将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:図書館分室

10072101 読書することも大事ですが、その読書の記録をブログで披露すべきですね。今朝「ニュースさとう」を書いていて、そう思いました。本を読むのは簡単なのです。その個々の本を読んだ思いを自分の言葉で語るべきなのです。
 写真は昨日21日の午後3時半に撮りました。ご近所です。図書館分室に行ったときに撮りました。けっこう暑い日でしたが、こうして花を撮ると、その瞬間は暑いことを忘れます。

749a89da.jpg

 昨日はもうたくさんのことがありました。ブログにも書いていられなかったです。

2010/02/03 07:27今図書館分室に本を返しに行きましたが、実に寒いです。
 それとあるところで雪を少し踏んだのですが、雪は凍っていて危ないですね。気をつけましょう。
 私は雪国で育ちましたから、雪ですべるとか転ぶということがまったく理解できなかったのですが、この歳になって初めてそういうことが理解できるようになりました。「なるほど、こういうことか」なんて思っています。
 昨日は、「ある人に手紙を書いています」と書いていたら、その人にすぐ路で出会ったので驚いたものです。
2010/02/03 07:51
 このポメラでは他のディレクトリー(とはいわないか)にいくつものことを書いています。「手紙」というディレクトリーも作っていますが、そこでも書いています。
2010/02/03 09:54義母の「わが家」からのお迎えを待っています。もうリビングにいないと義母が何をやってしまうか分からないので、今はリビングにいます。
2010/02/03 10:48「もりや歯科医院」に来ています。昨日前歯が入ったから、これできょうは整備するだけだろうな。昨日私のブログのサイドバーで、ここをリンクしました。さてきょうもそんなに時間はかからないだろうな。
 それで「アシュケナジーとスファラディのユダヤ人」のことを書かなくてはならないですね。あ、「コラムさとう」できょう書こうかな。私のホームページのどこかにそのことを少し書いているはずです。それを読んで、さらに書かないとならないですね。アラブ各国にいたスファラディユダヤ人には迫害なんか受けていなかったのです。迫害を受けていたのは、ヨーロッパ、とくにロシア東欧にいたアシュケナジーユダヤ人です。あ、ドイツナチスの迫害もひどかったですね。
 そんなことを書いていこう。思えば、ドレフィス事件なんてフランスのことですね。

 とにかく、これが終われば少しだけ時間がとれます。これでいくつものことをやります。

 昨日は夕方5時30分に病院へ行きまして、予約してそのあと1時間後に義母の車椅子を押して出かけたものです。

続きを読む

↑このページのトップヘ