将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:図書館

12071105 絵本を借りるのは図書館がいいですね。

2012/07/12 07:53私は図書館でよく本を借ります(今はあんまり「本を借りる」ということがなくなりましたが)。今「クラウゼヴッツ『戦争論』」(岩波文庫全三冊)の上だけ借りていますが、まだ少しも開いていません。思えば高校生の頃読んでおけばよかったな。

 今この文庫本の奥付を見ると、68年2月16日になっています。ああ、あの頃はマックス・ウェーバーを読んでいたなあ、なんて思い出しました。

11072106 返しましたのは「フェイスブック若き天才の野望」という本でした。これは実際に借りるのには、ものすごく待たされました。私は常時5〜10冊の本を借りていますが、漢詩に関する本や映画に関する本を借りています。
 ただ図書館で選ぶことは皆無です。すべて図書館もインターネットで検索して、予約して借りています。
 予約すると、1日〜2日で借りられます。ただし、上のようなファイスブック(いまはフェイスブックですが、前にはツイッターであり、その前も、インターネット・パソコン関係のものは)に関するものは、実際に借りられるまで数ヶ月かかります。
 あと借りているのは、漢詩に関するものが3冊、映画に関するものが1冊です。
 だが以前ツイッターに関しては5冊くらい借りて、よく分かった気がしたものですが、フェイスブックは分厚い専門的としか思えない本で(2冊とも数ヶ月待たされたのですが)、私にはよく理解できませんでした。このことが、今もツイッターは普通にやれるが、フェイスブックは少しもやれない私の今になってしまっていると思います。

10071602 いや、これを私のブログにUPするのを忘れていました。まずいな。もう7月17日の分もUPしようかなあ。

2010/07/16 07:35もう蜘蛛業も「わが家のお母さん」も書きました。それとあとで「コラムさとう」も書こうかな。どうしてもいつでもUPしていいというのは、私なんかには結局は駄目なのですね。「ニュースさとう」は毎日、「読書さとう」と「歴史さとう」は一日おきにというのは、いいリズムで書いていけます。そんなものなのですね。
2010/07/16 07:55もう、「ニュースさとう」に書いたのですが、アンドロイド書籍電子端末「Alex」がこの8月に出ます。でも大きさが120×225×14です。重さは310gです。これだと私のベルトに常時つけているのは無理ですね。なんとか考えていきましょう。
 やっぱり「ゲゲゲの女房」は涙が出てきます。どうしても私はそうなりますね。
2010/07/16 09:44上に書いた電子端末を私はもう手に入れる気持になっています。そして、私の左のベルトにぶら下げる気になっています。
 もう義母を送る時間です。
2010/07/16 09:50この電子端末をベルトにぶら下げたら、読書が進むでしょうね。今でもかなりパソコンの画面でいろいろなものを見ていますが、あらゆる書籍もそうなっていくわけです。実に嬉しいことです。数年のうちに図書館ってどうなっていくのでしょうか。図書館の問題は、借りた本のはずなのに、その図書に書き込みをしてしまう人がいることです。これは漢詩関係の書物に多いです。でも今回はツイッターの関係の本にもありました。実に嫌になります。

