将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:安田好弘

12030815 大口昭彦弁護士より、12・16抗議集会における経過報告が届きましたので以下に掲載します。ぜひ、この文書を転載もしくは、ここにリンクください。(98/12/22 11:35:22)

               経 過 報 告 要 旨
                                 港合同法律事務所

一 一二月六日(日)、当事務所の安田好弘弁護士(第二東京弁護士会)が、警視庁捜査二課により、「顧問会社の賃料隠しを発案・指示した」として「強制執行妨害」被疑事件で逮捕されるという事態が発生しました。

二 安田弁護士は、同日午前中からオウム麻原被告の弁護団会議に出席していましたが、会議終了後の午後三時半ころ、打ち合わせ先の事務所を出たところを警視庁捜査二課の捜査員に任意同行名下に身柄を拘束され、同日午後四時半ころ右被疑事件で逮捕されました。
 同日五時すぎ、警視庁捜査二課の警察官二〇数名は、同日午後五時〇六分ころから同日午後一〇時四〇分ころまで、休日夜間であるにもかかわらず五時間半にわたり、当法律事務所において、安田弁護士の使用関係部分の捜索を行い、会計帳簿等の差押を実施しました。
 捜索に当たった捜査員は、立会人弁護士の強い抗議にもかかわらず、明らかに被疑事件の不動産会社とは無関係の同弁護士の事件ファイルを片っ端から探索し、同弁護士が手がけているオウム事件等の記録まで隅から隅まで調べていったのです。こうして、結局、被疑事件とは一見して関連性が認められない事務所の労働保険契約綴り・給与明細書や家賃の請求書、名刺綴り等百数十点を押収していきました。(この違法不当な捜索差押に対しては現在、準抗告申立中です。)
 勾留決定前の、弁護団を中心とした弁護士による事前の検察官折衝、裁判所令状部折衝にもかかわらず、安田弁護士に対しては、一二月八日に一〇日間の勾留決定(付 接見禁止)が出され、現在警視庁本部代用監獄に拘禁継続中であります(その後、接見禁止一部解除の申立により、弁護士二名については解除されるも、事務員については不当にも、なお接見禁止が継続。この間検察官は、全く取調をなそうとはしていません。この事実にも、本件逮捕勾留に根拠の存在しないことが露呈しています。)

三 ところで、逮捕の理由とされた被疑事実については、すでに弁護団が結成されており、別途弁護団からのアピールも届けられておりますので、具体的内容の詳細の説明については、弁護団に委ねたいと考えますが、安田弁護士が、報道で云々されているような行為をしている事実は全くありません。
 本件逮捕勾留は、違法不当であり、到底許されない国家権力の暴挙であります。
 当方ではさしあたり、逮捕勾留の必要性の欠落にかかわるものとして、以下の点を指摘しておきたいと思います。
 まず第一に、被疑事実の不存在であります。
 被疑事実とされるところは、五年前である一九九三年(本件の告発者である株式会社住宅金融債権管理機構の設立される、はるか以前であります。)安田弁護士が、顧問会社の賃料債権の差押を免れるための行為を発案指示したというものですが、これは全くの無根であり、そのような事実は一切ありません。
  第二に、強制執行妨害罪(本罪には、選択刑として罰金も規定されています。)での逮捕そのものが極めて稀とされており、(株)住管関連でも二件立件されているとのことですが、いずれも在宅起訴とされており、弁護士の逮捕などというのは、前代未聞のことであります。
 そもそも(株)住管の発足するはるか以前である五年前(公訴時効の問題もあります)の事案について、現在このような形で強制捜査がなされることの必要性妥当性も、極めて疑わしいところであります。
 第三に、安田弁護士は、これまで警視庁や検察庁からの右事件に関する任意の事情聴取に積極的に応じており、また今後も応ずる旨の意思を明確に表示していたもので、逮捕の必要性はこの点からも全く欠落しています。
 第四に、被疑事件を起こしたとされる不動産会社は、(株)住宅債権管理機構に対し、最近まで安田弁護士を介して債務弁済に向けて交渉中でありました。
 実際に、今年の一〇月一五日には金四九一〇万円を支払い、更になお、会社所有のビルを売却して、実に三〇億円を準備し、その証拠書類を提出し銀行名も明らかにし、提出用に残高証明書まで提出して、(株)住管に提出する準備を進めていました。
 ところが、(株)住管は、会社及び安田弁護士が誠実に対応しているにもかかわらず、一〇月一六日、突然会社代表者らを強制執行妨害で告発し、右会社役員らが逮捕されるという経緯を辿ったものであります。(なお、会社関係者についての捜査は終結しており、その意味でも安田弁護士の逮捕には必要性が乏しいというべきであります。)
 そもそも債権回収が本来の目的である事案において、債務者が相当額の金額の提供を申し出ているのにもかかわらず、まず刑事手続を先行させるとし、それを理由にして民事上のの和解を拒否するなどという、転倒した対応がありうるでしょうか。
 また、安田弁護士の逮捕は、(株)住管の告発前に強行されており、この点でも全く異例の警察による突出が見られるのであります。このような突出に対して易々として従って行く(株)住管のあり方につき、大きな疑問を感じます。刑事先行との路線は、このような警察との一定の関係の然らしむるところなのでしょうか。

