数枚(3枚から6通くらいまでね)書くことも多いのですが、とにかくなかなか書いている時間が作れません。

つい先日も青学の教員が山口光市の被害者を1.5人などと自身のblogに寄せ、炎上してましたね

 私も、このことを書きたいのですが、いろいろと面倒なのですね。
 私は 安田弁護士の不当起訴に抗議する!のページを持っていますように、この山口市の殺人事件の裁判の主任弁護人である、安田弁護士は、私が大変に尊敬している方でもあります。ただし、その彼が主張している「死刑廃止」の主張には、全面的に賛成できるわけではありません。だから、その安田さんの関係の集まりの行っても、みなさんの意見にすべて同意できない面が多々あります。
 そんな私の思いをすべて述べるべきなのですが、でもでも、もう私には、ぜんぶやっている余裕がないのですね。

 ようするにね、もう私はすべてがやりきれていないのです。酒に感しては、きょうから、一升瓶は3日ではなく、4日で飲もうと決意したところです。

………………………………(時間がかなり経ちました)

 でも今飲みまして、判ったことですが、「酒に感しては、きょうから、一升瓶は3日ではなく、4日で飲もうと決意した」なんていう決意ならびにブログに書くことは何の意味もないねえ。私はもう、明日の酒をどうすするのか、銘柄によっては、さまざまな思いがあるから、それをまた考えなくちゃなあ、なんて思ったところです。あのサ、酒に関しては、割り算してもよく割り切れないのですよ。

 あ、とにかく、もうすぐ、というか連休です。連休に、私もいろんなところにいますよ。夕方は飲みます。そして、私は詠います。たくさんの幕末の歌を詠います。

続きを読む

bf9e42ca.jpg

 きのう4月8日で、私はこの4月になって20通の手紙を出しました。手紙というのはビジネスで出すもの以外の私的な手紙です。すべて和紙に印字しています。

 実は私は、二人の娘にもかなりな手紙を書いているのです。次女ブルータスには郵便で出し、同じマンションに住んでいる長女おはぎには、ポストに入れています。だが、その娘から言われているのですよ。「パパ、手紙を書くのはいいのだけれど、一人の人に年に2回くらいにしなさい。普通の人は、これは返事を書かなくてはと真面目に考えちゃうから、迷惑だよ」。これを二人の娘がともに言うのです。
 だからこれを3月始めに言われたので、この月は、それほど手紙は書きませんでした。でも、私の妻が、言ってくれました。「別にいいんじゃないの。あなたの手紙なんか、それほどみんな真剣に考えていないわよ」というので、それでまた安心して書きだしているのです。
 ですから私から和紙の手紙が来ても、そんなに真面目に受け取らないでください。真面目なお返事をいただくと、嬉しいのは間違いないのですが、「えっ、迷惑かなあ」と心配になってしまいます。
 とにかく、普通に愉しい気持で手紙を書いていきます。ただ思うんですが、女性への手紙出す方がなんだか私は実に楽な気持になれます。これはなんだか不思儀な思いがしてくることなのです。でもそのわけも判るような気持になってきました。

続きを読む

08032714 昨日は、市谷で桜を見ました。その前に秋葉原で午後3時にある方たちと待ち合わせて、パソコンを購入するお手伝いをしました。デスクトップはもう価格は実に安いのですが、ノートパソコンはどうしても高額なので、私は困っている思いでしたが、とくに手では持って歩かないということでしたから、そうなると、これも安い金額になります。
 これを2台購入して、そのあと市谷の花見をしました。
 でもその前に2時半に出発する前に、私は手紙を2通書いていました。それをあわてて書いて、柳田公園のポストに入れて王子駅に急ぎました。
 思えば、1月30日の神田会のあと、和紙に印刷して友人たちに手紙出そうとやり出してから(それ以前も手紙は書いていましたが、私的な手紙も普通の用紙にプリントしていました)、1月は3通、2月は69通、3月は24通でした。
 長女に、「パパ、手紙を出すのは、一人の人に一年で2通くらいにしなさい」と言われて、少し考え込んでいたのですが、妻が「別にいいんじゃないの」ということで、もう普通に書いて出しています。
 ですから、私から手紙を受け取ったかたは、「ああ、早く返事を書かなくちゃいけない」などとは決して考えないでください。
 ただ、私の出します和紙は、季節感のあるものですから、例えば、桜の模様ですと、「ああ、もうすぐ桜が散るな」と思うと焦ってしまいます(でも昨日でもうすべて出しましたが)。
 さて、昨日出しました友人にまたその続きを書きましょう。彼は、パソコンを買うと言っていたのですが、もう買ったのかなあ、と思うのですね。間違いなく購入していないでしょうが、パソコンを買って、普通に使っていかなと、もう彼の仕事もできなくなるということが確実に判りますから、早く使いこなしてほしいのです。
続きを読む