 この電子端末がものすごく気になります。

8232d383.jpg

 図書館別室がそばにあるのはいいのですが、でも借りるだけでなく、予約すら10冊の制限があるのは面倒です。

2010/03/14 06:29しばらくリビングでテレビを見ていました。ジャパンネットの広報を見ていました。うーん、面白いですね。パソコンの広告で各部屋でもインターネットに簡単につながるのですね。ほかの広報もすごく面白かったです。でも私は「パソコン」というのは判るのですが、他のものは私は名称がなんだったか、再現できないのです。だめですね。
 新聞は毎朝面白く読みますが、でもやっぱりパソコンでインターネットで見る情報もあるから、新聞も面白くなる思いですね。
2010/03/14 12:37午前中は、朝早く「ニュースさとう」と「読書さとう」をやりまして、すぐに仕事を片づけました。あ、「コラムさとう」も書かなくちゃなあ。それに「歴史さとう」は、書くことは決めてあるのですが、でも書き出すのが少々難しいのです。自分の思いだけでは書くことというのは大変なのですね。
2010/03/14 18:10図書館に本を借りにいきたかったのですが、できませんでした。午前中に行きまして、2冊借りたのですが、午後5冊ほど新しく王子図書館別館に入ったのです。明日は月曜日で休刊日です。だから5時直前に行けると思っていたのですが、無理でした。いくつかの漢詩の本とツイッターの解説本です。
 でも図書館は10冊しか借りられないのですが、それだけでなく、10冊以上予約するのもだめなのです。ツイッターの解説の本なんかは、ずっと待ち続きなのですが、それでも多いと駄目なのです。
 きょう借りた2冊の本は、「漢魏六朝の詩」上下です。私の好きな石川忠久さんが編著者です。
 これを書くあたりでで、『梁甫吟』を読んでいます。この詩は諸葛亮孔明が好んでよく詠んでいたといわれる詩です。もちろん、私は暗記していますが、でもでも決していい詩とは思えないのですが、いやいやいい詩かもしれませんね。
 曹操の『短歌行』も、私が暗記暗誦している詩です。大学1年のときに、秩父の山の中をこの詩を声で暗誦しながら歩いていたことを思い出します。
 曹操の『苦寒行』も私の好きな詩です。これも私は暗記しています。
 曹丕の『於玄武披作』『燕歌行』も私がいつも詠んでいる詩です。
 そして曹植です。『名都篇』『美女篇』『白馬篇』『七歩詩』『野田黄雀行』があります。みな私の好きな詩です。でも私も常に読み暗誦できます『吁嗟篇』があります。曹植も実にいいですね。

 上の三曹の各作品をポメラで書くのも大変です。曹丕の「丕」を書くのもできないし、「吁嗟」も大変です。このツイッターの漢字熟語もパソコンのように簡単に何文字でもできればいいなあ。これだけが大変です。

09a3facc.jpg

 昨日の21:19に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/02/20 【No.1929】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 静寂破る わが夫の 「風呂〜!」と言う声 聞こえ来る時

わが家は深夜電気で沸かしたお風呂です。だからお湯を張れば良いのです。私がパソコンに熱中していると突然「フロー!」という声、びっくりしてしまいます。まだ、ツーカーになれていません。

 へえ、私はそんな声はあげたことがないなあ。私もいつもパソコンを打っています。今はお酒も缶ビール2本しか飲みません。

たのしみは 金曜の夜 図書館に 土日に読む本 借りて来る時

「勝負師の妻」藤沢モト著 と「魂萌え」桐野夏生著を借りて読んでいます。女性の書いたものには興味関心が湧きます。
本はたくさん読みたい。今 それが許される環境でうれしいです。

 私もいつも図書館に予約しています。それとインターネットではよく購入しています。でも私が読んだ『グーグルの全貌』は、私の娘二人には少しも評判がよくありません。やがては孫の読む本をいつも話せるようになって行きます。

続きを読む

日本経済はV字回復する
日本経済はV字回復する
クチコミを見る

 前にも書いたのですが、図書館で借りている本は期限があるから、読んだあと、その本があるうちに、私の思いを書いていますが、自分で買った本はついそのままにしてしまっています。羞しいことですね。

書 名 日本経済はV字回復する
著 者 長谷川慶太郎
発行所 李白社
定 価 1,500円+税
発行日 2009年5月31日
読了日 2009年5月20日

 以下著者略歴と目次を抜き書きます。

著者略歴
長谷川 慶太郎
国際エコノミスト。1927年京都生まれ。1953年大阪大学工学部卒。新聞記者、雑誌編集者、証券アナリストを経て、1963年独立。1983年『世界が日本を見倣う日』で第3回石橋湛山賞受賞。
『日本はこう変わる』は60万部の大ベストセラーになる。著書:『千載一遇の大チャンス』『大統領が変わると日本はどこまで変わるか?』『2009年長谷川慶太郎の大局を読む』『それでも「平成不況」はありません』ほか多数。

