将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:孫のポコ汰

新・東京のでんしゃずかん (のりものえほん)
新・東京のでんしゃずかん (のりものえほん)
クチコミを見る

 実はこういう本は私の一番苦手なものです。でも孫のポコ汰が好きなのだろうと、借りてきたものです。

書 名 新・東京のでんしゃずかん
文   松本典久
写 真 井上広和
発行所 小峰書店
定 価 980円+税
発行日 2003年11月1日第1刷発行
読了日 2009年4月5日

著者略歴
松本典久
1955年東京に生まれる。東海大学卒業。出版社勤務を経て、フリーランスの編集者として主に鉄道趣味書を中心に活躍している。

井上広和
1951年横浜に生まれる。鉄道写真を中心に活躍している。カメラ雑誌でも鉄道写真のコーナーを担当するなど、とくに年少ファンと接する機会を積極的にもうけている。日本写真家協会会員。

 E653系「フォレッシュひたち」、651系「スーパーひたち」の写真のところには、次のようにあります。

 右の電車はどちらも上野から常磐線にはいる特急です。「フォレッシュひたち」は、我孫子、土浦、石岡など上野から近い町へ、「スーパーひたち」は、いわきや仙台など遠くの町まで走ります。………………………………。

 うーん、私の姪のみーねえの二人の息子がいつも小さいときから、我孫子の常磐線のすぐそばにあった私のマンションに来て、ベランダから、「あ、今度は○○だ」といつまでも見ていたのを覚えています。私には、全然興味のないことで、ただただ驚くというか、呆れていました。
 でも、私の孫のポコ汰も好きなのだろうと思うと、やはり正解です。さっきはもう喜んでみていました。

4e8b40f9.jpg このごろいろいろな記憶が曖昧になっているようです。いくつか言うことにそれを感じています。
 写真は昨日5月1日に、ミツ君が買ってきてくれたケーキです。大きなケーキでした。孫のポコ汰はまだ食べさせてもらえません。(05/02)

530df200.jpg

 周の『独楽吟のススメ』の88 に私は次のように書きました。

 私の孫のポコ汰も、「癒し系の顔」だと言われています。たしかに私にはそうですが、まったく違う方々から言われたのです。

 このことは、ポコ汰が4月から行く予定だった保育園の保母さんたちから言われたのです。そのポコ汰がこの4月から来るのが保母さんたちには愉しみだったようですが、おはぎのお腹に、次の赤ちゃんができましたので、育児休暇が引き続くわけで、まだ保育園には行かなくなったのです。だから保育園に行くのは、来年の4月から、妹か弟と一緒に行くことになります。

 きっと優しいお兄ちゃんとして振る舞ってくれるでしょう。そのときのことが私には見えるような思いになります。

続きを読む

d0c0c622.jpg

 昨日、夕方長女の部屋に行きました。孫のポコ汰のミツ君のお父さんお母さんがいらしていたからです。もうテレビの音楽に合わせて首を振って、歩いていてとっても嬉しそうでした。私こそが嬉しいです。
 写真は、昨日撮りました。きのうは我孫子の兄の家に行ったのです。その家の前の路です。でも強風で電車が動かず(京浜東北線、常磐線も)、地下鉄と筑波エクスプレスと弟の車で大変な行程でした。(02/25)

92490767.jpg 昨日、私はその場にいなかったのですが、孫のポコ汰が初めて歩いたといいます。もうその姿を見るのが私にはおおいな愉しみです。
 写真は、今撮りました。私は昔クリスマスプレゼントで贈りましたオルゴールです。「虹の彼方に」です。あの映画もよく覚えています。(02/23)

↑このページのトップヘ