将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:将門Webマガジン

12040408 27日午前11時台に「将門Webマガジン第54号」を発刊しました。340部の配信です。
 このところ、仕事も忙しく、かつパソコンを土曜日と日曜日に2台自作しましたので、それこそこのメルマガは出すのが大変でした。この自作のことも書かないといけないなあと思いながら、ここまで来ちゃいました。私は12台自作したことになります。パソコンの自作では、それこそいろいろなことがあります。自分に自信を失ったり、またすぐいい気になったり、それこそいろいろです。「俺は、もともと、こういう工作とか、機械をいじるのは苦手なんだよな」なんて思いになったり、「なんだ簡単じゃないか。俺って天才かな」なんて思いが、いつもこのパソコン自作のときに交差しています。(08月28日 08時19分)

12040401 20日午前7時台に「将門Webマガジン第53号」を発刊しました。347部の配信です。
 この号で、「吉本隆明全著作(試行)」のページを更新しましたが、4冊分がないために、抜けている旨を書きましたら、すぐに折金さんとアモルフさんから、内容を書いたメールを送っていただきました。ありがとうございます。とても感激しました。思えば、こういうふうに資料を完成していけば、いろいなものができていくんだろうなと思いました。(08月21日 07時29分)

12040204 13日午前9時台に「将門Webマガジン第52号」を発刊しました。338部の配信です。
 10日にパソコンを自作しました。6月6日には9台目の自作で、今回は10台目でした。だが、6月のは、簡単に出来たのですが、今回はかなり悪戦苦闘しました。そんなこともマガジンで書いていきたいのですが、なかなか果たせません。(08月15日 04時07分

12040101 本日午前7時台に「将門Web第47号」を発刊しました。340部の配信です。毎号の文量がだんだん一定になってきました。ただ、最初よりはかなり量が多くて一定になってきた感じです。それから部数も毎回少しづつ増えています。(07月09日 19時45分)

12032807 7月2日午前5時台に「将門Webマガジン第45号」を発刊しました。326部の配信です。
 本日は、私の住む千葉県我孫子市の私の地区の資源の回収日です。これは月2回です。この係はどうしてか我が家では私になっています。別に決めたわけじゃないのですが。
 我孫子市では、普通ゴミと資源と雑芥ゴミに分別します。
 そして資源の分け方が細かいのです。古着、紙類、瓶、缶、ペットボトル、トレー、乾電池等有害資源等々に分けまして、さらに紙は、新聞(ただし、今は新聞社ごとに別な日に回収にくるようになりました)、雑紙、ダンボール、パック紙、雑誌・本に分け、瓶は透明瓶、茶色瓶、その他の瓶に分けます。だからこの作業はけっこうな作業です。そして当日運ぶのもけっこう骨です。そして夏は、もう朝早いうちにやらないと汗だくになってしまいます。
 私の次女の教育実習の研究授業では、このゴミと資源の分別のことをやっていました。その授業のビデオがありましたので、見たのですが、小学校4年の子どもたちがグループ別に一生懸命に調べて発表していました。あれで、あのクラスの子どもたちの家庭では、

  トレーや牛乳パック、ペットボトルはちゃんと洗って乾かして
 から出さないといけないんだよ

なんてお母さんに言っている彼彼女の姿が想像できてしまいます。そんなことを思いながら、この資源をかたずけていました。(07月03日 07時09分)

12032801 6月25日午前5時台に「将門Webマガジン第45号」を発刊しました。324部の配信です。
 前日に「文教大学父母と教職員の会千葉支部総会」があり、かつその前日は寝ていなかったので、帰宅して午後10時に眠りまして、25日午前1時に起きまして、それからやりだしました。でも私はいつもすぐにとりかからないでインターネットをあちこち見てたりするので、時間がかかります。でもどうやら、この号も発刊できました。(06月26日 05時55分)

