将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:幸福の王子

14102701
この将門Webのサイドバーに「日本キリスト教団王子教会」のバナーが置いてあります。私はここの「こころの友第2047号」で、これを知り、買い求めてこうして今書いています。
 前々から知っている話ですが、どうしても読んで涙にくれてしまいます。
 私はキリスト教の信仰なんてまったくないわけですが、この王子とつばめの振る舞いにはどうしても涙になってしまうのです。
 私はこれを読んだ10月23日にこの絵本の表紙と裏表紙をデジカメで撮りまして、この将門Webに掲げました。

書 名 幸福の王子
著 者(原作)オスカー・ワイルド
    (作) ジェーン・レイ
訳 者 木原悦子
発行所 日本キリスト教出版局
読了日 2014年10月23日

 ここにこの本から4枚の画像を撮りました。14102702
 最後のページで神がいいます。
「この町でもっともとうといものを二つ、もってきなさい。」神様が天使のひとりに申しつけました。すると天使は、なまりの心臓と、ツバメの死体を神様のもとにもってきました。

「正しいものをえらんだ」と、神さまはおっしゃいました。
「私の楽園で、この小さな鳥は永遠にさえずりつづけるであろう。そして『幸福の王子』は永遠に生き続けるのだ。」

14102703
 私は昨日ばあばに言いました。「キリスト教の神もアラーの神もユダヤの神もみんな同じ神(これは本当に同じ神です)なのだ。ギリシア神話や日本の天照大神とは大きく違うけれど」。
 でもオスカー・ワイルド(これはジェーン・レイの作かなあ)が描く神は大きく違います。神も学んでいるような感じがします(イスラム教でもユダヤ教でもこれは決して認めないだろうけれど)。この王子とツバメから神も学んでいる気が私にはするのです。
14102704
 私は実にいい絵本を読みました。

14101809
14102006
 私は18日(土)にこの画像を見ていました。それでこの物語の作者オスカー・ワイルドが私に甦えってきたのです。それでインターネットで見てみました。アイルランドの作家で私は「幸福の王子」を思い出していました。
 自分の国に帰りたかった一羽のつばめがある街に建っていた「幸福の王子」の像に呼びかけられてその言うことをやります。でも王子はさらにつばめに頼みごとを続け、その頼みを聞き続けるうちに、寒い冬はますます迫って、とうとうつばめは死んでしまうのです。その頼みは、いろいろな人々に王子をまとっているさまざまな宝石や金を届けることでした。それにより、この王子は目も見えなくなり(目の宝石もあげてしまったから)、服の金もあげてしまって、みすぼらしい姿になり、何度もこの王子の願いを聞いたつばめは冬の寒さでなくなってしまい、この王子の像は倒されてしまうのです。
 でもその倒れた王子の像には笑顔があり、すぐそばには亡くなったつばめがいたのです。
 私はこの物語の思い出し、涙があふれました。たった今もそうなのです。
1410200114102002
1410200314102004

↑このページのトップヘ