e052b344.jpg

 将門Webの表紙にもあるとおり、私周は下着は赤の越中ふんどしです。私は中学2年のときから、下着を白の越中ふんどしにかえ、その後はそのままやってきました。そのあとは一度も別なものをしたことがないです。学生運動で府中刑務所に入ったときも、どこかの銭湯に入っても、社員旅行で温泉に行っても、誰もに珍しがれましたが、ずっとこれだけでした。私の彼女になった女性たちも最初の最初は驚いたでしょうが、そのうち当りまえになったものでした。
 ただ、問題はこれをどう調達するのかということです。ずっと私の母が作ってくれており、結婚してからは私の妻が作ってくれていました。そういえば、私が東大闘争で逮捕され勾留された東調布署へ、当時の運動の仲間の女の子がわざわざふんどしを作って差し入れしようとしたのですが、警察から断られたと聞いています(東京の留置場では、ベルトとかふんどしとかいう長いものは首をくくれるというので取り上げられるのです)。
 それがデパートでも売っていることを知りまして、しかも色もたくさんあることを知りました。それで赤ふんもするようになりました。娘二人も、子どもの頃は嫌で堪らなかったようですが、大学生になる頃には、認めてくれるようになりました。このことについては、次女が次に書いてくれています。

 http://members.jcom.home.ne.jp/sbrutus/profile.htm#titi 父について

 それで、この将門Webを開設するときに、長女に「パパのイラストを描いてくれ」と頼んだら、すべて私が赤ふん姿のものを描いてきました。3点あるうちの1点を選んだのが表紙の私の姿になっているのですが、こうなると私はもうふんどしでも、白色はやめて赤ふんばかりするようになりました。
 そして今になりますと、この私のふんどしへのこだわりについても、私のホームページで披露していくべきだなと考えました。今後さまざまなことを書いて行きたく思っております。(2002.08.26)

   http://shomon.net/garakuta/akahun.htm  周の赤ふんの話

 私は、「今ふんどしの人が増えているんだ」なんて言っていますが、次女には、「そんなのは嘘だ」とばれまくっています。

  http://shomon.net/garakuta/akahun1.htm#050212 次女とふんどしの話

 私は今、初孫が男の子ですから、「あ、この子にも赤ふんにしよう」と勝手に思っていますが、もう長女には大反対されるでしょう。
 思えば、もう私は今後ずっと少数派でいくしかないのかなあ。悔しいことですが、もう何も変わりそうもありません。

続きを読む