 6月18日午前4時台に「将門Webマガジン第44号」を発刊しました。317部の配信です。
 この号の中でも告知しておりますが、

  将門Webショップ1203260112032602


の中に

  将門Webオンライン書店12032603


を開店しました。ぜひ見に来てください。
 ちょうど、私は金曜日に飲みまして、事務所に泊まりまして、土曜日は午後4時から「東京鶴丸会」だったので、そのまま事務所ですごしました。それで、鶴丸会のあとは、どうしても焼酎ばかり飲んだもので、日本酒が飲みたくなり(何を言っているのだ)、それで谷中で飲みまして、そしてまたもう1軒飲みまして(この飲み屋でもパソコン開いていたけれど)、結局また事務所へ戻りました。この2日間夜中に、この将門Webオンライン書店を立ち上げたものです。ですから、少々荒っぽい作業でした。(06月18日 06時43分)

12032701 6月11日午前8時台に「将門Webマガジン第43号」を発刊しました。311部の配信です。
 この号でも「お便り紹介コーナー」をお休みしました。でもどうやら次号からは紹介できそうです。(06月13日 00時13分)

12032005 本日午前2時台に「将門Webマガジン第42号」を発刊しました。309部の配信です。
 思えば、先週は例年なら「ビジネスシヨウ」に必ず行っていたものでした。今年は行く気になれませんでした。いつも行きまして、真っ先に、堀雅裕さんの新聞社のブースを尋ねて、それから彼にいろいろと聞いてから、会場を回ったものでした。そして必ず飲んでいましたね。
 もう彼はいないわけで、でも必ず彼を思い出すだろうから、行くことが出来ないのです。(06月04日 06時17分)

12031812 28日午前6時台に発刊しました。303部の配信です。
 私は前日文教大学の「1日大学」へ行きまして、少々疲れてしまい(少し飲んだからかなあ)、午後9時30分にベッドへ入ってしまいました。28日の午前1時30分に目が醒めまして、このマガジンを書き出しました。ところが、次女のブルータスもずっと起きていまして、その日の授業の教材を作っていました。
 我が家は、パソコンが4台、プリンタが3台ありまして、LANになっているわけですが、それをあちこち使うのに、ブルータスは走り回っています。なんでも工作の授業だということで、立体のカードをいくつも作って(実に可愛いカードです)、それの説明の文書を作っています。たくさんの絵を入れた文書です。それで、4時までかかってやっていました。
 子どもたちが(小学校4年生だそうです)可愛くて仕方ないようです。いいなあ私も行きたいななんて思いです。(05月29日 05時50分)

12030807 21日午前6時台に発刊しました。この号は293部の配信でした。
 この頃なんだか自分の気力が落ちている感じがしまして、このマガジンだけは気合いっぱい入れてやろうと思っています。
 わが家は、長女が就職して、朝6時15分頃家を出ます。次女が今教育実習で6時30分頃出かけます。妻は7時45分に出ます。私は「ちゅらさん」を見て家を出ます。次女は帰宅して「ちゅらさん」のビデオを見ています。そして土曜日か日曜日に、また全員で「ちゅらさん」のビデオを見ます。
 このところこの「周の発言」が「将門Webマガジン」の発刊告知だけになってしまっていますね。これは反省しないといけないな。(05月22日 20時56分)

12031403 昨日午前1時台に「将門Webマガジン第39号」を発刊しました。287部の配信です。
 やっぱり、こうして週刊で出していくのは、いい生活のリズムになっているとは言ってもたいへんです。できたら、いつも少しずつ書いておけばいいんだけどな、といつもいつも思っています。(05月15日 06時16分)

12031305 昨日午前2時台に「将門Webマガジン第38号」を発刊しました。305部の配信です。
 ただ今回、Pubzineでご購読の方にメールが2通行ってしまいました。申し訳ありません。私が配信の作業でミスしてしまいました。
 この号も前号と同じように量が多いマガジンです。でも今後もこのくらいな感じでいきましょうかね。思えば、それにはかなり頑張らないとなりませんね。
 前の発言でもいいましたように、この号から「お便り紹介」というコーナーを新設しました。ぜひ投稿をお願います。(05月08日 08時00分)