四 右のような経過に鑑み、本件は逮捕の要件が全くない違法不当逮捕・勾留であると考えます。
 それでは、なぜそのような不当逮捕が敢行されたのか。当事務所は、次のように考えます。

�A 第一は、「麻原弁護団」が指摘している弁護団攻撃であります。安田弁護士を主任弁護人とする同被告の弁護活動が、憲法、刑事訴訟法の理念に忠実かつ原則的であるがために、裁判の質よりも、むしろ早期結審=重刑を期待するマスコミを中心とした「世論」及び国家権力の意のままに進行しないことへの焦りであります。逮捕直前に麻原被告の一〇〇回公判が云々され、(国選)弁護活動の意義を否定するかのような内容を含む報道が、ことさらになされた事実を想起していただきたいと思います。
�A 第二は、やはり、安田弁護士が粉骨砕身して取り組んできた死刑廃止運動に対する掣肘であります。同弁護士が死刑廃止運動の実践と行動の要であることは誰しも認めるところであり、近時の廃止運動の一定の前進(まだまだ不十分ではありますが、死刑事実の公表等、一定の成果が見られてきています。)を、苦々しく思ってきていたであろう法務当局にとっても、安田弁護士の逮捕は、大きな意味を有するものであります。
�B 第三は、より構造的に、この間の弁護士(会)への権力の攻撃という流れの中で事態を捉える必要があると思います。人権活動よりもビジネスローヤーへの弁護士像の変質、かかるものとして法曹の大量育成をはかろうというのがこの間の政府自民党・財界の一貫した姿勢です。(株)住管の経営者には弁護士が就任し、また大勢の弁護士が派遣されていますが、その業務に、先述したとおりの権力性が顕著となってきていることに、個別事件としての問題性以上のものが危惧される次第です。強制捜査開始と共に、安田弁護士に対して加えられた「悪徳弁護士」との、実像とは全く正反対の人格攻撃(遺憾ながら、(株)住管の社長である中坊公平弁護士までもが、人権活動で奮闘している現場弁護士に対する攻撃に加わったことは、まさに象徴的と言うべきであります)
 一連の有事立法攻撃が強まる中で、こうした動きは益々加速されるでしょう。安田弁護士逮捕問題を論じた朝日新聞の社説は弁護士活動を自己規制せよと問題の本質をすり替えつつ、しかし一面、今回の問題の基本性格を端的に露呈しているところであります。
 少数者の権利や人権ではなく、まして権力と闘うのではなく、擬制的な「国民的理解」や多数者の論理に、弁護士まで屈服させようとする攻撃として今回の安田弁護士逮捕問題はあると考えます。

五 当事務所は、皆様の御支援と御指導を仰ぎつつ、安田弁護士の一日も早い釈放を目指して、奮闘します。どうかよろしくお願いいたします。
                 一九九八年一二月一六日

