12091108 藤田典さんの「ダダさんの掲示板」で、昨日11日のUPが以下なのです。

個性と能力 投稿者:管理人  投稿日:2012年 9月11日(火)07時01分48秒
  人は皆、それぞれに異なる個性と能力を持ち合わせています。また、その個性も幼い時から発揮される場合もあれば、随分と大きくなってから、花咲く事もあります。滑り台で遊ぶ幼い子供たちを見ていると、階段から登ろうとするもの、滑るほうの坂から上ってみようとするもの、滑ったり登ったりする子供たちを、ただ眺めているものなど、実に様々です。例え小さな階段であっても、皆に、その階段を上る能力が備わっていても、その子供が滑り台に興味を持ち、階段に注目し、そして登ってみようと思わなければ、そこに「滑り台」という玩具は存在しないも同然です。何に興味を持つのか、持たないのか!それも個性の内なのでしょうね。

 これはものすごく感じています。娘二人では、私は次女のブルータスがわがままな娘かと思っていました。でもそうでないところもいっぱい感じてきまして、ちゃんと見ていないとだめだなあ、と感じてきたものです。
12091109 娘二人はけっこう一緒に旅行をしているのですが、いつも次女ブルータスがきめ細かく計画を立て、長女おはぎはそれにその通りについていくだけです。私たち家族の旅行もいつもそうでした。でも長女おはぎも大切な役割を果たしていてくれたのです。ブルータスはいつも姉を信じています。いや私たち夫婦もそうなのですね。
 私の孫四人ですが、これもいっぱいに感じることができます。少しわがままなところがあるかなあ、「今度はちゃんと注意しよう」なんて思っているポポですが、昨日はとってもいい子でした。少し感心していたじいじです。
 そうねえ、私の二人の娘でもたくさん個性を感じていたものですが、孫四人でもいっぱい感じています。
 孫といろんな公園へ行っても、いつも慎重なポコ汰を感じますし、少し驚いてしまうポニョの大胆さにびっくりしています。ポポは、どうなのかなあ。すぐに相手に自分の主張を届けようとする強いポポを感じます。
 そうねえ、ブルータスの娘じゅには、けっこうおとなしい娘に思えますが、でもブルータスに対してはけっこうわがままで、でもそれが実に嬉しいじいじなのです。
 もう少し経ったら、鎌倉の大仏を見に行きたいななんて思っています。いやこれは、昔、みんなで行きました思い出をいつも振り返るからです。でもあのときはブルータスは一緒ではなかったな、なんて思い出すのです。孫たちといけたらいいなあ。私は実朝様にいくつものことを報告します。
12091203 この鎌倉へ行った思い出は以下です。上のリンク先も同じ日のことを書いているのです。

   母と鎌倉へ行った(1996.04.07)

 ダダさんの「個性と能力」ということで、いくつものことを思い出しました。