将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:富田京子

11101506 5月27日発行の以下の雑誌に、神田会の友人であります「魚徳」の富田京子さんが載っています。

 雑誌名 「男の隠れ家」7月号81〜82ページ
 1999年7月1日発行(5月27日に書店には並んだ)
 発行  株式会社あいであ・らいふ
 定価  680円

 富田京子さんとは、私が赤坂で広告制作会社にいたときに知り合いました。私の入った会社の隣の会社にいた女性でした。とにかく圧倒的な美女がいるなとい思いで知り合いになってしまいました。スタイルがよくて美形で、そして男気がある女性で、私はすぐにファンになってしまったものです。その当時は彼女は英語をいかした仕事をしていたのですが、現在は魚屋の店主です。
 ぜひこの雑誌を手にとってみてください。(99/06/07 7:21:33)

d98f4fb5.JPG

 坂本龍馬を殺したのは(殺人の指示をしたのは)、私は後藤象二郎だと思います。しかし、龍馬があのまま生きてくれれば良かったのにと私は一番思いますよ。

2010/06/13 08:24今朝は起きるのが少し遅くなりました。でもとにかく、蜘蛛業への「ニュースさとう」と「読書さとう」はもうメールしました。
 きのう私の好きな女性の富田京子さんに手紙を書きながら(昨日彼女の家のポストへ入れました)、「坂本龍馬を殺したのは誰か」ということを考えていました。それでその真相にたどりつけた気がします。
 坂本龍馬を暗殺したのは見廻組になっています。それは実際に手を下した犯人が自白しています。でも問題は、龍馬のいた近江屋を教えたのは誰かということです。それは土佐の後藤象二郎です。
2010/06/13 15:27今さらにある女性に手紙を書きました。こうしてケータイメールでもメールでも手紙でも書くのはいいですね。話ことばと書きことばって大事なことです。私はスカイプを知ってから、でも実際には自分がさほど使わないことを少し不思儀な思いでした。それに比べて実に中国人からは実にスカイプでの呼びかけが多くて、私はもうスカイプ名を替えたものでした。
 話しことばと書きことばでは、私たち日本人は書きことばが好きなのです。だから日本人にはスカイプは向いていないのです。私はスカイプケータイを2種類も手に入れたものでしたが、どちらも私には向いていなかったのです。その意味で、ケータイならどれでもいいです。ケータイメールが実にいいのですね。
 でもこのことは多くの人たちに言いたいことです。このことはまた指示表出、自己表出にもつながったことなのです。このことはちゃんと整理して書いていくべきだな。
 だから2次元だけで考えちゃいけないのだと思うのですね。でも3次元で考えても、それを表出するのは二次元でしかできないよな。

 指示表出と自己表出のことを考えています。でもどうしても二次元でしか考えられない私たちなのです。でも今後の大事な課題ですね。

51983157.JPG

 テレビで手賀沼を見ました。もう懐かしくてたまりませんでした。

2010/06/12 07:36今NHKで我孫子の手賀沼をやっています。手賀沼は実にいい湖です。思えば、私の次女ブルータスは我孫子生まれの子なのですね。
 我孫子はもう私の故郷です。
2010/06/12 11:26今薬局です。もう冷房が必要ですね。でも私の部屋は水が漏れるんだよなあ。さきほど少し掃除したところです。
 そういえば、私の妻はどこへ行ったのかなあ。もういつも判らないばかりです。

 妻は鍼灸に行っていました。夕方は長女の家に急いで行きまして、そこから義母の家族懇親会に急ぎました。あ、富田京子さんのところへも寄ったよ。でも彼女は留守でした。だから手紙を置いてきました。

↑このページのトップヘ