将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:忘年会

1112121211121213  今は16時51分です。赤羽の「浦和会」の忘年会の会場にいます。まだ飲んでいません。

  上は昨日「浦和会」で書いていたものです。これを書いた直後野村さんが来ました。

   さらに今日12日になってしまいました。10日と11日もUPしていなかったものです。 このIS01では書くのもUPするのも楽なのですが、量が書けないことだけはだめですね。それがどうしても不満です。
  だからまだまだパソコンを利用しないと駄目ですね。
  今NHKでケータイゲームのグリーのことをやっていましたが、
  私はこのゲームがまったく駄目です。好きじゃないんだよなあ。仕方ないのですね。

4621bb2a.jpg「カーネーション」を見始めました。また私は涙になってしまいます。やっぱりあの戦争を許すことはできません。

 今は昼になりました。NHKの「生活笑百科」を見ています。これを見始めて、もうどのくらいになるでしょうか。なんかずうっと見ている思いがしますね。

  今は赤羽に向かっています。「浦和会」の忘年会なのです。妻に絶対に迷惑をかけぬように、飲み過ぎることを戒めます。
  今店に入りました。まだ私が最初です。

11081702 なんだか会社に3日目の泊まりになってしまいました。もっとも1日目は悪友がきまして、結果としてゴールデン街で飲んでしまいましたが。なんだかたくさん、述べたいことがあるんですが、やはり仕事を優先しなければなりません。
 毎年のことですが、11月が忙しくて、12月に入ったら落ち着けるかなと思っていると、12月はまためちゃくちゃ忙しくなるのですね。それに忘年会もそれこそたくさん出てきますし。
 でも24日ゴールデン街はけっこうにぎやかな感じでした。やっぱり飲屋街は静かなのより、ざわざわしていたほうがいいなあ。(11/26/98 20:59:31)

10111806 11月18日の23:57に届いていた破茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2010/11/18 【No.2037】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 寒さに震える わが犬の セーターを着て 元気になる時

ミニチュアダックスなのですが 毛が短い上にやせぎすでどうも風邪を引いたらしい。朝は元気が無くて心配しましたが 仕事から帰ってきたらセーターを着てうれしそうに元気を取り戻していました。

 私もけっこう寒さがつらい歳になりました。今後ますますそうなっていくのかなあ。

たのしみは 県人会の 忘年会 参加の返事 増えてくる時

世話役をしているので 参加の葉書が来るのは楽しみです。忘年会ももうじきです。
 
 忘年会なんて、昨年は2つだけだったなあ。今年はどうなるのだろう。

72b64669.jpg

 本日06:00に届いていたHA茶さんの『独楽吟のススメ』です。

「2008/12/11 【No.1751】わたしの独楽吟(どくらくぎん)」を読んでの周の感想。

たのしみは 時間が無くて 義理を欠き それでも怒らぬ 友のいる時

メールが来てもお返事が滞りがち、本当にごめんなさい。

 たしかに私もケータイメールをもらっても、見ていることがないときが続き、あとで随分経ってから返事をしていることが多々あります。「本当にごめんなさい」です。

たのしみは 2ヶ月ぶりの カラオケ会 忘年会を 兼ねると知る時

今度のカラオケ会は12月なのでちょっとリッチなご馳走にするのだそうです。たのしみです。

 もう忘年会の季節ですね。とにかく、1年の経つのはこんなに速いのですね。

たのしみは 冬のお仕事 肌管理 風呂から上がり クリーム塗る時

冬は 肌が乾燥してかゆくなります。全身にクリームを塗る作業は自分が女だと自覚する良い機会です。できるだけ若々しくありたいものです。

 できるだけ若々しくというのは大切なことですね。私も歳をとりすぎな気がしています。

続きを読む

0762ff31.jpg 昨日の忘年会に、私の以下の文書を提出しました。でもやっぱり飲んで記憶がないなあ。ただし、出しましたのは、A42枚にプリントしたものです。
 そして以下固有名詞等は、別に変えてあります。

  ****************************
   プロジェクト猪の皆さまへ
            萩原周二よりの個人的情報発信
                          2008年12月6日
                   私の住所・メール、スカイプ名等々

