将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:啓

12112612 この「夏王朝時代の日本列島と史記」(これは私の「中国の夏王朝のことで」に書いています)に以下のようにあります。

史記が、この江南の地を、「夏王朝の諸侯集合の地」である会稽(会計)として記録したのは、司馬遷がこのような背景を暗示したと見なされます。

 私は「司馬遷『史記』(小竹文夫・小竹武夫訳)」(世界文学大系全2冊)を読んだだけですので、そもそもそんなにわからないというか知っているわけではありません。
 尚書(書経)も読んでみないといけないよな、と自分に言い聞かせています。ただもう私は64歳になりまして、それでも読むべき本はたくさんあり、「書経」に向かう意欲が湧きません。
 そもそも、黄帝、堯、舜、禹は私にもいくらでも親しみがわく存在ですが、啓、益となると、私はそれほど知らないのですね。顔が想像できないのです。もちろん、黄帝、堯、舜、禹も顔が想像できるとはいえないのですが、それでも何か親しみがあるのですね。
 ただ、私はどうしても書経よりは史記を信じてしまうのです。孔子の言葉よりも私は司馬遷なのですね。それは私にはいくつものことがあります。
 そうねえ、司馬遷のような歴史家、激烈な歴史家を信じてしまうのです。あの時代の幾多の人も司馬遷が書いてくれたからこそ残っていると思っています。
 ヘロドトスやトゥキュディデスがいなくてもソクラテスもプラト12112613ンもいたのは間違いないでしょう。でも司馬遷が書いてくれたからこそたくさんの人が今も私たちは知っているのです(孔子だけはただそれだけでも存在していますが、いや他にもいますが)。
 いやこのことはまた別に考えて行きたいなあ。

12111209 夏(か)という国は歴代の帝は以下の通りです。以下は諱(いみな)です。この諱については、グーグルでは以下のようにあります。

漢字文化圏では、諱で呼びかけることは親や主君などのみに許され、それ以外の人間が名で呼びかけることは極めて無礼であると考えられた。これはある人物の本名はその人物の霊的な人格と強く結びついたものであり、その名を口にするとその霊的人格を支配することができると考えられたためである。このような慣習は「実名敬避俗(じつめいけいひぞく)」と呼ばれた。12111210

 以下歴代の帝です。ただし、司馬遷は明確に書いていません。夏本紀は禹の話が大部分です。

 禹
 啓
 太康(これは諱ではなく、諡(し、おくりな)である。あとで書いています)
  中康(これも諡です。太康の弟)
 相(しょう)
 無王時代(実に40年続いたといわれます)
 少康(これも諡です。中康の子)
 予(よ)
 槐(かい)
 芒(ぼう)
 泄(せつ)
 不降(ふこう)
 ケイ(泄の子で、不降の弟)
 キン(きん、不降の子)
 孔甲(こうこう、これは諡、キンの従兄弟)
 皐(こう)
 発(はつ、皐の子)
 桀(けつ)

諡(し、おくりな)、あるいは諡号(しごう)は、主に帝王・相国などの貴人の死後に奉る、生前の事績への評価に基づく名のことである。「諡」の訓読み「おくりな」は「贈り名」を意味する。

 最後桀王で、この夏は滅びます。この桀王で「夏桀殷紂(かけついんちゅう)」の暴君の話になります。「酒池肉林(しゅちにくりん)」の話が出てくるのです。
12111211 ただ、この2啓代目啓は優れた人物で、最初禹も堯や舜に習って禅譲を考えたものなのでしょうが、この啓が優れた人物であり、この時から夏という帝国(まだ王国と言っていいかな)が続くことになります。

↑このページのトップヘ