将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:小さな政府

 日経新聞でこの活字を見たとき、声をあげてしまいました。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGU0800Y_Y3A400C1MM8000/?dg=113040903
   サッチャー元英首相死去 「鉄の女」小さな政府推進
「鉄の女」と呼ばれ1979年から11年間、英国の首相を務めたマーガレット・サッチャー氏が8日、脳卒中のため死去した。87歳。強い指導力で国営企業の民営化や規制緩和を進め、英国経済を復活に導いた。「小さな政府」の下で経済の自由化を実現する政策はサッチャリズムと評され、他の先進国の経済改革に大きな影響を与えた。

 もう時間だけは誰にも容赦なく迫るのですね。このマーガレット・サッチャー氏の「小さな政府」というのが、どこででも言われていたものでした。そもそも政治をやる政府なんか小さくていいのです。だがそれは同時に強い政府、強力な国家政府でなければなりません。
 それが一番現れていたのが、1982年のアルゼンチン軍事政権とのとのフォークランド紛争でした。
 小さいけれど強い国家・政府というのを実現できていた政治家だったと思います。合掌します。

10070701 蜘蛛業ニュースさとう で私は次のように書いてしまいました。

何でも東京都に立候補している人で、小さな政府を目指す人は皆無だということで、

これは間違いです。ちゃんと調べましたら、東京都に立候補している方で、

「社会福祉など政府のサービスが悪くなっても、お金のかからない小さな政府の方が良い」という意見に賛成ですか、反対ですか。

という設問に、「どちらかと言えば賛成」という方が4名いました。この中の一人に私は投票いたします。
 立法府にしろ、行政府にしろ、私はとにかく小さくしてほしいです。国会も今の三分の一は定員を削除し、役人も三分の一は減らしてほしいです。それができなきゃ、もうどうしようもありません。
 今回立候補している人は、もう大部分が大きな政府を目指しているどうしようもない人ばかりです。
 小さい政府にしようという政治家は小泉純一郎で終わっちゃったのかなあ。

↑このページのトップヘ