将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:喩としてのマルコ伝

13013007 マルコ傳を読み始めます。私は吉本(吉本隆明)さんの『喩としてのマルコ伝』を読むことにより、このマルコ傳も読むようになったものです。
 私は「神と子と聖霊」の聖靈がよく分かりませんでした。でも今は少しは分かってきた思いがします。

第1章
 神の子イエス、キリストの福音の始。
預言者イザヤの書に、
 『視よ、我なんぢの顏の前に、わが使を遣す、
   彼なんぢの道を設くべし。
    荒野に呼はる者の聲す、
  「主の道を備へ、その路すぢを直(なお)くせよ」』
と録(しる)されたる如く、バプテスマのヨハネ出で、荒野にて罪の赦(ゆるし)を得(え)さする悔改(くいあらため)のバプテスマを宣傳(のべつた)ふ。
ユダヤ全國またエルサレムの人々、みな其の許に出で來りて罪を言ひあらはし、ヨルダン川にてバプテスマを受けたり。ヨハネは駱駝の毛織を著、腰に皮の帶して、蝗(いなご)と野蜜(のみつ)とを食へり。かれ宣傳へて言ふ『我よりも力ある者、わが後に來る。我は屈みてその鞋の紐をとくにも足らず、我は水にて汝らにバプテスマを施せり。されど彼は聖靈にてバプテスマを施さん』
 その頃イエス、ガリラヤのナザレより來り、ヨルダンにてヨハネよりバプテスマを受け給ふ。かくて水より上るをりしも、天さけゆき、御靈、鴿(はと)のごとく己に降るを見給ふ。かつ天より聲出づ『なんぢは我が愛しむ子なり、我なんぢを悦ぶ』
 かくて御靈ただちにイエスを荒野に逐ひやる。荒野にて四十日の間サタンに試みられ、獸(けもの)とともに居給ふ、御使たち之に事へぬ。
 ヨハネの囚はれし後、イエス、ガリラヤに到り、神の福音を宣傳へて言ひ給ふ、『時は滿て13013008り、神の國は近づけり、汝ら悔改めて福音を信ぜよ』
 イエス、ガリラヤの海にそひて歩みゆき、シモンと其の兄弟アンデレとが、海に網うちをるを見給ふ。かれらは漁人(すなどりびと)なり。イエス言ひ給ふ『われに從ひきたれ、汝等をして人を漁(すなど)る者とならしめん』彼ら直ちに網をすてて從へり。少し進みゆきて、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネとを見給ふ、彼らも舟にありて網を繕ひゐたり。直ちに呼び給へば、父ゼベダイを雇人とともに舟に遺して從ひゆけり。
 かくて彼らカペナウムに到る、イエス直ちに安息日に會堂にいりて教へ給ふ。人々その教に驚きあへり。それは學者の如くならず、權威ある者のごとく教へ給ふゆゑなり。時にその會堂に、穢れし靈に憑かれたる人あり、叫びて言ふ『ナザレのイエスよ、我らは汝と何の關係あらんや、汝は我らを亡さんとて來給ふ。われは汝の誰なるを知る、神の聖者なり』イエス禁(いまし)めて言ひ給ふ『默(もだ)せ、その人を出でよ』穢れし靈その人を痙攣(ひきつ)けさせ、大聲をあげて出づ。人々みな驚き相問ひて言ふ『これ何事ぞ、權威ある新しき教なるかな、穢れし靈すら命ずれば從ふ』ここにイエスの噂あまねくガリラヤの四方に弘りたり。
 會堂をいで、直ちにヤコブとヨハネとを伴ひて、シモン及びアンデレの家に入り給ふ。シモンの外姑(しうとめ)、熱をやみて臥(ふ)しゐたれば、人々ただちに之をイエスに告ぐ。イエス往きて、その手をとり、起し給へば、熱さりて女かれらに事ふ。
 夕となり、日いりてのち、人々すべての病ある者・惡鬼に憑かれたる者をイエスに連れ來り、全町こぞりて門に集る。イエスさまざまの病を患ふ多くの人をいやし、多くの惡鬼を逐ひいだし、之に物言ふことを免(ゆる)し給はず、惡鬼イエスを知るに因りてなり。 朝まだき暗き程に、イエス起き出でて、寂しき處にゆき、其處にて祈りゐたまふ。シモン及び之と偕にをる者ども、その跡を慕ひゆき、イエスに遇ひて言ふ『人みな汝を尋ぬ』イエス言ひ給ふ『いざ最寄の村々に往かん、われ彼處(かしこ)にも教を宣ぶべし、我はこの爲に出で來りしなり』遂にゆきて、あまねくガリラヤの會堂にて教を宣べ、かつ惡鬼を逐ひ出し給へり。
 一人の癩病人みもとに來り、跪(ひざま)づき請ひて言ふ『御意(みこころ)ならば、我を潔(きよ)くなし給ふを得ん』イエス憫(あはれ)みて、手をのべ彼につけて『わが意なり、潔(きよ)くなれ』と言ひ給へば、直ちに癩病さりて、その人きよまれり。やがて彼を去らしめんとて、嚴しく戒めて言ひ給ふ『つつしみて誰にも語るな、唯ゆきて己を祭司に見せ、モーセが命じたる物を汝の潔(きよめ)のために献げて、人々に證(あかし)せよ』されど彼いでて此の事を大(おおい)に述べ13013009つたへ、あまねく弘め始めたれば、この後イエスあらはに町に入りがたく、外の寂しき處に留りたまふ。人々四方より御許に來れり。