12031206 本日午前8時台に「将門Webマガジン第37号」を発刊しました。300部の配信です。
 この号が今までで、一番文量の多いマガジンになってしまいました。ちょっと多すぎるかな。ほかのマガジンと比較しても、多すぎるかなと心配になります。
 それから、次号から「投稿コーナー」を設置します。コーナーの名称としては「おたより紹介コーナー」とする予定です。できましたら、「マガジン投稿」という題名のメールをください。内容は、私のマガジンやホームページへの感想でも、そのほかさまざまなことに対するご意見でもかまいません。それからご自分のホームページがあれば、URLを必ず書いてください。メールマガジンをお持ちの方もその旨書いてください。メールアドレスを記してもいいかたは、これも書いてくださいね。(04月30日 16時23分)

12031104 昨日午前5時台に「将門Webマガジン第36号」を発刊しました。297部の配信です。
 この号の「今週のコンサル」で「負け方」ということを書いたわけですが、やはりもう少し丁寧に書くべきかななんて思いました。闘いの中で、勝利することよりも敗北する経験のほうが多いわけですが、では負けるにしても、どのように負けていくことが、「最終的に勝利する」ことにつながるのかということを書きたいわけなのです。このことをナポレオン戦略とプロイセン参謀本部との戦いの中で書きたいなという思いでした。
 もっとも「今週のコンサル」は実際にクライアントなりで喋ったことで書いております。すべて全面展開しているわけではありませんし、実はその会社に合わせて喋っているわけなのです。だから、あそこですべて書くのは難しいのです。また改めて書いていきましょう。(04月23日 08時16分)

12031005 昨日午前6時台に「将門Webマガジン第35号」を発刊しました。292部の配信です。
 このマガジンを作成しだしたのが、昨日の午前0時すぎでした。それまで、クライアント何社かのホームページをいろいろとやっていました。いろいろというのは、CGIで掲示板の部屋を作ったりいろいろです。
 それで、結局月曜日の朝までマガジン作りと発行で、結果として眠らないでそのまま出勤しました。それでいろいろと動いていまして、帰宅したのが午後10時半でした。それでなんだか疲れていまして、11時半にベッドに入ってしまいました。どうせ4時には起きられるだろうと思っていました。ところが
起きましたのは6時ちょっとすぎです。思えば、前日眠っていなかったことと、その前々日も睡眠時間をあまりとらなかったことを思い出しました。
 このごろ、疲れが続く感じです。前日の疲れというよりも、「先週の疲れがまだ残っているな」と身体が感じるのですね。これが年をとるということでしょうか。
 私のクライアントに、このメールマガジンの発行をすすめているのですが、このごろは少し慎重に勧めています。やっぱり、その会社の担当する人および社長をはじめみんなが、せめてこのメールのやりとりだけでも活発にできるようにならないと、マガジンの発行というと、結果として私の徹夜が増えるのでは、何もなりません。なんとなく、ただマガジンを発行しようというと、そんな怖れがあります。それじゃ、何もならないどころか、ちょっと「これ以上の無理をすると、やばいな」という思いです。私の場合は、大酒飲みもありますのでね。身体に無理ばかりやらせている気がします。(04月17日 07時22分)

12030813 本日午前2時台に「将門Webマガジン第34号」を発刊しました。288部の配信です。
 先週もとても忙しい日々でした。だから、いつもこのマガジンの発行は必死でやらないと間に合いません。(04月09日 06時52分)

12030801 本日午前2時台に「将門Webマガジン第33号」を発刊しました。285部の配信です。
 このところ何日か、仕事上でも文章を打ってばかりおり、このメルマガでもずっと文章打ちばかりでした。本日もずっと文書打ちと電話での打合せばかりでした。今週もなんだか毎日忙しそうです。(04月02日 23時03分)