目次
まえがき
第一章 日本が世界の公共事業を牽引する
 世界中で公共事業投資が進む
   公共事業投資がもたらす効果
   都市集中型の公共事業投資を
   オバマの公共事業計画は二つのハイウェイ整備
   中国は支配体制維持のために公共事業投資を行うしかない
   中国政府自ら失業者数2000万人と発表している
 世界のエネルギー産業をリードする日本企業
   「原発ブーム」を独占する日本の三大メーカー
   サハリン兇裡味裡任、ついに日本に到着
   LNG関連で強さを発揮する日本企業
   米国の精油所建設、中国の石油精製を手掛ける日本企業
   すぐにピークアウトしたハイブリットカー開発
   エネルギー削減は日本に学ぶしかない
 日本の鉄道車両が世界を走る
   ニューヨークの地下鉄は日本製
   台湾の「SHINKANSEN」
   世界一を誇る日本の新幹線
第二章 日本経済は「V字回復」へ
 日本企業の優位性は変わらない
   千載一隅のチャンス到来
   重厚長大の設備投資が止むことはない
   トヨタの底力は世界一の研究開発費に表れている
   日米の研究開発投資の大きな違い
   デフレであるがゆえに強い日本製
   新日本製鐵とJFEが再生する日は遠くない
 業態変革を怠ってはならない
   薄型テレビメーカーで残るのはサムスン、LGと中国一社
   業態変革にはリストラの痛みがともなうが
   「派遣切り」は不況対策として当然の措置
   企業努力を認めないイエロージャーナリズム
   政治に求められるのはデフレへの認識
第三章 世界の余裕資金が再び環流し始める
 変わらぬ「米ドル信任」
   浮上した「米ドル限界論」
   地方通貨であることを露呈したユーロ
   「米ドル信任」が揺らぐことはあり得ない
   経済危機をあおる大マスコミ
   FRBによる「長期国債等の買い取り」への懸念は無用
 世界経済はデフレのまま続く
   「デフレ=不況」は誤り
   世界経済の基調はデフレ以外にあり得ない
   冷戦終焉によるインフレからデフレへの転換
 消費不況からの脱出を図る米国
   米国民の消費活動はインフレ型からデフレ型へ
   GMとクライスラーの再建新計画
   トヨタ頼みのGM、その背後に見え隠れする米政府の意向
   日本のビックスリーは「V字回復」へ
   金融市場の不安心理は深まるが
   事態は実体経済の活性化へとシフト
 オバマ大統領への期待
   世界の「change」を予感させる
   具体性に富んだオバマ大統領の公約
   オバマ大統領の経済再生路線は日本にとって好機
第四章 「大恐慌」を学んだ世界の為政者たち
 強化された国際協調路線
   「行き過ぎた金融ビジネス」への反省
   ロンドン・サミットの成果
   「保護主義」の台頭ははあるのか!?
   八〇年前の「大恐慌」の際もロンドンでサミットが開かれた
 「大恐慌」に学ぶ
   なぜ「大恐慌」は起こったのか
   「大恐慌」で崩れ去った金本位制
   米国は「ニューディール政策」をバネとしたが
   「大恐慌」がなければ第二次世界大戦は起こらなかった
   「平成恐慌」は断じてあり得ない
   むしろアジア通貨危機に学ぶ
   ヘッジファンドが通貨危機の発生要因にもなったが
 IMFの歴史と強化された役割
   「ニクソン・ショック」で変わったIMF体制
   アフリカ支援を主導する日本
   国際金融機関としての役割
   IMFによる国際協調体制をいかに確立するか
あとがき

 以下インターネットで読みました「内容紹介」です。けっこう私が内容を考えて書くよりは、これのほうがいいのではと思ったものです。

■長期化デフレで日本のチャンスがやってくる
世界同時不況で、世界各国が経済復興をスローガンに動き出している。金融危機対策が次々と実行され、ロンドン・サミットで、財政出動と国際金融システムに対する監督機能も強化された。さらに、保護貿易抑制の合意が得られ、為替相場や原油価格も安定的に推移する。

その中で、大きなトピックスは、各国とも「公共投資を推進していく」というものである。デフレである限り超低金利は定着し、大規模な公共投資が行われることとなる。この政府主導の公共投資をきっかけに産業が活性化すれば、資金の流動性も大きなうねりとなり、還流し始める。「公共投資」と「資金の還流」。この2つが、日本経済がV字回復する要因となる。

■デフレ地獄を切り抜けるのは、技術を持った日本しかない
デフレというものは、価格の下落を余儀なくされ、売り手にとってはまさに地獄である。こうした世界で企業が生き残っていくためには、高品質、高水準の製品や技術を、他社よりも安く製造できなければ生き残れないということでもある。