 こうして『マルコ傳福音書』を改めて読んでいくことができるのは、私にはとても幸運なことです。なんとしても理解できるように努力します。

13012909 十字架にかけられ第27章で、『なんぞ我を見棄て給ひし』と神に叫んだイエスでしたが、この章で『甦へり給へり』ということになるのです。そしてイエスは十一の弟子に
『もろもろの國人を弟子と』することを命じます。

第28章
 さて安息日をはりて、一週の初の日のほの明き頃、マグダラのマリヤと他のマリヤと墓を見んとて來りしに、視よ、大なる地震あり、これ主の使(つかひ)、天より降り來りて、かの石を轉(まろぼ)し退(の)け、その上に坐したるなり。その状(さま)は電光(いなづま)のごとく輝き、その衣は雪のごとく白し。守の者ども彼を懼れたれば、戰(をのの)きて死人の如くなりぬ。御使こたへて女たちに言ふ『なんぢら懼るな、我なんぢらが十字架につけられ給ひしイエスを尋ぬるを知る。此處(ここ)には在(いま)さず、その言へる如く甦へり給へり。來りてその置かれ給ひし處を見よ。かつ速(すみや)かに往きて、その弟子たちに「彼は死人の中より甦へり給へり。視よ、汝らに先だちてガリラヤに往き給ふ、彼處にて謁ゆるを得ん」と告げよ。視よ、汝らに之を告げたり』女たち懼と大なる歡喜とをもて、速かに墓を去り、弟子たちに知らせんとて走りゆく。視よ、イエス彼13012910らに遇ひて『安かれ』と言ひ給ひたれば、進みゆき、御足を抱きて拜す。ここにイエス言ひたまふ『懼るな、往きて我が兄弟たちに、ガリラヤにゆき、彼處にて我を見るべきことを知らせよ』
 女たちの往きたるとき、視よ、番兵のうちの數人、都にいたり、凡(すべ)て有りし事どもを祭司長らに告ぐ。祭司長ら、長老らと共に集りて相議り、兵卒どもに多くの銀を與へて言ふ、『なんぢら言へ「その弟子ら夜きたりて、我らの眠れる間に彼を盜めり」と。この事もし總督に聞えなば、我ら彼を宥(なだ)めて汝らに憂(うれひ)なからしめん』彼ら銀をとりて言ひ含められたる如くしたれば、此の話ユダヤ人の中にひろまりて、今日(こんにち)に至れり。
 十一弟子たちガリラヤに往きて、イエスの命じ給ひし山にのぼり、遂に謁(まみ)えて拜せり。されど疑ふ者もありき。イエス進みきたり、彼らに語りて言ひたまふ『我は天にても地にても一切(すべて)の權を與へられたり。されば汝ら往きて、もろもろの國人を弟子となし、父と子と聖靈との名によりてバプテスマを施し、わが汝らに命ぜし凡ての事を守るべきを教へよ。視よ、我は世の終まで常に汝らと偕に在るなり』

