13072405 7月21日の破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

 いよいよ夏本番です。学校も夏休みに入るとご近所の子供たちの声も聞こえて来て、何だか嬉しくなります。

たのしみは  家で生まれる セミたちの 羽化の万事の うまく行く時

 13年もの間 土の中で暮らした蝉たちが束の間の地上生活を送るために庭で羽化していますが、羽化に失敗する蝉も結構多くいるようで、悲しくなります。原因は良くわかりませんが、失敗の無いことを祈ります。

「失敗する蝉も結構多くいるようで」って、そうなんだ。だけどこれがこの進化を支えていることなのかなあ。

☆たのしみは  生きる気力の 旺盛な わが父親の 健在なる時

 93歳の父親です。「お迎えが近い」が口癖で、10年以上言い続けています。気持ちだけは まだまだ元気ですから お迎えはもう少し後に伸ばしていただきたいものです。

 この口癖がいいですね。「お迎えはもう少し後に伸ばしていただきたい」というのは大丈夫ですよ。こうしていい娘さんがいるのですから。