a1963af2.jpg

 一番の根本に来るのは、今日問題にされた「現在の情況において、どうすれば少しでも公共的な方策に自意識を持ち出すことができるのか」ということで、情況の問題としては、それが非常に大きいなんじゃないでしょうか。あらゆる面でそうじゃないかなという気がするんですね。自意識の問題ということを主題にすれば、文学や芸術みたいな自意識のほうが主体だという分野の問題から、社会的な設備とか人間関係とか方針とか、そういう問題まで含めて、そこのところがいちばん根本的で、現在のいちばん大きな問題じゃないかと思います。(「よせやぃ。」『時代の自意識について───第五回座談会』)

 このことが大きな問題だというのは実に理解できるわけです。ことはそれに対して、どう応えていくのかということは一番の課題だと思われます。だが、もちろん私にはその答えは簡単に出すことはできません。だが、このことを常に自らが答えていくべきことなんだという気持を持ち続けて行こうと考えています。

続きを読む