 これで十一人の弟子たちは、全世界にこのイエスの教えを伝えに行くのです。そして皆をやがては洗礼していくのでしょう13012911ね。
 私は「吉本隆明『マチウ書試論』」を読んで、その「マルコ傳」そのものを読む気になったものです。そして次からは「吉本隆明『喩としてのマルコ伝』」を読むことによって、また『舊新約聖書』の『マルコ傳』を読んでいくことにします。

13012222 私が持っている「舊新約聖書」(日本基督教会刊)のこのマタイ伝のところが分厚い聖書の中では外から見ても色が変化しています。
 思えば、私がこうして私のブログにマタイ傳福13012223音書を書くようになる随分前から、このマタイ伝は時々開いていたのですね。マルコ伝も開いていました。
 思えば、すべて吉本(吉本隆明)さんのおかげですね。『マチウ書試論』『喩としてのマルコ伝』は私が熱心に読んできたものです。

 写真は一昨日おはぎの家の前とすぐそばで撮りましたものです。この上の小さなカマクラをポニョが棒で壊すので、私が「コラっ、駄目だよ」と言ったものです。
 でもなんだか寂しいな。
  前に私がこのブログにUPしたものと、「周の掲示板」にUPしたものもう一枚)と比べてみてください。小さくなっているでしょう。雪の好きな私には寂しいものなのです。

12081507私の昔のサイトにいくつも「掲示板」がありました』に目森一喜さんから以下のコメントがありました。

1. Posted by 目森一喜   2012年08月14日 20:19
「読み言葉」は解釈学になるのでしょうか、言語論では喩(直喩、比喩、換喩、提喩とかですね)の問題かな。
 言語学で解釈が問題になるのは、聖書で神が喩で語るからです。聖書にこうあるのが、これはこのように解釈するとか、いや、こう解釈せねばならないはずだとか、色々と大変な世界がありますね。

 吉本(吉本隆明)さんに「喩としてのマルコ伝」という著書があります。といいましても、私には今その本が取り出せないのですが。
 マタイ伝はこの私もいつも何度も読んでいます。吉本さんの「マチウ書試論」(マチウ書とはマタイ伝のフランス語読み)を読んでから、文語訳マタイ伝そのものを何度も読むようになりました。インターネットでも読めますし、文語訳は一つしかないので、いいのです。 ところが仏典などですと、道元がいけないのだと思いますが、全然分からないのです。岩波の「日本思想大系」の最初の配本が「道元」でした。だけど『正法眼蔵』なんていくら読んだまねしても読むふりしても分からないよ。
12081508 私が前に住んでいた我孫子にもよく歩く谷中にも、曹洞宗のお寺が多いように思います。私の両親のお墓のある正泉寺もそうなのです。
 私がよくいうのですが、哲学者としては道元が上だったかもしれないけれど、宗教家としては栄西のほうが1段も2段も上だと私は思います。
 でもでも、もう私は曹洞宗の寺を歩いても、もうなんだか良くなったな。仏教なんて、小難しくて嫌な思いでしたし、道元なんて難しくていやでしたが、もうどうでもいいなあ。「文語訳聖書」はいつも読んでいていいのですが、もうこの聖書は真面目で嫌にもなります。
 道元なんか、私には少しも好きになれないから、いいのかもしれないな。私が本来好きであるはずの神道よりも、一見面倒な曹洞宗でもいいなあ、なんて思うようになりました。
 義母の葬儀のあと、牧師さんとお話したのですが、今のキリスト教って、一番日本的な気がしますね。あの「文語訳聖書」は日本そのものな気がします。
聖書で神が喩で語るから」でいいのですが、私は自分の墓はもうどこか曹洞宗のお寺でもいいなあ。私の父があそこを墓に選んだのが分かるような気になりました。12081509

