11070803  この人物は生年月日は分かっていません。亡くなったのは、1351年3月24日(正平6年/観応2年2月26日)と言われています。
 この画像は、長年足利尊氏だといわれてきました。しかし今では高師直だと言われています。実際に、この像の真上には尊氏の息子の義詮が花押(かおう)が記してあり、自分の父親の像に上には、記さないので、これは尊氏ではありません。だが、かなりな人物であるわけで、今では高師直か、その息子ではないかと言われています。私はこの絵は昔から好きでしたが、やはり高師直であろうと思っています。
 それでは尊氏といえば、今まで平重盛の像と言われていた次の像です。11070804昨日書いた、足利直義の像と一緒に兄弟で並んでいるわけです。
「この頃都に流行るもの・・・」という「二条河原の落書」がこのとき都に書かれました。この落書の世相がこの高師直の時代だと思われます。
 また『仮名手本忠臣蔵』は、実際の江戸時代の元禄の時代ではなく、この時代になっており、浅野内匠頭長矩が塩冶判官、吉良上野介義央を高師直としています。ただ、このことはまた別に書いていく気でいます。
 ただ私には、この最初の像に見られるような高師直が好きであり、この時代を自分の思うまま駆けていたという気持ちがするのです。(2011.07.09)