12030701 26日午前11時前後に発信しました。280部の配信でした。もう前日はあるところでホームページ作成のお手伝いをしておりまして、そのあと飲みまして、夜遅く帰ってきたもので、このマガジン作成は大変でした。その前日の土曜日も同様にあるクライアントへ行きまして、そしてまたそのあとまた別なところで飲んでいましたもので、なんだか疲れきっていました。
 ただ、それでもこうしてマガジンを発刊しなければならないというのは、実にいいリズムです。
 そういえば、前日ホームページ作りのことで行ったところで、そのあと飲んでいたときに、私はそこの社長の事務所兼自宅をある雑誌で取材したらいいのじゃないかなということで、親しいライターに電話して、それを決めました。
 でもさすが酔っておりまして、忘れていたのですが、きょうその取材は終わったようです。雑誌を見るのが愉しみです。(03月29日 02時11分)

12030413 本日午前2時台に「将門Webマガジン第31号」を発刊しました。277部の配信です。
 12日より、事務所にADSLが入りました。申し込んでから、ずいぶん待たされましたが、これでインターネットは実に快適です。自宅のタイタスよりも数倍速いです。
 長女が東京都の教員に正式に採用になりました。文京区の小学校の美術の先生になりました。自宅から通えるので、まずは良かったです。(03月19日 07時29分)

12030304 本日午前0時台に「将門Webマガジン第30号」を発刊しました。279部の配信です。
 今週はもう非常に忙しいことが判っていますので、これをはやく配信して、それから「もう仕事だ」という気持でした。だから、このあとまた必死に仕事になります。パソコンの指導のカリキュラムを考えてFAXして、それからある会社の契約書の案を作って………………、それからいろいろあります。事務的な作業が全然終わっていません。手書きもあるから、どうしても遅くなってしまいます。
 それと、ある会社の定款を作らないといけないなあ。

 それから、バックナンバーの「将門Webマガジン第30号」を開設しまして、これでこの将門Webが総ページ数が500ページになりました。サイトオープンが1998年10月1日ですから、ちょうど2年6カ月目に500ページになりました。(03月12日 00時22分)

12030207 本日午前5時台に「将門Webマガジン第29号」を発刊しました。280部の配信でした。結局徹夜しちゃいましたね。こうなると、本日あるクライアントへ行って、そのあとを気をつけないといけないですね。(03月05日 06時35分)

12022804 昨日午前10時台に「将門Webマガジン第28号」を発刊しました。267部の配信でした。なんだか仕事もいろいろと迫っていまして、かつ自宅でやることもたくさんあって、この号の編集発刊は大変な思いでした。(02月27日 23時49分)

12022604 昨日午前10時台に将門Webマガジン第27号を発刊しました。258部の配信です。どうやら、購読数が少し増加しました。今回のマガジンは量的に多いです。(02月20日 08時14分)

12022504 本日午後2時台に「将門Webマガジン第26号」を発刊しました。248部の配信でした。
 8日午後1時に、私のクライアントであります川口市の有限会社鈴木木工所の社長の奥さまの鈴木なみ子さんが亡くなりました。そのことについての文章を掲載してあります。(02月12日 15時16分)

12022310 本日午前8時台に「将門Webマガジン第25号」を発刊しました。241部の配信でした。はじめて購読者数が減りました。若干ですが消耗しています。
 でもこのごろ事務所に落ち着いていられませんので、単純な事務仕事が溜まっていってしまいます。困ったものです。(02月05日 22時55分)

12022004 29日午前8時台に「将門Webマガジン第24号」を発刊しました。253部の配信でした。仕事もたいへんにつまっておりまして、双方同時にやるのはけっこうきついのですが、どうやら出すことができました。(01月31日 07時33分)

 昨日「将門Webマガジン第23号」を発刊しました。251部の配信でした。
 それからついでに、先日20日夜の雪の日に次女のブルータスの作りました雪だるまをデジカメで撮ったものをここに掲載します。(01月23日 23時27分)
12021601

12021405 本日午前7時台に将門Webマガジン第22号を発信しました。249部の配信です。「今週のコンサル」というコメントを書いているのですが、このところたくさん「これは書いておきたいな」ということが出てきます。なんだか、その中でどれか一つを選ぶのが大変だなというところです。(01月15日 08時29分)

