夢をかなえる本
夢をかなえる本
クチコミを見る

書 名 夢をかなえる本
著 者 パット・パルマー
訳 者 eqPress
画   広瀬 弦
発行所 径書房
定 価 1,500円+税
発行日 1997年9月19日第1刷発行
読了日 2009年3月2日

 この本の前書・目次等が以下です。

 愛をこめて、あなたの成長の旅に誘おう
 遠く、そして高く、手をのばしてほしい。

目次
 世界は変化している
 成功ってなんだろう
 幸せってなんだろう
 自分のことを知ろう
 自分を信頼する
 自分を変える方法
 頭のなかの声
 身体の声を聞く
 あなたを阻むもの
 仕事を見つける
 才能をいかす
 すばらしい人生
訳者あとがき

いまは、めんどうな時代だ。新しい生き方を選ぶ自由はふえたけれど、そのぶん、自分なりに考えなければならないこともふえてしまった。

だからこそ、一度たちどまって考えてみよう。あなたがなにを望んでいるのか。あなたにとって、「成功」とか「幸せ」って、いったいなんなのか。(「世界は変化している」)

 思えば、私もいっぱい考えてきたつもりです。そして私の娘二人のは、どういうことなのか。今は、孫のことも考えています。そして今後もずっとお話していくつもりでいます。

成功とはなにかを決めるのはあなた自身。成功に決ったかたちがあるという考えは、もう捨てたほうがいい。(「成功ってなんだろう」)

 たしかに、ちゃんとしたかたちがあると考えがちですね。いや、そうではないことを知っているはずの私なのですが、そしてそういう私だと思われがちなのですが、でもでも実に普通の通俗的な人間なのです。

「人生のすべては贈り物」と考えるのも、一つの方法だ。(「幸せってなんだろう」)

 たしかに私もこう考えようと今思いました。そしてでも辛い贈り物もたくさんありましたね。

なにが好きで、なにがきらいか。なにが大事で、なにが大事じゃないか。自分の価値観をみつめ、自分なりの人生を設計する。自分で決めた道を歩き出せば、人の意見を気にして生きていたときとは、くらべものにならない充実感を手にすることができる。(「自分のことを知ろう」)

 ああ、こうして行こう。そして娘たちにこれを伝えたいと思うのです。

自分の「得意なこと」や「よいところ」に気持ちを集中させていると、それだけで自分を信頼する気持ちが高まってくる。このことがなにより大切。それだけで自分を好きになり、自分を信じるための土台が、自然にあなたのなかに築かれていくんだ。(「自分を信頼する」)

「自分を信頼する」というのは、難しいことのように思えて、実は出来ているはずのことです。私は自分を裏切ったことはないつもりなのです。そういう人生でした。

夢を実現したいと思ったら、その夢が実現したところを思い描いてみる。可能性は無限にある。イメージを描くための時間と空間を用意して、自由に想像しよう。(「自分を変える方法」)

これはいつも思い描くようにしていこう。娘にも孫にも伝えていきます。

頭のなかから聞こえてくる声ばかり気にしていると、自分を見失ってしまう。身体のなかから聞こえてくる声に耳を傾けていれば、あなたは自分をだましたり裏切ったりしなくてすむ。(「頭のなかの声」)

 身体から聞こえてくる声を、私ももちろん感じることができます。孫なんか、まだ言葉が喋られないから、いつもそういう声で話しています。でもでも、私じいじは、まだまだちゃんと聞こえていないのですね。

こころを開いて、身体の声を受けとろう。(「身体の声を聞く」)

 いつも心は開いているつもりなのですが、なんだかまだ私では駄目なのですね。

自分に優しくすること。そして、人と違っている自分を楽しもう。人と違うことをやり、人と違う価値観を持ち、人と違った生き方をするのはすてきなことだ。(「あなたを阻むもの」)

 他の人と自分が違うことは、いつも感じています。ただ楽しむというところまではありませんでした。

なかなか決断できないときは、無理して決断しようといないで、もっと情報を手に入れよう。(「仕事を見つける」)

 この通りです。だからいつも情報を大事にいつも手に入れようと考えています。

あなたの才能は、あなたが使うために授かったもの。(「才能をいかす」)

 うん、でも才能なんて感じることはできません。せいぜい毎日酒を飲むことだけ好きなくらいなものなのです。でも、それでもいいや。

幸せになるんだと決めて、心のなかにイメージを持ち続けていれば、夢は必ず実現できる。(「すばらしい人生」)

 そうだ、必ず実現できると信じています。考えています。

 自分が抱いてきた夢は、必ず実現できる、実現してみると私は考えています。