aa8be5af.jpg

 学校で習ったことは、どうせ役には立たないんですから。これは大学も同じで、僕の経験でも、何かを考えたというのは役にたつけれど、授業そのものは何の役にも立たない。受験には役にたっても、そのほかには何の役にも立たないですね。会社にでも勤めればすぐわかりますけれど、それぞれ会社固有のやり方があって、そこから始めるよりしようがない。学校で教わったことなんて発揮できないという要素のほうが多いから、親から「いい先生」と言われるような先生にならないほうがいいんじゃないですか。僕はそう思いますね。
(「よせやぃ。」『自意識について───第三回座談会』)

 私の思い出の中には、「いい先生だった」と言える人はいないです。いやそれぞれ、みんな「いい先生」だったのだろうが、でもほぼ記憶に残るような思い出はないと言えます。そうですね。今もこれだけのことを話してくれる吉本さんが、私にはとてつもなくいい先生であり、もう忘れることのできない先生です。

続きを読む