しかし、幸い日本は長期デフレを経験しており、その中で技術を磨いてきた。特に、オバマ政権の提唱する「グリーン・ニューディール政策」は、アメリカのインフラ整備を進めようとしている。となれば、陸・海・空のインフラ整備に抜群の強さを持つ日本の出番であり、特に、日本の重厚長大部門の企業が活躍することになる。

さらに、オバマ大統領が述べた、「借りて使う時代から貯蓄して投資する時代に変わる」という言葉は、米国民の生活スタイルが一変することを意味している。つまり、エコロジーを中心にした、電気・ガソリンを消費せず、しかも低価格の商品である。その代表が、自動車であろう。現在、日本は電池で動くエコロジー・カーを各社が開発・研究しており、世界で追随を許さない状態である。

また、原子力発電所の建設技術は、もはや日本の企業3社に集約されたと言っていい。アメリカの精油所建設や、中国の石油精製も日本企業が手掛けている。つまり、世界のエネルギー産業における技術は、日本が群を抜いている。

今後、世界各国が公共事業投資を推進する限り、デフレに勝てる価格で技術を提供できる日本の重厚長大部門の企業は、まさに千載一遇のチャンスを迎えたと言える。

■オバマ大統領が日本経済を救う
オバマ大統領の政策は、まさにデフレ化の歴史をそのままたどることになる。オバマ大統領が発表した「高速鉄道網」「光ファイバー網」の整備、建設という2つのハイウェイ整備は、「歴史は繰り返す」という格言を、まさに地で行っているもので、この公共事業に、日本の技術は不可欠となる。

 しかし、こうなると私が本を読んだことは何になるんだという反省の気持も沸いてきます。
 思えば、オバマ大統領がやっている米国の高速道路鉄道網の整備等は、大きな意味があるのですね。このことを、我が日本でも考えるべきなのですね。いや、日本国内に限らず、アジア各地のたくさんの公共事業をこの日本がやっていくべきなのでしょう。
 そのことを強く思いました。

c02ca2df.jpg

 けっこう、こうして万歩計をつけて歩いているといいですね。とにかく1日一万歩のノルマで歩きます。月末のその月に日々の結果を記します。

2009/04/05 17:57今長女の家にいます。さて、もう帰ります。
2009/04/05 19:08今帰宅しました。今カウントは、11、950です。
 午前中図書館に行きまして、帰ってきたら、長女家族が来ていました。それで絵本を読んであげようとしたら、ポコ汰は「じいじはいいの!」なんて、少し意地悪なことをいいます。そのあと、1時40分くらいに帰りました。
 そのあとで、4時40分を過ぎたあとまた私も歩き出しました。最初サミットストアへ行きまして、そのあとまた図書館に行きまして、長女宅に向かいます。

 もうでも、今は7日の午前9時代で、もう二日前のことを忘れてしまっています。なんだか、情けないですね。

続きを読む

25f7db67.jpg

 どうしても、こうして私が「周のポメラ」なんていって書いているのが嫌でしたが、今では、これもまたいいかなあ、なんて思っているところです。

2009/02/28 09:27朝8時になる前図書館に5冊の本を返しに行きましたが、大修館「六朝詩人傳」だけが、厚すぎてポストに入れられませんでした。またあとでですね。いやもう毎日あわただしいですね。こうしてポメラを打っていられる事態が不思儀にも思えてしまいます。
 けっこうインターネットでいくつもの情報を見ています。やはりどうしても紙の情報は遅くなりますね。いくつか欲しいものをパンフをもらってきて、それで比較検討するわけですが、でもでも、インターネットでさらに見るともはやさらに情報は先に進んでいます。いつも驚いているところです。

2009/02/27 12:45外は驚きました。雪が激しく降っています。昨日世田谷まで行ってきてよかったですね。そのあと自転車で買い物に行っていて助かりました。

 思えば、私は「不思議」を「不思儀」と書いているのですが、パソコンはそういう登録をしてあるのですが、ポメラはしていないのですね。ちゃんとこのあとやっておこうと考えたところです。

続きを読む

092994ad.jpg

 図書館から絵本を何冊も借りてきています。みな奥付を見ると、長い間何版も重ねています。どの絵本もこうして長い年月読み継がれているのですね。このごろ、そんなことにやっと気がついた私です。(8/11)

