将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:孫のポコちゃん

391c2cb2.jpg ブルータスあての葉書が2枚、手紙が1通、我孫子の自宅から転送されてきたので、それを同封して手紙を書きました。内容は、孫のポコちゃんのことばかりです。
 でもおはぎには、書いていないな。またおはぎにも書こうかなあ。同じマンション内ですぐそばにいるわけで、ついつい書かなくなってしまうんですね。
 思えば、妻にも手紙を書いたことは、あったのかなあ? ケータイメールはかなりな数のやりとりはありますが。これからはちゃんと書いてみるべきかなあ。
続きを読む

ec6de156.jpg 今うちに来てくれた孫のポコちゃんを見て、もう「大きくなったなあ」と思い嬉しい限りです。もうすぐクリスマスが来て、正月3日になれば満1歳です。実に早いものです。
 思えば、私は3歳くらいまでの記憶はないから、ポコちゃんも今のことはすっかり忘れてしまうのでしょうね。
続きを読む

そら はだかんぼ! (はじめてよむ絵本)
書 名 そらはだかんぼ!
五味太郎・作
発行所 偕成社
定 価 1,000円+税
発行日 1987年3月改訂1刷
読了日 2007年10月2日

 孫のポコちゃんに、これを読んであげても、彼はこの絵本よりも私が首から下げているケータイがその他のものが気になるようです。それらを手でいじりたいようです。私は懸命に本を読んでいます。せっかくの五味太郎さんの絵よりもケータイのほうが気になるようです。
 でもこのお話も絵も大変に私は気に入ります。
 なんとかまた声を出して読んであげよう。

8031827a.jpg

 前に以下に、

 http://shomon.livedoor.biz/archives/50990989.html  絵本を読んであげる

絵本を贈ってくれた私の後輩の女の子がいましてね と書きましたのは、ナミちゃんのブログを毎日UPしてくれています私と同じ大学の後輩の女性です。
 私は幾人もの方に、ホームページを作ることを薦め、そしてこのブログの世界になってからは、このブログで発言することを薦めてきましたが、やはり女性のほうがよくやってくれます。もうこのブログになると、男性の多くは無理みたいですね。
 それで、このナミちゃんも、毎日ブログを書かれているわけですが、そこでよく彼女は絵本を紹介してくれています。
 その絵本を、私は王子図書館で借りてきて(私のすぐそばの本館には、ないこともあり、そのときはインターネットで予約するので、少しだけ時間がかかります)、いつも孫のポコちゃんに声を出して読んであげています。
 ポコちゃんは、今年1月3日生まれですから、今6カ月をすぎたところです。それで、私のひざに乗せて読んであげているのですが、不思儀なことに、そのときは、少しおとなしくなって、いつも絵本を見ています。でもときどき、絵本を手で触りたがり、さらに舐めてしまうと大変なので(「これは公共の本です」と私は何度もいいます)、いつも警戒しています。
 でもこの絵本を読んであげるときは、比較的によく聞いて、本を見つめてくれているように思えます。
 ただ、この絵本を見つけることは、私には難しいことですので、このナミちゃんのブログは大変に助かっています。

 それに私自身も、絵本というのが、こんなに深いものだとは、この歳になって始めて判った気がしています。

 思えば、孫が生まれたということは、私にたくさんのことを教えてくれたものです。

 絵本を読んであげる へ

続きを読む

dd416861.jpg

 今は我孫子の自宅ですまだ来ないなあ のUPは、昨日7日我孫子の自宅から書いたものです。あのあと、すぐにある業者の方が来てくれて、私は母の病院へ行きました。母は眠っていて気がつかなかったのですが、前よりも元気になったように思いました。
 それがなんだかとても嬉しかったです。それでまだ午前中です。

 病院のそばに我孫子根戸小学校があって、ここでいつも私の姪のみーねえの長男のゆうやがサッカーをやっているのですが(いつも私はのぞきに学校の校庭に入っていきます。ゆうやはいつもしらんぷりしている)、きょうは試合だそうで、どこかへでかけています。
 それで、我孫子のエスパへ行きました。それでまず3階の我孫子市役所のセンターへいきます。そこでパソコンを使おうと思いました。でもインターネットにはつながっていません。
 それでもいいのですが、パソコンの前に座って、でも私はいつも持っているBUFFALO『HD-PL250U2』を、自宅に置いてきていました。これにすべてのファイルが入っているので、どこのパソコンにつないでも、自在に使えるのです。あ、でも私はたまたま我孫子の自宅へ置いてきてしまっていました。まあ、鞄を置いてきて、それでもたくさんのものを持っているからです。

 仕方がない、エスパに入ります。
 でも店内がかなり改装されて、店も替わっています。でも私は、「あ、そうだみーねえのうちへ行こう、何かお土産を買っていこう」と思って、れいちゃんのケータイに電話します。
 でもでないから、留守録します。そして、みーねえに電話すると、れいちゃんとそのばあの私の義姉のまっちゃんが、このエスパのなんとかという(名前聞いたけど、私はそういう名前が覚えられない)店にいるそうです。
 それですぐに、まっちゃんが私を見つけてきました。
 私もその店に入ります。れいちゃんは、私の顔みて笑いますが、手にしているゲーム機でずっとゲームをやっています。ちゅうど時間は12時くらいです。町子ばあは、先日私が送りましたブルータスの結婚式のスナップ写真をみな持っていました。
 それからしばらくして、食事にいこうということになり、1階の讃岐うどんの店に行きました。れいちゃんは、まだゲームをやっています。れいちゃんは、このあと柏に行って、テニススクールに行くそうで、町子ばあはラケットを持っています。

 さて、それで妻が自宅へ着ていますので、ケータイすると、エスパからダンボールを持ってきてくれということで、これを4つもらって、さてこれを自転車で運ぶのが面倒です。でもとにかく、それを持って、我孫子北口がいろいろ変化した(もう街がかなり変化改造されているのです)のを見て、自宅へ帰ります。
 自宅で、ピアノの処分をケータイメールしたり、それから他のケータイ電話もしたりして(いやいろんなケータイの用があるのよ。みんなケータイメールにしてくれないかなあ。電話は出られないよ)、やっと帰ることになります。
 あ、家を出たところで、マンションの管理組合の理事長と会って、今度の総会のことを言われました。ああ、総会には出席するかなあ。
 それで妻は、柏で買い物があるので、別れて私は王子へ急ぎます。私はダンボール一つとパソコンのディスプレイとその他いくつも持っています。
 かくして、王子に帰りまして、またいくつかケータイメールをして、義母をお迎えします。

 それで妻が帰ってきて、長女の部屋に行きましたら、孫のポコちゃんを連れて帰ってきました。もう私は大喜びです。

 でもとにかく、たくさんのことがあって、大変に忙しい土曜日でした。

続きを読む

↑このページのトップヘ