 私はまだ「読み言葉」を極めて行きます。このことで、私は本を読むことが再びできるようになったものなのです。
「書き言葉」も極めて行きます。私がどうにも苦手なのかもしれない「話し言葉」もやって行きます。

 新約聖書マタイ伝へtagurannさんから以下のコメントがありました。

. Posted by tagurann   2011年09月14日 11:36
 こんにちは初めまして 僕も良くマタイ伝を読みます
そして聖書を知らない人には いくらか読みやすいマルコを勧めています。たしかにマタイはユダヤに対する口撃が多いですね

 聖書から 長い時間かけて逸脱していった
 ユダヤの権力者(律法学者達)に対して
 かなり強い口調で
 彼らの勝手に作っていった律法の為に
 その律法の為に 貧しい民衆達は、時の征服者ローマの連中
 からの圧迫以上に苦しんでいる様子がうかがえます。
 病気や身体障害などを、彼らは罪(あるいは親達の罪)の
 せいにしたりしてますよね、律法あるいは旧約だと
 この罪の場合は、こういう儀式を行いなさいとか書いてあったり
 あるいは後から作った律法でも、そういうのがあったでしょう。
 職業差別も作っていったのでしょう。
 下々の民には、そういう儀式を行うだけの財力も、あるいは
 身分差別により会堂に入る事も出来ない人もいたのだと思います
 そこにイエスの登場 言葉により、術により その虐げられて
 いる人達の心も体もきっと解放されていったのだと思います。
 その反面のユダヤの権力者に対しての 強い口調がたしかに
 マタイにはありますね。 マタイはユダヤ人向けに書かれた共感 福音書と言われる所以 でしょうね、これでユダヤの民で改心し たら良かったのでしょうけど、未だにユダヤの民の殆どがユダヤ 教なのでなかなか改心は上手くはいかなかったのでしょうね、
 それほどかたくなな人達なのでしょうと思います。ちょっとマタイは長めですよね、初心者には最初に出て来る系図も読みずらいかも知れませんね。8つの幸いもあるのでマタイは感動的なのですが、とっつきずらいものではあります。ひとりでも多くの人が新約聖書からでも良いから読んでくれてイエスキリストを受け入れてもらえると良いと思っております。

11091806 私は、吉本(吉本隆明)さんの『マチウ書試論』と『喩としてのマルコ伝』を読んでから、『舊新約聖書―文語訳』を実によく開いています。マタイ伝は吉本さんのこの書を読んで実によく分かるようになれたつもりです。
 私はどうしても、マタイ伝を「憎しみの書」だと言ってしまいます。私は初期ブントにあった革共同への憎しみが、このマタイ伝でも読み取ってしまうのですね。
 今年3月にあった東日本大震災で、私は聖書の中に地震に関する言葉を探しました。いくつもの仏典や論語等とは違って聖書には、地震に関することもわずかに書いてありました(これは仏典や論語に否があるわけではありません)。
 しかし、思うのですが、仏典(だけでなく、いくつもの宗派の経典)や、儒教に関するいくつもの先人たちの言い方よりも、日本の聖書はいいいですね。日本のキリスト教もいくつも宗派はあるはずなのですが、私が知る限りは、聖書は一つだけです。そしていつも私は聖書を「文語訳」で読んでいます。これで、「キリストはこういわれたのだろうな」と思ってしまうのです。
 でも私は前に、このマタイ伝やマルコ伝を、名古屋弁にしてみたことがあるのです。そのときに、「あ、絶対にイエスは名古屋人ではなかったろうな」いや、また東北の言葉や、広島弁にも変換したのですが、これまたイエスは、広島人でもけっしてないはずです。 こうなると、私の思う、「『舊新約聖書―文語訳』で読んでいると聖書もいいな」というのも怪しくなってきます。

 とにかく、これからも『舊新約聖書―文語訳』は読んでいきます。

↑このページのトップヘ