8ad06208.jpg

 周はたくさんの恋をしてきたつもりでいます。「初恋」というようなことを意識したのは、小学校3年9歳のときのことです。そのとき好きになった少女のことが、そののちの私の生涯でも、ずっと大きな存在を占めてきました。
 このあともたくさんの恋をしました。中学2年のときに好きになった少女のことをずっと大学生になっても好きでした。そして大学2年のときに出会った少女とは、当時の激しい政治情況の中で、私もまた激しく恋をしました。刑務所に面会に来てもらったり、別にまた逮捕されたときには、接見禁止の中、たくさんの本を差し入れてもらったりしたものでした。この子とは大学を出たあともずっと双方の家族含めてつき合いがあったのですが、その後別れてしまうことになってしまいました。このことは、今でも、なんだか心の中で重いしこりのようなものになっています。
 そんな私の恋の思い出を書いているのがこの部屋です。
 ただ、なんとなく羞しく、どうしても書けない思いだけだったのですが、今やはり書いていこうと強く決意しました。
 たくさんのことを思い出します。今後、とにかく書いてまいります。(2004.07.05)

   http://shomon.net/garakuta/koi.htm  周の恋の話

 もう孫のいる私です。なんだか羞しいなという思いのまま、いろいろな思い出を書けないままになってしまっています。
 上に少し書いております私の3つの恋の思い出はなかなか書き出せません。それで思うのですが、それ以外のいくつものことを少しづつ書いていきたいと思っています。そうしていく中で、また書き進むことができるはずです。
 そうしないと、いつまでも中途半端なままだなと反省しております。

続きを読む