12021009 本日15時、16時台に将門Webマガジンを発信しました。246部の配信です。
 なんだかこれだけお休みが続いても、なんだか忙しいものですね。なんとなく時間に追われる感じで、このマガジンもやっと出せました。今年こそ、もっと早めに少しづつ書いておいて、余裕をもってやっていきたいものです。
 明日から仕事へ出ると、もうまた仕事だけでまた必死に時間との闘いになるのでしょうね。一体いつになったら、もっと余裕をもってやれるようになるのでしょうか。(01月08日 20時39分)

12021118 もう2日になってしまいました。今年もこの21世紀も元気にやっていきたいと思っております。
 昨日1日に今年最初の将門Webマガジンを発行しました。243部の配信でした。ただし、「Pubzine」のサービスで購読されている方は、5日に配信します。
 今回は年賀状の印刷で大幅に、このマガジンの発刊が遅くなりました。午後10時台の配信になってしまいました。次号からはちゃんと午前中に届くよう致します。
 それから年賀状は、家族の年賀状を約500通出しただけです。現在は会社の年賀状を印刷しています。本日は神田明神に御参りに出かけますので、全部できあがって、最後の1枚を出せるのは3日昼頃でしょうね。もうパソコン2台とプリンタ2台でやっています。宛名データのチェックがそれこそ大変です。
 昨日の元旦はいいお天気でした。いつもは私の一族が母と兄の家に集まるのですが、昨年末に姪が(兄の娘)マンションを購入したものですから、そこへみんなで集まりました。姪のところは男の子が二人です。私の娘二人、弟の娘一人(もう一人は結婚しまして、しかもその彼は元旦なのに出勤だということです)、そして私たち兄弟3人の夫婦と、そして母と、実に賑やかなことでした。私はひたすら飲んでいただけですが。
 本日天気がいいといいなあ。(01月02日 04時15分)

12020813 本日7時台に配信しました。233部の配信です。

「編集後記」に

  第20号は2000年元旦の発刊予定です。ただし「Pubzine」
  のサービスで購読されている方は、12月25日から1月4日ま
  で、配信サービスがお休みになるために、1月5日にこの19号
  と20号を配信いたします。

と書いたのですが、何故か配信されているようです、。「サービス休止」となっているんですが、本日はまだ違うのかな。(12月25日 08時56分)

12020810 昨日配信しました。231部でした。少しずつ読者が増えて嬉しいです。ただ配信したのが遅くなってしまいました。毎週月曜日会社へ着いて、最初にこのマガジンを読むという方が何人かおいでになるのですが(メールで教えていただきました)、そのような方には申し訳ないことでした。
 それから、本日朝3時頃から風邪をひきました。もう私の風邪のいうのはひきつけを起したような具合になりまして、それはひどいのですが、今は葛根湯を飲んで納まりました。もうしばらく様子を見て出社します。(12月19日 08時08分)

12020708 本日午前7時30分頃に配信しました。218部でした。
「堀雅裕さんの急死の経過 その1」が書いてあります。(12月11日 08時30分)

12020702 本日朝4時30分頃に配信しました。196部でした。
 今回は比較的量が少ないです。このくらいの量なら読みやすいのかなと思っています。昨日文教大学父母会の研修会に参加して帰ってきたばかりでしたので、この号も時間的にきつかったです。(12月04日 06時12分)

12020109 本日午前9時前後に発信しました。167部の配信です。今回は朝5時からやり始めましもので、この時間になってしまいました。次号はちょうど文教大学父母会の研修会がありますから、もっと前もってやらないといけませんね。(11月27日 23時07分)

12020101 本日午前7時代に発信しました。164部の配信です。今回もぎりぎりになってやり始めました。なんだかいつも焦ってやっていますね。毎回毎回、「今度こそ早くからやろう」という気持にはなっているのですが、いつも土曜日にも日曜日にも用が出来てしまい、いつも月曜日の明け方になって、焦り出しています。(11月20日 18時29分)

