将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:大星圭子

fddc6f69.jpg

 この演劇を見て、少し気になったのが、大星圭子さんふんする山賊が、その名前がアマゾネスというのでしたが、これだと女性になってしまうのじゃないかなあ。
 アマゾンといいますと、ギリシア古代に出てくるトラキア地方今の黒海北岸にいた女性のみの戦に強い種族といわれます。トロイア戦争でもトロイ側について、ギリシア軍と戦います。
 ペンテシレイアというアマゾンの女王が、アキレウスに討たれています。アキレウスは殺してから、あまりに美しいアマゾンの女王の姿に、後悔したといいます。
 このアマゾン軍はまたヘラクレスともテーセウスとも戦っていますね。
 テーセウスが妻にしたアマゾン族でアンティオペーがいますね。この二人の子どもがヒッポリュトスで、エウリピデスの悲劇の名称になっています。

 だから、劇の途中で、「この山賊は本当は女だ」という話が出てくるのかなんて考えていました。
 またここに出てくる少女をいもむしにしてしまうブルータスという山賊の親分は、なんでブルータスという名前なんだろうなんて考えていました。ブルータスというのは、もちろん私の次女です。
 このブルータスのという名前(ハンドル名かなあ)は、みーねえがつけてくれたものです。これはユリウス・カエサルを殺したブルータスからとったものですが、でもでもこのブルータスも二人の人物がいるのですね。シェークスピアの「ジュリアス・ジーザー」で、カエサル=シーザーが「ブルータスお前もか」というブルータスは、実は、カエサルを殺したブルータスではなく、もう一人のブルータスだと言われています。もう面倒だよね。

続きを読む

2b240329.jpg

 昨日8月15日の「2人の微SHOW」の午後1時からのものを私は見てきました。
 高梨由さんの作・演出のものは以下のように見てきました。

   「夜明けの空に桜舞う」
   TRAPPER第12回公演『マヌカン』

   あ、でも私はこれだけしか見ていないのですね。でも思い出すと、池袋でも見た思い出が甦えるのですが、もうどこに書いてあるのかなあ。
 でも王子に住んでいるといいですね。東京内に出かけるのにとても便利です。ただお台場内のどこかに出かけるのは、少し面倒ですね。
 東京駅にはときどき八重洲ブックセンターへ行きますから、この書店の前を通って行きます。そして富士屋ホテルの先を左折します。
 すぐに「MAKOTOシアター銀座」は判りました。小さな演芸場です。

0908150409081503 今までも高梨由さんの作・演出のものは見てきました。でも私には、その見た作品は、実はよく判りませんでした。演劇の中身が、演劇の内容自体が私の頭では理解できないのでした。
 ただ昨日の作品は、私には一番理解できたように思います。
 とくに第3話の「最後のトモダチ」は私にはとっても好きになれた作品です。

 あ、以下にもらいましたチラシより書き抜きます。

       <プログラム>
   第1話「バースディプレゼント」
       作 さいほぼまさゆき
   第2話「ラストサンドク」
       作 さいほぼまさゆき
   第3話「最後のトモダチ」
       作 高梨由

         <出演>

   大星圭子 高梨由 小林千紗 and more
        <声の出演>
   大星圭子 高梨由 篠原明夫 さいほぼまさゆき

 <STAFF>  チラシデザイン 株式会社520号
         イラスト  田渕周平
         音響オペ  竹之内麻里
         録音    篠原明夫(シノハラステージング)
 <協力>    劇団TRAPPER(だてあずみ 西かおり 鷲田桃子)
         蠕織フイス
         喜田麻耶

 ここの写真は3枚とも会場を撮ったものです。

  このSHOWの案内ももらっていたのでしたが、広報が遅くなりました。昨日も19時から最初のSHOWが始まっていました。
 本日は、13時と18時からあります。

4443c26b.jpg2人の微(ぷっち)SHOW
(予測不能の90分生もの舞台!?)
日時 2009.8.14(金)19時〜
   2009.8.15(土)13時〜・18時〜
劇場 MAKOTOシアター銀座
   TEL03−3548−9007
   (銀座1丁目・京橋駅 徒歩3分)
チケット2,500円

出演:大星圭子 高梨由
脚本・構成:高梨由
脚本:さいくほまさあき
制作:劇団TRAPPER
お問い合せ:メールinfo@y-trapper.com  http://www.trap-per.com

 今回はぜひとも見に行きたいのですが、どうしても今は都合が判りません。なかなか時間をとるのが難しいのですね。

↑このページのトップヘ