e896ce2c.jpg

 周の『独楽吟のススメ』の38破茶さんから、次のコメントをいただきました。

1. Posted by 破茶    2008年03月05日 21:01
頭が下がります。私の独楽吟について コメントを書いていただけて 本当に嬉しく思います。
自分で作った独楽吟への 周さんからのコメントを読むのも最近の楽しみの一つです。三線ですか!良いですねぇ!
尺八の音も素敵ですよね!
詩吟には必要ですね!私もがんばらなきゃ!三味線。
民謡は最近賞をもらえるようになって ようやくその良さがわかって来ました。18年目にして・・・・。
では、また!

 えッ、私のコメントで「嬉しく思う」なんて、それは誉めすぎです。いや、実は長年破茶さんの短歌は、私は全然判らなくて、それでもう「エイヤッ」とばかりこうして書き始めたものです。いわばずるいやり方なのですが、でもね、私には短歌というのは、はるかに遠いものなのです。

 三線はね、私の二人の娘がやっています。奄美の三線です。これがもう半端なものじゃなくてね(いえ、私は音楽のことは判らないのです。ようするに機器の値段しか判らない)、ただただ驚きます。あるところで、三線が売られているところに出会いまして、次女はそれを手にとってひいて、そのあと、そこをただ去ってから、私が聞きますと、もう「全然音の合ってない三線」だそうで、買ったら駄目だそうです。
 私の弟は、実は尺八はもう100くらい持っています。詩吟の関係で伴奏に行くときは(実は私の流派だけでなく、いろいろなところへ出かけています)、いつも10本くらいの尺八を持っていきます。どんな人の詩吟の音にも合わせているのです。昔、詩吟の会で、偉い尺八の先生が来ますと、ときどき若い女性なんかに、「キミ、そんな高い声で詠われたら、音が合わせられないよ」なんて文句を言っていたものでしたが、弟は前回その演者も音が何本かをメモをしていて、そして現実には、その場で、「前のときには、○本でしたが、もう一回やってみてください」と、よく相手に合わせてくれます。だから、詠う人がやりやすいのです。
 あ、そういえば、弟も、ある都市の楽器屋へ行きまして、そこにある尺八をすべて出してもらって、すべて吹いてみましたが、一つも(ただの一本も)音の合っているものがなかったそうです。
 弟は尺八を、鉄パイプでも作るのですよ。そうですね、それに弟の彼女奥さんは、箏をひくのです。だから学生の頃知ったころはいつでも箏を持っていたものです。この奥さんがね、今も銀行で週に半分は働いているのですが、その他はディズニーランドで働いていて、そこでレストランのウェイトレスとして頑張っているのですよ。彼女は、私より2歳年下ですが、普通には40台前半か30台後半にしか見られない女性なのです。
 この弟には、二人の娘がいまして、とにかく面白いのです。彼女たちにも、私はいいおじさんのはずなんだけれどなあ。

続きを読む