15081901
 私は「私萩原のハンコ」で書きましたように、「萩原のハンコ」と自分の家の家紋の「下がり藤のハンコ」を常時持参しています。私の亡くなりました兄莞爾は、常に着物で歩いていましたが(兄は栖山流吟道会の宗家でもありました)、だから家紋の下がり藤は常に身につけていました。ただ私ですとそういうわけにはいきませんので、こうしてハンコで家紋を示すしかないのです。そしてこれを常時もって歩いているのです。
 昔左翼の過激派だったときには、常に着物で歩いていたわけですが、今はそうはいきません。それでこんなことになっているのです。