将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:団地ともお

15082201
 私の
   http://shomon.livedoor.biz/archives/52186165.html
   「団地ともお」を見ました

で、今この私のUPの絵を見ましたら、この主役のともお(木下友夫)は、自分のおねえちゃん(木下君子)の足を踏んでいるじゃないか。だから姉君子が怒っているのだ。
 ともおは小学校4年生で、君子は中学2年のようです。お母さん木下哲子は昔は美人だったようですが、ともおを産んだあと、劇太りしたようです。このお母さんは昔はプロレスラーだったということです。
 この漫画を全部読んでみようかなあ。図書館にあるかなあ。

15081403
15081404
 朝NHKテレビで「まれ」を見たあと、すぐに次の番組で、「団地ともお」を見ましたものです。私は「ああ、この漫画はNHKテレビでやっているのだと認識したものです。
 学校で歴史の先生(小学校だから、「歴史の先生」というのはないのでしょうが)が70年前の日米戦争での経験を語っていきます。それが最初はごく少数の生徒だけなのですが、次第に聴講する生徒・人が増えていきます。ともおはどうにもそんなにいい生徒とは思えないのですが、戦争の体験のあるおじいさんと知り合い、彼の家に寄るようになり、最初は「麦茶を飲んでいくか?」という誘いは断るわけですが、それが美味しいお菓子は食べる気になって家へあがりこむのです。15081402
 そこで70余年前のそのおじいさんの体験思い出を聴くことになります。70余年の前はそのおじいさんもともおと同じ小学生だったのです。
 ともおは少しもいい子とも思えません。いや活発ないい子どもなのでしょうが、同級生の女の子たちに広場の分け方なんか、実に不平等にやるいわば「悪い子」でもあるようです。でもでも私はこんな子が大好きです。1508140515081401
 この子が聴く戦争時代の思い出の話、私はまた涙になりました。今も涙ばかりで、書き続けていられないのです。

↑このページのトップヘ