843f2ee1.jpg この2月になって、昨日6日までに16通の手紙を出しました。みな和紙にプリントしています。もちろんビジネス上の手紙は普通の用紙にプリントして出していますが、みな友だちへの手紙です。1月にも出していますが、思えば2月になって娘には出していないのだなあ、と反省しています。
 でも和紙はいいのですが、和紙で手紙を書いています に書きましたように ユニオンケミカー の和紙では、もう「迎春、紅梅、鶴」はすべて使ってしまいました。その前に「桜」もすべて使いました。どうしても手紙がA4一枚で済むつもりでいたのですが、2枚3枚と書いてしまい、プリントしてしまうので、思ったよりも早く無くなってしまうようです。
 そして手紙を出した相手から、葉書、Gメール、ケータイメールをいただいています。そして今は普通郵便はとても早いのですね。翌日にはほぼ届いているようです。これなら速達と変わらないですね。私に届く葉書や封筒も実にすぐに着いています。
続きを読む

569177d8.jpg

 きのうも何人かにケータイメールを送りました。それに今はけっこう手紙も書いています。和紙のかなりいい紙(と私は思っている)に書いて切手を貼って出しています。大昔は汚い手書きで手紙をよく出したものでしたね。今はこうしてパソコンで打って、プリンタで印刷できるのが嬉しいです。今後いろいろな和紙に打ちまして手紙を出します。いやもちろん、ビジネス用の手紙は普通の用紙で出しますが、友だちや娘たちには、綺麗な和紙がいいですね。
 写真は、昨日朝義母を送りましたすぐあと撮りました空です。(01/26)

f9387a1d.jpg

 きのう銀座の伊東屋へ行きまして、便箋を買いました。和紙で、とても素敵なデザインのものです。でも画像が欲しいので、それをスキャンしても、要するに用紙なんで、うまくスキャンできないのですね。一つはいわば、白い用紙ですからね。
 でもこれに印刷して、活字も楷書で書くと、なかなかいいですね。大昔は汚い字で、よく手紙を書いていたものですが、メールを使うようになると、ほぼそればかりです。ケータイメールなら、今すぐ相手につくわけですから。
 でも、私の次女に我孫子の自宅からの転送葉書や封書を送るときに、私の手紙を添えるようになりまして、さらに私の長女にも出すようになりました。もちろん仕事上の文書はかなり出していますが、いわゆる「手紙」というのもいいものです。

 伊東屋で購入したのは、株式会社大直の「大礼紙『白』」とユニオンケミカー株式会社の『桜』という紙です。二つとも和紙です。
 きょうは4通の手紙を書きました。

 あ、それと昨日銀座へ行ったときに、教文館4階の「フジ子・ヘミングの版画」も見てきました。そして帰りに、有楽町駅前の「むらからまちから館」で美味しいお酒とそのほか美味しいものを手に入れてきました。ただ少し不満は、ここは酒屋ではないということで、いいお酒はたくさんあるのですが、一升瓶ではなく、みな四合瓶だということです。これだけは「少し」ではなく、「大いに」不満だなあ。

続きを読む

↑このページのトップヘ