将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:小野博雄

DSCN6346_convert_20110713204057  友人の小野さんが、亡くなりまして、その小野さんの友人のブログのUPを眺めていました。浮雲日記というブログです。私のこのブログでもサイドバーでリンクしています。

少し前に気付いたこと。
知っている人の「声」っていつでも、はっきり明確に思いだせるということ。

 これは実によく分かります。そうなんだよな、という思いですね。この彼女も小野さんも広告研究会というサークルだったそうです。
 私も信じられないくらい、たくさんの業界で、たくさんの職業に就きましたが、この広告の世界もけっこう体験したものです。思い出せば私は「General Producer」という名刺を持っていたものでした。いつも広告作成の世界でも常に詩吟をやるのだから、プロジューサーも何もないよね。
 とにかく、毎日二日酔いの世界ばかりでした。

昨日は「AD白木屋」でしたよ。誰かが「30人でおさえたから」って知らぬ土地とは思えぬ神業で大移動、結局30じゃ無理で40名くらい集結。
もう、まるでデ・ジャ・ヴ。やぎさんの不在以外は。

 ああ、私もそこでお喋りもしたかったな。

これは今日の午後見上げた空の写真です。真っ青な空。
観測史上まれに見る早い梅雨明けになったのは、やぎさんのせいだと思っています。鬱陶しい雨なんか勘弁してよって。ぴーかんでなくちゃね、って。

  私もこの小野さんの友人のサイトの青い画像をしばし、見つめました。もう会うことは永遠にないのですね。あ、勝手に私のサイトでここでUPしていましました。もし駄目ということなら、削除いたします。
 思えば、私の友人では、これはクライアント含めてそうなのですが、私がいくらブログを薦めてみても、ツイッターでも同じでした。やってはくれないのです。私よりも随分年下の人でも同じなのです。そんな友人ばかりでしたが、小野さんは違いました。ツイッターは私よりも数ヶ月早くやっていました。
 仕方ないよなあ、とつくづく思います。

11071207 昨日のお通夜での小野さんのご遺体の顔を思い出します。哀しいな。

2011/07/13 08:05「おひさま」を見ています。いいドラマですね。
 なんだか、またこのドラマの内容に涙を流しています。いいドラマですね。
2011/07/13 10:05「ちい散歩」を見ています。代々木上原は、私がかなり通った(私が役員をやっている会社がありました)ところですが、東北沢も私は1969年の9月20日から30日までのうち3日間か5日くらい居たことがあります。懐かしいな。
2011/07/13 11:43昨日お通夜に行きました友人のことを思います。小野博雄(旧姓柳下)さんは、まだ47歳という若さでした。なんだか悲しいばかりです。思えば彼と出会ったときは32、3歳くらいだったのですね。彼は最初から、神田会の会員だったのです。
2011/07/13 14:49どうしても昨日のお通夜での彼の遺体のお顔を思い出します。もう会えないのですね。

 なんか、こうして私よりもはるかに若い友人が亡くなると、私のような存在がこのままのうのうと生きていることが嫌になります。

↑このページのトップヘ