11050505 7日に妻と次女が妻の東京王子の実家へ行きました。義父と義母にブルータスは学級通信の「ポレポレ」を持って行きました。義父はそれを読んで大変に喜んだようです。もうかなりな号数が出ていますから、読み応えがあったことだと思います。義父も文章を書くのが好きなので、きっと自分の血なのかな、なんて思ったのではないでしょうか。それから次女は彼氏の実家に泊まりに行きました。彼のお母さんに気に入れられているブルータスですから、なんか「あのお母さんにブルータスをとられちゃうかな」と私は不安なのですが、やはり1週間頑張って働いていると、彼にいろいろなことを聞いてもらいたいのでしょうね。
 長女のおはぎは8日夕方帰ってきました。私もちょうど1分前に帰宅したところへ帰ってきたのですが、何故か、「忘れ物をした」ということで、また今帰ってきた道を探しに行くといいます。そしてそれから2時間後、「見つかった」というので、帰ってきました。「北千住で座った駅のベンチにそのまま置いてあった」そうです。それは、彼氏のお母さんにもらった手作りのブローチでした。よくそのまま置いてあったものです。
 二人とも、彼氏のお母さんに気に入れられるのはいいのですが、結婚してもやりませんよ。うちの近くに住んでください。