11081610       Tuesday, July 06, 2004 12:04 AM
偶然が二つありました。

 宅ファイル便は本当に便利ですね。mp3のファイルを友人に送ろうとしたらADSLでもメール添付は2.5メガまでとかいてあるのに気づきこまったのですが、これでたすかりました。たいがいの無料サービスは使う前にいろいろ書き込まされて会員登録しないといけないんですが、これはいけばすぐ使えるというのがいいです。

 ここ四、五年はキットなども売り出されて素人同然でもパソコンの組立ができるようになりましたが、12台というとそれ以前からですかね。新しいのを組み立てたらいらないものは児童養護施設などに寄付したらいいんじゃないですか。子供が使うパソコンまで購入する資金的余裕がないと新聞かなんかで読みました。情報格差の問題だったかな。ワープロや表計算などには十分つかえますよ。また周りにも買ってまではやる気がないけどくれるならやってみようという人もきっといると思います。

 偶然今読んでいる佐藤賢一の、カエサルを撃て、というのがなんとゲルゴヴィアを中心としたカエサルとヴェルティンゲトリクスの戦いの話でした。しかしこの作品の重要な主題が何と中年男と若者の心理的相克の話で、しかもカエサルの中にもこの二者の対立があるのです。読んでいてあんまりさわやかではないんです。男の人が読むと身につまされるかもしれません。カエサルは髪の薄いのを気にする卑近な人物になっています。ガリア戦記を書くのもローマで自分を宣伝する一手段で、負けてもなるべく自分に良いようにかきます。

 汲めども尽きぬ、どころか振り回したシャンパンのように噴き出す先生の知識の奔流におぼれそうです。宮崎さんともお友達!プロジェクト推進中!まさに水滸伝のせかいですね。MM

   Tuesday, July 06, 2004 3:11 PM
Re: 偶然が二つありました。

宅ファイル便は本当に便利ですね。

 本当に便利です。思えば、昔の人も、つい昔の私たちもとても大変な思いをしていましたね。この種の話はもうたくさんありますよ。

新しいのを組み立てたらいらないものは児童養護施設などに寄付したらいいんじゃないですか。

 ええとですね、いろいろと問題があるんですよ。パソコン自作に関しては、私は以下のページがあります。ちょっとこのところUPしていないのですが、また今後書いていくべきだなと思っています。

  周のパソコン自作講座
 (これは前のホームページ内にありましたページでした)

 それで、パソコンの自作というのは、いろいろな思いの中でやっています。たとえば、秋葉原の実に街の裏の裏や、ガード下のわけの判らない店でパーツを買ったりしています。そして、何故か「0円」なんていうパーツもいくつも買って作成しています(いや私のクライアントで使うパソコンの場合は、一応ちゃんとした店で買いますが)。それで、そうしますと私でなければ、何かがあったときに直せないということがあるんです。何かあったら、私がまた「あ、たぶん、この問題だろう」なんていうことで、なにかのパーツを持って行ったり、いじることがあるんです。それで、私の関係者でないと、あげるのには躊躇してしまいますよ。いわば、誰かには、ただゴミでも、私はそれを使えるものにすることができるのですが、普通の人では、またゴミでしかないと思いますよ。「ゴミをくれるのか?」と思われるのは嫌です。それで、それらにまで責任をもって管理するのは、不可能です。
 私のはちゃんと使えるパソコンですが、「本当に使いものにならないパソコンを寄付している」という事実は、実に私がよく見聞するところです。

子供が使うパソコンまで購入する資金的余裕がないと新聞かなんかで読みました。情報格差の問題だったかな。ワープロや表計算などには十分つかえますよ。

 その通りなのですが、まず子どもに最初にパソコンを使わせるのなら、普通のデスクトップパソコンを与えるべきだと思いますよ。最初が肝心なんです。もっとも私の二人の娘は、私の自作した実に安価で悲惨なデスクトップから使いはじめたものです。

また周りにも買ってまではやる気がないけどくれるならやってみようという人もきっといると思います。

 私はこういう人は信用しません。「購入する気がない」という「やる気のない人」は、永遠に無理ですよ。
 私も頼まれて、随分前に5万円で自作をしたことがあります。ある人に頼まれたからです。5万円の中に、プリンターもディスプレイも入れてですよ。私はもう暑い夏、秋葉原を必死に歩き回りまして、彼の自宅で、どうやら作りました。

 12台目の自作(2001.08.26)
(これも前のホームページに書いていました)

 でもね、このときの彼は、今もパソコンができません。全然何もやりません。このパソコンにも全然触れようとしません。私はこのとき必死に作ったパソコンが可哀想でたまりません。たぶん、もう腐っていますよ。パソコンの心も身体も腐っていきます。思えば、彼には50万円くらいでパソコンを買ってあげれば良かったのかもしれません。
 いや、この手の話はたくさんあります。こういう個人だけでなく、会社でも大学でもたくさん見聞しています。もう今思い出しても、腹がたってしかたありません。

偶然今読んでいる佐藤賢一の、カエサルを撃て、

 ええと、私も文庫本になったときにすぐ読みました。以下にメモを書いています。

  将門Webオンライン書店 文学・小説・評論(日本篇) 
  (これは今どうなっているのかまったく分からないのです)

 私はカエサルが好きです。あの顔も好きですね。「ガリア戦記」によれば、ローマのガリア軍団は、「うちの大将は、頭が禿げていて鬘をかぶっている」という歌を大合唱しながら、進軍したようですよ。カエサルは嫌でたまらなかったでしょうね。
 思えば、ローマ最初の皇帝であるアウグストゥス(私はオクタヴィアヌスというほうが好きですし、彼にあっている気がする)は、実に美男子です。彼が老人になってときの像でも実に美しい男です。でも私はカエサルのほうがずっと好きですし、ずっと評価もしています。オクタヴィアヌスという人は、実に戦が下手でしてね(勝利した戦ってないんじゃないかな)、そこへいくと、実にカエサルは戦上手です。以下の

  周の書評(塩野七生篇) 
  (これはいくつか今のブログで書いています)

「はじめに」に書いたのが、私のカエサルとローマ像です。
 そんな私にとっては、この佐藤賢一「カエサルを撃て」はショックでした。もう途中で何度も本を閉じました。ちょうど東海道線の辻堂で、「もう嫌だ」と閉じたのをよく覚えています。この日は、私の娘たちの出身した大学の父母会の行事のあった日でした。

 文教大学父母と教職員の会(周版)
(これも前のホームページ内のページです)

 でもでも、そのあとも読み続け、実に短時間で全編読みました。その日の夜3次会まで宴会があり、私は当然詩吟と軍歌を唄い続けましたが、カエサルのこともずっと考えていましたよ。

 あと、そうねえ、「水滸伝」のことも書きたいのですが、まずはここまでとします。萩原周二
(第206号 2004.07.29)