12022810 私は、謂われのない罪を着せられ、身柄を拘禁されています。 そして、今や刑事訴追の危機にさらされています。 私は、無実です。 私の生き方、職業倫理からして他人に違法行為を指示したり、 他人の違法行為に加担したりすることは、およそあり得ないことです。 私を検挙する策動は今年の春から画策されていました。しかし、 私はこれに全く気付かず、無警戒にして無防備でした。 私は、何の釈明も反論もしなかったのです。 これをよいことに多くの証拠が作り上げられました。 私は誓います。私を陥れた大きな策動を白日のもとに明らかにしたいと考えています。 一日も早く自由の身になり、やらなければならないことがあります。 皆さんの応援を心からお願いします。 安田好弘

12022507  16日の抗議集会の正式な呼びかけの文書が届きました。この呼びかけが多くの方の目に触れるように、ぜひとも転載ください。そしてぜひ当日会場にて直接お会いしましょう。(98/12/14 15:46:47)

安田弁護士不当逮捕抗議集会の呼びかけ98/12・14

 本年12月6日(日曜日)、安田好弘弁護士が、顧問会社の「強制執行妨害」を指導したとの名目で。突如逮捕されました。
 安田弁護士は、「被疑事実は一切行っていない」うえに、罪証隠滅・逃亡の惧れなど、逮捕の必要性も全くないのですから、この逮捕・勾留の違法・不当性は余りにも明白です。
 安田弁護士は、現在、麻原弁護団の主任弁護人であり、死刑廃止運動や困難な刑事弁護活動に献身してきた弁護士です。
 安田弁護士が自ら語っているように、他人に違法行為をさせたり、他人の違法行為に加担することは、安田弁護士の信念と生き方に反するのです。
 この安田弁護士に対する根拠も理由もない逮捕・勾留は、日常的な弁護士の業務活動に対する官憲の許し難い干渉・抑圧という点でも、弁護士全体に共通する重大な問題です。
 私達は、その立場から、安田弁護士に対する違法。不当な逮捕・勾留に厳重に抗議し、その一日も速やかな釈放を求めて、緊急の集会を開くことにしました。
 この事件の経過報告を聴き、率直な意見交換を通じてこの重大事件の重要性を明らかにしていくために、ぜひ、この集会にご参加ください。

「集会の日時」12月16日午後6辞〜
「集会の場所」弁護士会館「クレオ」

   1998年12月14日

     安田弁護士不当逮捕抗議集会代表呼びか人
        東京弁護士会  弁護人 後藤昌次郎
                同   渡辺  脩
                同   中根 洋一
                同   内藤  隆
                同   内山 成樹
                同   辻   恵
                同   武内 更一
                        他
        第二東京弁護士会弁護人 富永 赳夫
                同   遠藤  誠
                同   杉本 昌純
                同   葉山 岳夫
                同   小泉征一郎
                同   仙谷 由人
                同   鈴木 武志
                同   小野 正典
                同   海渡 雄一

12022005 以下に24日の安田さんへの判決要旨を載せました。検察側は控訴します。どうみても、この判決内容で、控訴できるのかと私は不思儀です。どんな控訴理由をデッチアゲるのでしょうか。
 できたら、ホームページをお持ちの方は、この判決要旨をホームページ転載して、より多くの方の目に触れられるようにお願いします。この判決内容にどう控訴できるものなのか、多くの方に判っていただきたいのです。