 私はもう今は大変に酒が弱くなり、数年前からよく飲みに行く千駄木『浅野』のマスターから、もうビール1本、日本酒3本と決められるようになりまして、最初はそれが不満だった私も、今ではそれをどこでも守るようにしています。
 ただ毎日の晩酌はかかしません。今住んでおります、北区の王子北口の「藤や酒店」で、実にいいお酒を手にいれて、これで毎日です。ほぼ3日で一本がなくなります。だから思えば昔のようには大量には飲んでいない私です。
 以下、また酒が入ると、間違いなく記憶がなくなるので、だからこうして文書を提示いたします。

1.私はほぼ王子で生活しています
 義母の介護で、2006年1月9日よりほぼ、王子の妻の実家にいます。そ
して今年の3月末で、我孫子の自宅も引き払いました。仕事上の事務所も、すべてこの王子です。

2.私は今孫が二人です。
 昨年1月3日、長女に、私の初孫○○○(ハンドル名ポコ汰)が生まれ、今年8月2日に同じく長女に女の子が生まれました。○○(ハンドル名ポニョ)は生まれました。次女にも来年にはきっと…と期待しています。
 このポコ汰に赤ふんをさせて、私と一緒に温泉に行けるのが夢です。ただし、長女は、「赤ふんなんか絶対にさせない」と言い張っています。
 この長女が今年8月に、自宅を私の家から自転車で10分のところに建てまして、私はなんやかやと理由をつけて訪れているところです。娘二人の友人や同僚ともけっこう知り合いになっています。

3.ケータイメールで連絡とりましょう
 もう私の場合は、家族親族からも親しい友人もすべてケータイメールで連絡を取っています。生活上も、仕事も、もうすべてケータイメールです。これのほうが便利なのですね。電車の中でもどこでもこれで連絡できます。
 ケータイだと出られないことがあります(電車の中は無理ですね)。でもケータイメールですと、どこででも使えます。

4.グーグルメールも使っています
 メールはもうGメールばかりです。以前のPOPメールもすべてこのGメールに転送しています。POPメールは95%がスパムメールばかりですが、このGメールに転送することで、すべてスパムは排除してくれます。
 ケータイメールですまない詳しいメールは、これですべて出しています。

5.スカイプでお話しましょう
 もうケータイメールですべてすましているわけですが、でも実際に声で電話で話したいこともあります。そんなときに、スカイプを使っています。
 スカイプ同士は何時間喋っても、無料です。そしてスカイプは普通の電話にもケータイにもかけられます、受けられます。そして電話代は、それぞれよりわずかに安いです(5%くらいかな)。
 それからチャットが今は100人でできます。これがメール替わりに使えるのですね。実に便利ですよ。
 私はこのスカイプのケータイも常時持っています。これでヨーロッパのアルプスの山の上のどこかの山小屋からかけてくる人もいますよ。
 ただし、やたらに中国人の方からもかかってきますので、もうスカイプ名はオープンにはしていません。

6.和紙で手紙もよく出しています。
 前にもよく手紙も出していましたが、今年の1月31日から、私的な手紙はA4の和紙にプリントするようになりました。昨日12月5日で589通を出しています。みな長3の窓開き封筒で、綺麗なシールで封じて、記念切手を貼って出しています。
 いえ私は1969年には東大闘争で逮捕起訴されて、保釈後も芝浦工大事件で逮捕されていて、それででもこの年ももかなりな数の手紙(ある女性に200通出しています)を出しているのですが、あのときには、私の汚い字での手紙でした。今はちゃんとパソコンで打てて、綺麗な和紙にプリントしているのです。毎回和紙の種類も切手もシールも違うもので出しています。

7.私のホームページ
 私のホームページは、以下のブログです。

   http://shomon.livedoor.biz/  将門Web(ブログ将門)

 ただし、前からの以下のホームページもあります。こちらがドメインをとっているのですね。

   http://shomon.net/  将門Web

 ただ、もうブログのほうが毎日更新しています。一日平均5つ以上のUPをしています。UP数は、もう6,000を超えました。ただし、以前のホームページにUPされているものも数多いので、これを一緒のホームページにするのは、実に至難のことです。

8.メルマガ「マガジン将門」 私が毎週月曜日発行しています

   http://shomon.net/osirase.htm  マガジン将門

が、来週月曜日8日で、第437号になります。これはかなりな量のメルマガです。

 以上まだ書きたいことも、書くべきこともあるのですが、それはまたここで
お話していきましょう。

続きを読む

2084f051.jpg 私がみなさんに配布しました文書を次に載せます。
 あ、私は詩吟は二つやりましたよ。
続きを読む

↑このページのトップヘ