12013102 昨日朝7時30分前頃に配信しました。161部でした。
 ところが、配信サービスのPubzineは本日早朝に配信されました、理由は判りません。それから私のミスで、まぐまぐの読者の方には、最初本文のないメールを送ってしまし、夕方再度配信しました。申し訳ありません。(11月14日 07時35分)

a459e4b6.jpg さきほど7時30分前に配信しました。158部です。
 今回は私の親友である堀雅裕(ハンドル名激辛庵)さんが3日早朝に突然亡くなりまして、それで、本日朝4時半からマガジンを書き出しました。彼のことを思いながら書いておりました。(11月06日 08時35分)

12012507 さきほど4時30分前にすべて配信しました。154部でした。
 今回は、もう一切何もやっている時間がなくて、しかも日曜日夜遅く帰ってきましたもので、かなり焦りました。もう仕事が詰まっていたのと、それでも毎日飲む必要があったのです。また先々週と同じようの、外で4日飲んでしまいました。
 それから、会社で泊まってずっと仕事しているのですが、もうそれこそパソコンは3台開いてやっています。そして、メールは常時入ってきます。少し疲れるとあちこちのホームページを覗きます。
 それで、ちょっとした掲示板でのバトルを見つけまして、いえ、それは私の「周の掲示板」でもよく言い合いになります人が、またまた揉めています件だったもので、見ていくうちに、私も「これはいわんといかんな」ということがありまして、書き込むと削除されたりしまして「あ、やっぱりやるのかよ」なんてことで、それで、少し頑張りました。もうあれで、ほぼ片がついたでしょう。
 この件も、もっと何かがあったらば、詳細に私のホームページ上で報告します。どうでもいいことではなく、私は大事なことだと思っているからです。
 しかし、きょうは、もうあちこち行きますよ。そして、明日もけっこうあちこち歩きます。雨がふらなければいいなあ。(10月30日 04時59分)

12012311 本日朝4時代に発信しました。今回は151部の購読数です。今回は、とくに21、22日に製作しましたパソコンのことを書いております。
 今回は、このパソコン自作で、22日も事務所に遅くまでいましたもので、このマガジンを作成するのを23日になってからやりだしたものですから、けっこうきつかったです。
 でもどうやら10号まで発刊できました。嬉しいです。(10月23日 23時52分)

12012108 第9号を発信しました。部数を138部としていますが、実際にはもっと増えていましたサービスがありまして全部で142部の発行です。
 どうしても量的に多いかなという感じで、どうしようかなというところです。週2回配信にすればいいのかもしれないけれど、それはけっこうきついです。しばらくは、このままいきましょうか。(10月16日 01時58分)

808ded11.jpg さきほど、マガジンを発信しました。午前2時30分に起き出して(どうにも眠くて昨日の午後10時30分に寝てしまった)やりだす予定が、寝過ごして4時30分に目覚めために、こんなに遅くなりました。それで配信サービスのサイトによって、なんだかトラブルがあったりで、だんだん時間が押してきてしまいました。
 もう週刊なのですから、余裕をもってやれるはずなのですが、書きためておくということができないで、いつもぎりぎりになります。
 この号は137部の配信です。できたら読まれた方は感想を「周の掲示板」にお願いします。(10月09日 09時34分)

11122708 さきほど第7号を発信しました。マガジンには、発行数を110と記しましたが、発信するとメルマガ天国の読者が3人ではなく19人に増えておりまして、全部で126通の配信でした。まぐまぐが62人の購読者数です。やはりメールマガジンを出すのなら、まぐまぐに登録しないと何もなりませんね。(10月02日 02時43分)

12010315 今週は月曜日、火曜日ととても忙しいのです。1日に何社も行く用がありましてもう必死です。
 それから、「将門Webマガジン」で紹介しました「はがきネット」についての話がよく出てきます。電話でも何人もの方とお話しました。
 思えば、葉書という、誰もが見慣れている旧い通信手段に、よくまあ、こんな違う光を与えたものだなと思っています。
 もっと私たちも頭を切り替えないといけないですね。(09月27日 07時40分)