12021704        3・21集会アピール

 1998年12月、安田好弘弁護士が顧問会社に資産隠しを指示したという容疑で逮捕され、それから10カ月という長期間の勾留・拘留を余儀なくされました。「人質司法」としか言いようがない、このような長期間の拘留がなされたことに、私たちは今でも怒りを禁じ得ません。
 改めて言うまでもないことですが、安田さんは、精神障害者の権利擁護、山谷労働者の権利獲得のための諸活動など、一貫して市民の権利を守るための弁護活動を展開してきました。また重大な刑事事件についても、新宿バス放火事件や名古屋女子大生誘拐殺人事件など、数多くの弁護人を務めています。安田さんの弁護姿勢は、罪を犯した人が自分の罪と真正面から向き合うように援助する一方で、司法に対しては、罪を犯した人が再度人生をやり直すことができるように力を尽くすといったものです。その中で、被告から矯正の機会を永遠に奪う死刑に反対し、死刑廃止運動を積極的に推進してきました。弁護士会から依頼を受け、なり手のいなかったオウム真理教の麻原(松本)被告人の弁護を引き受けたことも、このような安田さんの弁護活動の延長線上にあるものでしょう。
 私たちは、訴えます。安田さんのこのような弁護活動を中断させ、汚名を着せる検察のやり方は明らかに間違っている、と。安田さんに向けられた「強制執行妨害罪」という罪は、検察のでっちあげにすぎない、と。私たちは1999年3月以来、90回、3年以上に及ぶ裁判を可能な限り傍聴し、またその経過について関心を払ってきました。裁判の中で、私たちが知ったのは、当初、住管(整理回収機構)や検察が疑いの目を向けてきた2億1千万円という金と、その他にも3億3千万円が、S社によって隠匿されたのではなく、ましてそれを安田さんが指示したわけではなく、S社の経理担当者らが着服したという事実でした。
今日、私たちがお話をうかがった魚住昭さんは著書『特捜検察の闇』の中で、次のように書いています。「彼ら(検察)は横領を見逃した、Y子らの業務上横領を追及していけば安田−Sの賃料隠しを否定する結果になりかねないからだ、一連の事実の流れの中で相反する性格の犯罪を同時に立件するのは不可能に近い。それよりY子を自分たちの都合のいい証人に仕立て上げ、安田を有罪に追い込んだほうがいい。そう判断したのである」。
 私たち市民からみても、信じられないような横領が事件化されることなく、安田さんを有罪にするための手段とされていることに驚きを禁じ得ません。検察官は、安田さんの顧問弁護士としての「アドバイス」を「指示」と書き換えた調書を作成していますが、魚住さんが言うように、「捜査の目的は真実は正義の追求ではない。安田を葬り去ることである」と言えるでしょう。
 昨日3月20日に行われた検察側の論告求刑は、実に小さな声、それも早口で書面を読み上げるというもので、あたかも傍聴席を埋めつくさんばかりに集まった市民に対して聞かせたくない、うしろめたさすら感じさせるようなものでした。またその内容は「他人に責任を転嫁し、自己の刑責を全く顧みない被告人には、真摯な反省の態度は微塵も見られず」と安田さんを一方的に罵倒するものでした。公判で明らかになった事実を全く踏まえず、本来であれば横領罪で告訴すべき証人を弁護する検察側の姿勢、全てを安田さんに責任転嫁するような恣意的な検察のあり方は、正義に反するもので、市民に批判されてしかるべきものです。このような検察側の姿勢に私たちは強い憤りを感じます。

 安田好弘さんは無実です。安田さんを有罪とする検察側の論理が完全に破綻していることは、、私たち市民の目から見ると明らかです。
 東京地裁の裁判官の皆さん、真相をきちんと追求する裁判、冤罪被害者を生み出さない裁判のあり方を望んでいるのは、皆さんも私たちも同じではないでしょうか。
 東京地裁の裁判官の皆さん、皆さんの判断が、安田好弘弁護士のみならず弁護士全体、また私たち市民全体にもかかわるものであることを今一度想起し、真実をふまえた公正・公平な判断を下してください。
 私たち集会参加者一同は、東京地裁が、安田裁判にかかわる全ての証拠をくまなく吟味し、安田さんの無罪判決を出すことを強く求めます。

2003年3月21日  「安田裁判の現在」集会 出席者一同

※ このアピールは、裁判官への手紙を添えて、集会後、裁判官に届けたいと思います。皆さんご自身も、ぜひ安田さんの無罪判決を求める自筆の手紙を裁判官に出してください!

〒100-8920 東京都千代田区霞ヶ関1−1−4
       東京地方裁判所 刑事16部
            裁判長 川口政明
            裁判官 早川幸男(右陪席)
            裁判官 内田 暁(左陪席)

↑このページのトップヘ