続きを読む

f53147bb.jpg

 NIKKEI NETこの記事 がありました。

 音楽情報提供のオリコンと幻冬舎は人気作家の新作小説の前半部分を、発売前にオリコンの情報サイトで先行して無料公開する試みを始める。サイトで前半を公開した後に、幻冬舎が完全版の小説を発売する。インターネットを宣伝媒体に活用したユニークな試みとして他の出版社が追随する可能性もある。

 公開するのは「リアル鬼ごっこ」で知られる山田悠介氏の新作ホラー小説。平日を中心に6日から来年1月19日までブログ(日記風簡易ホームページ)形式で連載する。書籍は来年1月26日に発売する。(2006.12.06)

 私は今、すぐ近くの王子図書館に行って何冊も本を借りています。全部読みきらなくても、あちこち見るべき本がいくつもあります。本屋ばかりで新刊本ばかり見ていては(そのうち何冊かは購入するわけです)駄目だなあ、と感じました。図書館には、実に手にとってしばし見ていたい本がたくさんあります。
 だが、やはり新刊書を見たい探したい気持ももちろんあるわけです。だが私の住む王子には、大きな本屋はありません。それで困ったなという思いで、わざわざ本屋のある街までいくことになります。
 でも、こうしてインターネットでいわば新刊書よりも、その前に読めるというのはいいですね。読んで、あまり気に入らなければ、もうよまなければいいわけです。
 これからは、もうこういう本の読み方ができるのですね。

続きを読む

2b41045c.jpg

 DESIGN IT! w/LOVEこの記事 がありました。

とにかく検索しなさいって
知らないことを情報もなしにいくら頭で想像しようっていったって、そんなの無理に決まってます。イメージするってのは、頭の中に記憶されている情報をいろいろ引っ張り出してきては、自分が納得いくような文脈(パターン)に並び替えて、意味をもたせることにほかなりません。だったら、そもそも情報が欠けていたらイメージわかないのなんて、当然なわけです。

なのに、なんで腕組みしたまま、「イメージわかないなぁ」って嘆いてるわけ?
本当にイメージをわかせようとしてます?
想像力を働かせようとしてます?
そのつもりなら、腕組みを解いて、とっとと検索窓にキーワードを打ちこみなさいって!
頭の中に情報が不足してるんだから、外部の情報でそれを補うしかないわけですよ。

大学生だって卒論をGoogleで書いてる時代です。企画書だってなんだってGoogleさえあればいくらでも書けます。それなのに腕組みして「イメージわかないな」って嘆いてる人って、身体(頭じゃないから注意ね)が2.0になってないですね。過去の人ですよ、過去の。(2006.12.01)

 これはいい記事内容です。私もよく会うのですね。

   腕組みして「イメージわかないな」って嘆いてる人

という人にです。
 とにかく検索することです。私もグーグルとヤフーで、それこそいつも検索しています。昔なら図書館行ったり、本屋で資料になるだろう本を購入したりいたものでした。そして今もその努力も必要です。
 インターネット上に載ってない情報というのは、まだいくらでもあるのです。

 私は吉川幸次郎という人が嫌いでした。彼は杜甫の全部の詩を訳していろいろと書いていますが、今回図書館で全巻を見てみまして、その杜甫に関する私の持っている本の内容はないことがわかりました。また私は彼を嫌う根拠にしていた、李白の「子夜呉歌」の三の彼の訳ですが、あれもまた全集内にないのです。ようするに、彼はあれを私たち高校生用に平易に書いてくれていただけなのです。
 私は図書館で、彼の全集を見ながら、自分の情けなさに実に羞しい思いでした。そして、この吉川幸次郎の前で涙を流している高橋和巳を思いました。彼は、これだけ優秀な先生の前でただただ羞しかったのですね。
 私はもう王子図書館豊島分室で、これを眺めながら、私こそが羞しい思いでいっぱいでした。

 だから、まだまだインターネット上に露出されていない情報は、それこそたくさんあります。それらの情報を、私たちがまたインターネットに提示していくことが大事なかと思っています。

 それにしても、ここで書かれていますように、腕組みして、まだ「イメージわかないな」って嘆いてる人って、本当に何なのでしょうね。

続きを読む

↑このページのトップヘ