将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:小道のおばちゃん

62524772.jpg

 私の 周の掲示板 に再びterryさんから、以下の書込をいただきました。

自分は北浦和西口駅前のちいさな 投稿者:terry  投稿日:2009年10月19日(月)18時41分15秒

本屋の息子でした。ですから多分埼玉大であれば何度かお立ち寄り頂きいや自分の手で本を周さんに手渡してるかも・・・自分も渡の映画を地でいったような少年期から早くにいいかみさんに恵まれ堅気になってはや40年です。と云いましても別にやくざになった訳ではありませんが世間的には同じくとらえられています愚連隊の端くれでした。
もう時効ですから何でも云えますが切った張ったは日常茶飯事でやくざと警察の両方が相手でありました。そんな自分も今では周さんと同じように孫に囲まれ幸せを満喫しています。
梅辰さんの不良番長よろしくオートバイの世界も格闘技どうように親の血を引き深みにはまり無頼の世界と同じように先に霞の彼方へ飛翔していった友の顔が忘れられません。
自分はそんなオートバイを商売にして現在に至ります。
www.tomboy.co.jpお暇なときに覘いてください。商売は全く抜きで関わっておりますが・・・ではまたとりとめもない話で失礼しました。終わりのほうですいませんがレスありがとうございました。
自分も店のHPの中のブログ書いておりますが唯我独尊のスタイルです。

 まず、私が掲示板のほうでレス致しましたように、terryさんは、私よりも年下の方でした、申し訳ありません。還暦というのは、私は今年ではなく、昨年のことでした。
 それで、北浦和駅前の本屋というと、私は一軒の本屋さんしか思い浮かびません。もちろん、私は何度かあの本屋さんでも買ったことがあります。ほぼ雑誌を買うことが多かったかなあ。
 それで以下のURLはすぐに拝見しました。

   http://www.tomboy.co.jp/ バイクショップTOMBOY

 それで、以下のブログも書かれていることを知りました。

   http://blog.livedoor.jp/terry4989/ とんぼい

 ホームページも読みました。そしてブログもいくつか読みました。
 こうして渡哲也さんの映画を好きな方がインターネットでブログも書かれているというのはいいですね。感激です。
 思い出せば、北浦和というのは、少し不思儀ですね。お隣の浦和駅も与野駅も各飲み屋にもヤクザさんが出入りしていますが、北浦和はいわば無縁な感じですね。
 あ、そういえば、北浦和の「小道」という飲食店がありましたね。もう随分前からお店は止められています。あそこの店のおばちゃんが亡くなられました。
 以下にそのことをUP(2月7日、8日)してあります。

   本日13:00より、小道のおばちゃんのお葬式です
   昨日電車の中と葬儀場で書いていました

 でもちょうど、昨日この小道のおばちゃんの娘さんの和ちゃんから、演劇のお誘いのお手紙をいただいていました。またここにUPいたします。

 とにかく、terryさん、ありがとうございました。

続きを読む

1cf3f560.jpg

2009/02/07 11:47今北浦和に向かっています。小道のおばちゃんの葬式です。いくつものことを思い出しています。もうあの時代から、遙かな時間がたちました。
 きょうは、長女家族4人と私たち夫婦で、買い物にいくつもりでした。でもそれは、無理になりました。私が60歳ですから、あの時代から40年が過ぎているのですね。
2009/02/07 11:55でもでも、いくつもの懐かしい思い出の中で、いままたいくつものことが甦ります。小道のおばちゃんと最後に会ったのはいつのことだったでしょうか。
2009/02/07 12:43今葬儀会場に入りました。おばちゃんの遺影の写真を見て、ただただ懐かしく思い出します。もう、遠い遠い日なんですね。
 北浦和から葬儀会場まで歩いてきました。懐かしく思い出されることばかりです。路がバス代値上げ阻止闘争(1967、8年)の頃はまだなかった道です。

 そして以下も書いているのですが、多分帰りの電車の中でしょう。

 あ、でも、違うんだ。鎌倉行きたいな。いつも飲んでいるなあ。

続きを読む

↑このページのトップヘ