将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:孫の写真

90f98f44.jpg

 ポメラのUPが今になってしまいました。

2010/04/26 06:12今昨日の夜の二人の孫の写真を見ました。ここから家に帰ったあとすぐの二人です。ポコ汰はばあばにもらった電車の模型おもちゃ(線路のある大きなもの)を広げています。ポニョはなんだか判らないのですが、おどけています。もう面白いです。ブルータスにも送ってやりたいな。
2010/04/26 07:57朝食が終わりました。さて「ゲゲゲの女房」です。もういつも毎日見ています。きょうはどうなるのかなあ?
 でもこうして毎日展開を見つめているのはいいですね。歌を聞いている今も実にいいです。
2010/04/26 11:17義母の西が丘園からのお迎えを待っています。もうすぐでしょう。今回は少し長いお泊まりになります。その間は私もいろいろなことをやります。
 思えば、蜘蛛業へもどうしても「コラムさとう」を書いていることができません。なんでかなあ。やはりパソコンで書いていたほうが私には楽なのですね。このポメラで書くのは私には少々きついです。そんなものなのですね。
 でもこのポメラでマイクロCDに書いて、それをケータイでUPする方法をやれるようにならないと、いつもパソコンがないと面倒です。でもとにかく私はやりきります。
2010/04/26 11:30義母は出かけました。

 本当は長女の家にいくつもりでしたが、行けませんでした。もっと早く出かけても良かったんだな、と気がつきました。

62bd15a5.jpg

雑誌名 週刊アスキー通巻717号
発行所 アスキー・メディアワークス
定 価 360円
発行日 平成20年12月30日
読了日 2008年12月16日

「高級デジフレセレクト6」(正確にはデジタルフォトフレームです)を見ていて、無線LAN対応のは一製品しかないのです。でもこれを「クリスマスプレゼントにする」というのは、いいのですが、私の友人等では、もはや使えないでしょうね。あと、もう少し価格が安くならないかなあ(いやかなりなってほしい)。無線LAN対応ですと、以下だけです。

   http://www.sanyo.co.jp/

 ここのALBO HNV-M70というものです。これで、孫の写真が連続でみられればいいなあ。
 それと「年末HDD整理の秘技20」ですが、これはちゃんと読まないといけないなあ。すぐに、この雑誌は人にあげちゃうのですが(この雑誌に限らないけれど)、ちゃんと私も整理すべきですね。

14313264.jpg

 わが家のおかあさん2007.06.11 に次のように書きましたように

孫の写真が可愛いので、いつも見られるように定期入れに入れておいたら、妻も欲しいというので、私のをあげました。そうすると、また私あてに印刷してもらわないとなりません。

 それで昨夜印刷してもらいました。だからいつでもこの写真を見ることができます。今も私の目の前に立てかけてあります。吉本隆明鈔集「内遊び軒遊び」での写真の浴衣を着て、バンダナを頭に巻いています。それが私にはとってもいい顔でとっても可愛く見えるのです。ああ、私もじじ馬鹿なんだなあ。
 私の二人の娘が、私の義姉が、自分の孫の名前をその場にいないのに、声に出して呼んでいるというので、「あれはおかしいよ。だって、まっちゃんは、台所で『ゆうや!』なんて声に出して呼んでいるんだよ』」なんて言っていましたが、私も今はまったく同じ状態です。
 私も写真に呼びかけても、答えてくれるわけではありませんが、可愛くてどうしても声をかけてしまいます。
 私もこういうじじになったのですね。

続きを読む

07061101 孫の写真が可愛いので、いつも見られるように定期入れに入れておいたら、妻も欲しいというので、私のをあげました。そうすると、また私あてに印刷してもらわないとなりません。今はデジカメでこうしていつでも自在に印刷できることが嬉しいです。ただ、私のプリンタでは駄目なのですね。それが少々面倒です。新しいプリンタが欲しいな。(6/11)
続きを読む

2f699040.jpg きのう長女おはぎに怒られました。私は勝手にポコちゃんの写真をここに載せるのはいけないことだと気がつきました。
 私の孫ではあるわけですが、でもポコちゃんは、ちゃんとして一個の人間としてちゃんと存在しているのですから、私が勝手にやってはいけないことです。いや、私の孫であるからこそ、そうしたことをちゃんと厳格にやるべきです。
 思えば、私の孫の写真を見て喜ぶのは、私が自分で一人でやるべきで、こうしてインターネットという場でやるべきことではありませんでした。
 私はポコちゃんのじじとしておおいに反省します。申し訳ありませんでした。
続きを読む

↑このページのトップヘ