将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:孫悟空

孫悟空 (新・講談社の絵本)
孫悟空 (新・講談社の絵本)
クチコミを見る

書 名 孫悟空
画   本田庄太郎
発行所 講談社
定 価 1,500円+税
発行日 2002年4月20日第1刷発行
読了日 2009年5月8日

 思えば、この「西遊記」をはじめとする四大奇書は面白く読んできたものです。「水滸伝」「三国志演義」は実に面白く読んできました。「金瓶梅」はさほど面白さを感じたことはありません。
 ただこの西遊記は、「大唐西域記」の僧玄奘である三蔵法師が主人公ではなく、孫悟空が主人公です。このことが実に面白いのですね。私は昔芝浦工大事件にて勾留されていたときに、この「西遊記」を読んでいたものでした。孫悟空と並んで猪八戒が実に面白い存在ですが、私には、沙悟浄がどうしても不思儀な存在です。物語の中で、彼は一番性格が明確に描かれていません。
 ただし、この絵本の「孫悟空」は、まだ孫悟空が三蔵法師に出会う前のお話です。いつかポコ汰にお話してあげられるときがくるのかなあ。

07060501 私は、周の雑読備忘録「陳舜臣『英雄ありて』」で次のように述べました。

 この「西遊記の旅」で、筆者が次のように言っています。

   西遊記の三蔵法師一行のなかで、この沙悟浄はいささか気になる人物である。

 このことは私もずっと気になっていたことでした。一番沙悟浄という化け物ははっきりしていません。

 この日本で西遊記が演じられると、この沙悟浄は河童の化け物ということになって、河童だと孫悟空の猿、猪八戒の豚と並んで、けっこう私たちも親しみをもってしまうのですが、そもそも中国には河童という化け物はいません。僧玄奘三藏が流沙河という砂漠で出会った化け物妖怪のようです。
 それで沙悟浄は、首に九つの髑髏をかけています。この髑髏は実は三蔵法師の首なのです。三蔵は過去にこの流沙河でいつも立ち往生して、沙悟浄に9度まで食べられていたのです。そして10回生まれ変わったところで、この沙悟浄は三蔵法師の部下としてインドへの旅に参加するのです。
 いつも沙悟浄に一番興味を持ってきました。悟空も猪八戒も、かなり性格がはっきりしているし、それほど正しい志も持っているわけではありません。原作でも、悟空は、三蔵のことを実におちょくっています。だが、この沙悟浄だけは、妙に真面目というか真剣です。いや、なんかまだ自分をつかみきれていない、自分の存在を明確にしない不思儀な存在です。

 思い出しますが、私が学生運動で、2回目に逮捕起訴され勾留されていた朝霞警察の留置場の中で、接見禁止にも拘わらず、当時の私の彼女が裁判所の許可を取って、いくつもの本を入れてくれていました。もう大量の本があったのですが、その中にこの『西遊記』がありました。これは私の兄の本でした。
 そのときに、本の差入れがあるのは、私だけでしたから、他の留置人にも、その本を貸してあげていました。そのときに、何人かの留置人のヤクザや自民党選挙違反の人たちと、夜にこの沙悟浄のことなどを話していたことを思い出します。みんなも、やはり「西遊記」は面白いようでしたが、孫悟空と猪八戒と沙悟浄の比較とか三蔵法師の真面目でつまらないところなど、いろいろと喋ったものでした。

続きを読む

↑このページのトップヘ