12010328 さきほど4時に、すべて発刊しました。6つのサービスから発行していますから、少し手間がかかります。
 さて、前号から週刊になりまして、その以前の号よりは期間があって、余裕があったはずなのに、私は結局はぎりぎりになって焦ってしまいました。少しづつ書いておこうという気持はありまして、ほんの少しは書いていたのですが、でも、結果は今の今になってしまったわけです。
 昨夜もうこれからやろうかというときに猛烈に眠くなりまして、もう午後10時にベッドに入ってしまいました。でもたぶん目覚めるだろうと思っていましたら、午前1時10分前に目が覚めて、それから少しインターネットを眺めたのちに、猛然とマガジンを書き始めました。
 でも、これでは仕事もありますからね(私はよく真夜中とか、明け方にも仕事をパソコンでやっています)、これではまずいです。今度の号は、もうきょうから少しづつ書いていきましょう。
 それから神田会の会合を10月5日(木)にやります。これから告知のメールとFAXを送ります。
 それから本日は、朝から2社行きまして、昼ごろある会社へまた行きまして、そして午後1時半に、またある会社へいかなくちゃならないな。けっこう時間的にハードになりそうだな。
 やりぬきましょう。(09月25日 04時40分)

120109051f710bc6.jpg 本日4時までに、配信しました。今回は全部で26部でした。まだまだですね。ただもう少し計画的にやらないといけないな。今回も1時30分頃から書き出しまして、それで3時半頃から配信の準備しはじめました。
 ただ、もうメールの形は決っていますから、そこへ埋め込むようなもので、ただただ思うまま書いていくだけで、これは楽です。
 ただ、今回書いたことで、「学習塾進学教室用語集」は、思えば、私は古いから、ちゃんと電話だけでも取材しておかないといけないなと反省しました。
 また調べられましたら、また新しい情報を書いてまいります。
 それから掲示板に書き込めないでこまりました。折金さんへのRESの3分の1で終わっています。
 こんどはやれるかな。(09月18日 04時13分)

12010811 ちょうど昨日のいまごろは、懸命にマガジンの原稿を打っていました。午前2時頃から書き始めまして(それ以前に書いていた文章も少しはあったけれど)、どうやら朝5時半くらいにでき上がって、それから配信にかかろうとしまして、
それで困ったことになりました。

  パソコン・インターネット相談室

に書きましたようなことで、まったく配信できません。それで、それから苦闘が始まりました。最終的にはメールが長すぎるのかな、ということになり、2分割、3分割、4分割しましたが、それでも同じ状態です。
 マガジンを書き終えてから約12時間たちまして、やっと原因がわかりました。メール本文の最初のほうに書いてありました

  「What' new」の  「’」

が問題だったのです。これがあるとトラブルになるようなのです。
 いやはや参りました。こんなことで、足留めをくいました。
 でも何にしろ発刊できました。
 それで、次の第5号からは「週刊」に致します。毎月曜日発刊ということで、前日日曜日夜から月曜日朝までに毎回発信します。
 でもここまでやってみて(創刊準備号含めて、たかが合計8号ですが)、メールマガジンの面白さも少しは判ってきました。それに作るのは、ホームページを作ることよりはずっと楽ですね。いっちゃえば、ただただテキストを打てばいいのです。
 ホームページを作るのには、レイアウトや色を考えたり、「あ、テーブル使うか」なんてことを考えていて、そして実際にHTMLをUPすると、自分のイメージと違うので、またやり直してUPして、それでも気にいらなくて、また直して……………、という作業が続きます。問題は中身なのだからと判ってはいても、それだけに集中できません。
 ところが、メールマガジンだと、形を最初に決めれば、あとは、ただただテキストを打てばいいわけで、テキストの内容だけに集中できます(もっとも今回のように配信での自分のミスによりトラブルもあるが)。
 これで私は、こんな確信をもつに至りました。

  ホームページをうまく運営するのには、メールマガジンは必須
  である。

 だから、今後私の各クライアントにも、これを薦めていきたいなと思っております。(09月16日 04時51分)

