将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:子機

839925f8.jpg 20日に、電話機を買い替えました。この王子の家は、2007年1月に妻と二人でここへ住むようになりまして、黒電話をコードレス電話機にしました。秋葉原のヨドバシデンキで買ってきたものでした。でも、ついこのごろ、私の部屋に置いてある子機が呼出音がしなくなりました。
 こうなっても、マニュアルを読んでも判りません。ホームページを読みましても判りません。3年半経っていますから、もう駄目なのかなあ、そんなことはないだろうと、いろいろとやりましたが、電話は故障していませんが、私の部屋の子機だけは呼出音がならないのです。
 こうなるともう非常に不便です。リビングの親機の音に気がついて、行く間に電話が切れてしまうことがあります。わざわざ行くと、どうでもいい営業の電話だったりします。もういかにも、「インターネットなんて興味はないでしょうが……」というような営業電話なのですね。実に失礼ですよね。もう私の年代だとそういう見方なのですね。
 それでちょうど19日朝にムトウデンキのA全両面カラーのチラシが私の家のポストに入っていました。もう秋葉原で買うよりももう近くの電気屋さんがいいです。それで電話しまして、チラシにあったパナソニックのデジタルコードレス電話機<VE-GP24DW>を買うことにしました。これは子機が2台ですから、妻も私も自分の部屋で電話がとれます。
 もっとも私は私のすぐそばには、また別のパナソニックで電話機とFAXがあります(電話番号も別です。でもFAXって、年に3回くらい使うと思いましたが、もう年に1回くらいになりましたね)。
 でも子機が2台だといいですよ。
 ただし、いくつかの電話番号を登録したりする作業が大変ですね。あれを私がやるのかなあ。昨日ミツ君が来て、親機に3つ登録してくれました。長女おはぎ(つまりミツ君の家)と次女ブルータスと四国徳島の義弟の電話番号です。
 おかげで、私はブルータスとひさしぶりに話しました。手紙は書いているけれど、漢詩のこと(このごろは曹丕の漢詩のことです)を私が書いているだけですものね。
続きを読む

d2ad6425.jpg

 ミニセキュリティチャイムを玄関に付けました に書きましたように、義母を介護しているのに、義母が独りで、玄関から出て行ってしまわないように、これをとりつけました。でも、取り付けてONにしていますと、ドアが開くと、そのベルの音がとてつもなく大きいのです。普段はOFFにしていますから、ほぼいいのですが、でもONにすることも当然ありますから、その鳴ったときの音に少々驚きます。

 実は今も義母が玄関から外へ出ました。OFFにしていて、音はなりませんでしたが、私がちゃんと気がついたからいいのです。

 それと、義母が居るときに外線の電話が入ると、もう義母はとてもそれを気にして混乱するのです。一つには、自分の山口の家から電話があったのかと思っていまうことです(今はこの家はないのです)。だから、電話が鳴ると、私はすぐに私のそばにある子機を取り上げます。でも少しでも電話が鳴っただけで、「何かあったのか」と義母は反応してしまいます。

 でも私にしてみれば、その相手が、どうでもいい営業の電話だったりすると、もう実にがっかりして嫌になります。営業は、株式の売買、お墓の営業、インターネット接続の営業が多いかなあ。それと義父あての電話で、義父が亡くなったことを伝えると、では義母を出してくれという電話もあります。義母はもう介護が必要なので、電話には出られない旨をいうのですが、でも私では用が済まないようです。
 それでも、義母が毎日わが家に行っているときならいいのですが、義母がいる時間だと、もう大変です。そのたびに、義母に「こういうどうでもいい内容の電話でしたよ」と伝えています。
 できるだけ、私に用件のある方には、ケータイメールでお願いする旨を言っています。でもケータイメールを使えない方、そんなの使わないのが当たり前だという方もいるのですね。いえ、ビジネス相手ではいませんが、旧い友だち、高校時代の友だちなんかにはいるのですね。

続きを読む

07121205 本日は水曜日で、義母のデイサービスがお休みの日です。でもきょうは妻の担当なので、私は自分の部屋からはほぼ出ません。
 でも義母のいるときに、電話がかかってくると、義母は大変に、「何事があったのか?」と心配してしまうので、私の部屋にある子機をすぐ取るようにします。そうすると、午前中10時頃のはお墓の営業でした。もう私は、すぐに断り切ります。営業されている方には、少し気の毒ですが、長々電話していたら、それこそ義母は大変に心配していまうのです。
 でも相手は、そんなことを何も気にしていないのですよね。大変に面倒で、困ったことです。
 とにかく、この営業の電話は、実に大変に迷惑です。もちろん、仕事をされ、生活されている方にも迷惑ですが、こうして介護をしているものには、実に大変な迷惑です。

 私の亡くなった母のことでも、実に何度も経験しています。

 あるときに、私が母の家に行きましたら、ちょうど義姉がどこかへ出かけていまして、玄関で女性が二人で、私の母に何か署名をさせようとしていました。私は大事なお客さんなのかと思いまして、「母ではちゃんと応対できませんから、私が替わりましょう」というと、そのうちに二人は消えました。よくよく考えると、相手は、何かの営業だったのか、何かの宗教団体だったように思います。
 私の母は昔はしっかりしていたものだったのですが、85歳を過ぎると、もう判らなくなっていました。丁寧に説明されれば、署名でも印鑑でも押してしまいますよ。
 介護している私たちがしっかりしなければならないのです。

続きを読む

↑このページのトップヘ