 書くのを忘れました。この「将門Webマガジン」を管理発送してくれるのが以下なのですが、

  MARINE NAVI

  ここで、また別なサービスとして「交換バナー」の無料サービスもやっています。私は前には、この「バナー交換」というのがよく理解できませんでした。

  バナーをどこか知らないサイトで出してもらったとしても、効
  果なんかあるかな。第一みず知らずのサイトなんて嫌だな。

という思いでした。そして誰かが私のホームページのバナーをクリックしてくれる確率なんか、限りなく0に近いであろうと思ったものです。
12010506 でも、私は今回、ここのシステムでやってみようと決意しました。今度、私の各クライアントでも、もしやる価値や意義があればやるべきだし、やっても「全く意味ない」ということが判れば、それもまたやる価値はあります。
 でもバナーを作って登録して、各ページにMARINE NAVUの指示通りのHTML文を埋め込んでいまして、サーバーにアップしますと、私の各ページに他のサイトのバナーが掲示されていきます。そのページが少しずつ増えていくのが、なんだか嬉しいのです。ときには、「輸入下着の店」なんていうが出ると、「ちょっとこれは困ったな」なんて一瞬思いましたが、「いやいや、これもあれも、私のウェブと同価値のサイトなんだ」と思い直して、いまでは、全然気になりません、
 私のところのようにテキスト中心のサイトは、こういうさまざまなサイトのバナーがいわば広告塔として置かれていくのは、私にはとても綺麗に思えます。世界に何百億、何千億とあるサイト(統計でも、よく数が確定できないらしいですね)が、こうして、相互に広告宣伝しあうのはいいことだなと私は思い出しました。それが自分のサイトのアクセス向上になるのか否かなんて、「問題ない」とまで思いました。
 ちょうど、昔広告制作の仕事をしていまして、私はほとんどが紙の印刷の広告物(カタログ、チラシ、ポスター、車額等々)や新聞記事下広告の制作だったのですが、少しは、屋外広告もやったものでした。最初は紙ではない、屋外広告に違和感がありまして

  だってな、あの広告物は街をけっして綺麗に見せていないもの
  な

なんて思っていましたが、やがて

  いや、そうじゃない、俺たちがちゃんとやることで、街に調和
  した広告物を作り上げていくことは大事なことなんだ。

と思っていったものでした。それをこのバナー広告とでもいうものに今感じます。自分のサイトの全体のデザインとして捉えていかないといけないのだと今は思っています。
 とはいえ、このバナー交換システムのおかげで確実にアクセスは増えています。それは

  将門Webのアクセス解析

の各解析であきらかです。またMARINE NAVIのホームページでも、自分の各ページへのアクセスが確かめられます。
 それと、今回このバナー交換のために急遽作成したバナーの数々を、できたらみなさん見てください。けっこう苦労したんですよ。フォントもバナーの形状も色も皆違うのですが、私のサイトだということが判るような感じが出せたならということを追及しました。一つ一つは違うのだけれど、でもなにか統一したイメージがわき上がるようなバナー群にしたつもりです。以下でみてください。

  将門Webのリンクについて

 ぜひ見て、感想を「周の掲示板」にお願いします。(09月09日 04時48分)

f1af7562.jpg

 掲示板でも告知しましたが、「将門Webお知らせメール」を第3号より、「将門Webマガジン」と名称を変更します。思えば、私が紙の媒体を出すことなどありえませんから、これこそが私が編集人であり、発行責任者であり、私の出す唯一の媒体になるわけですね。
 それから、このメールマガジンはまだ定期的に発行する自信がないために、「不定期」としますが、1カ月に5回以上の発行をしていくつもりです。こうして宣言しておくと、自分自身へのプレッシャーになりまして、なんとかこれを貫徹しなくては自分の気がすまなくなります。
 私はこの「自分の気がすまない」という気持の持ち方が大好きです。そういうふうにいつも考え生きてきたかと思っております。
 9月1日に創刊号を4名宛てだしまして、7日の第2号は16名でした。今後、購読してくれる方が増えていくのかどうかは、私の努力そのものですね。

 購読の申込は以下のページです。

  将門Webマガジン
  (今現在は、このメルマガは終了しました)

 毎日まだまだ暑いので、暑いのが嫌いな私はまいっています。はやく人肌の燗酒の旨い季節になってほしいものです。(09月09日 04時13分)

↑このページのトップヘ