将門Web

周が日々仕事であちこち歩いたり、友人や家族と話した中で感じたことを発信しています。

Tag:我孫子湖北の正泉寺

14102103
 私の兄莞爾の今日は一周忌で、我孫子湖北の正泉寺へ行きます。私の家族10名で行くつもりだったのですが、ポコ汰が小学校で用事があり、ブルータスも用ができて、正泉寺には、私とばあばだけで、おはぎとポニョ、ポポは柏の食事の場に参加します。
 ここでは、もっと大勢が参加してくれます。私はここに掲げたタオルを5人の女の子(一人は男の子なのです)たちにプレゼントします(もうほかの人で前にあげている子もいますが)。
 それに全員にチョコレートを持って行きます。プレゼントしないのは私だけです。不届きなことに私はチョコレートを口に入れるのは嫌いなのです。
 こうしてみんなに会えることは嬉しいです。ただその嬉しいことが兄の一周忌であることはつらいです。哀しいです。

13121104
 今日は10時頃の出発です。

2013/12/15 05:13今日は我孫子湖北の正泉寺へ行きます。兄莞爾の49日なのです。
2013/12/15 05:41今左のデューロカーゴの中にIS01がないことに気がつき焦っています。どこにもないのですね。困りました。電車の中でもUPできるのはこのIS01なのです。今困り果てています。もう今日はこのポメラで書いていくしかないなあ。
 このポメラなら、電池も持参していますから、安心なのです。でも正泉寺でも将門WebにUPはできないのです。ここ王子に帰って、そのポメラで書いたものをUPするしかないのです。電源のないところを歩くにはけっこう大変です。
 IS01は「周のIS01ブログ」として将門Webの中では一番多いUP数なのですが、困りましたね。
2013/12/15 06:09今ひょっとしたらおはぎの家にあるかもしれないなあ、と気がつきました。でも今は電話できないから、私が正泉寺に行く時に電車の中からケータイメールしてみます。
 7時近くなりましたら、近くのセブンイレブンへ行きます。チョコレートを4つ買うのです。今日義姉・弟・姪二人の家族に渡すのです。そしてあとである送るもので、勘弁してもらいます。それが今日は間に合わないのです。
2013/12/15 06:53今セブンイレブンへ行ってきました。予定していたチョコがなかったので、少し焦ってでも少し違うチョコレートを買いました。
「はやく起きた朝は…」を見ていました。この三人はいいなあ。


 8時過ぎたら、おはぎにケータイメールします。上に書いたよりも早くなりました。

12081319 当初は、皆でミツ君の家族5人と妻と私の合計7人でミツ君の運転する車で我孫子湖北の正泉寺(しょうせんじ)までいくつもりでした。出発は御前11時で、正泉寺で12時に義姉と会う予定でした。
 でもポコ汰がお熱が出たということで、私と妻は二人で上中里のおはぎの家へ行きました。ポコ汰の身体の具合も知りたかったのです。
 それで、ミツ君がポコ汰のそばにいることで、妻と私、おはぎ、ポニョ、ポポの5人で電車で出かけました。まだ小さいポポは、ベビーカーに乗せます。10時30分に出発です。心配なポコ汰をもうおはぎママは病院へ連れて行ったそうでした。
 常磐線に乗ると、とにかくポポは元気いっぱいです。
 これで常磐線天王台駅から、タクシーで正泉寺まで行きます。ちょうど約束の12時に義姉と会えました。
 それで父母の墓へ行きまして、ポニョ・ポポも「まんまんちゃ」と手を合わせます。この日は他にも大勢の方がお墓参りにいらしていました。
 そのあと、タクシーで、我孫子の東口の六号線沿いのデニーズへ行きます。ここには、私の兄が来て、姪のみーねえ、その姪の二人の息子、ユウヤ君とレイ君が来ます。二人はポコ汰に会いたかったのですが、ポニョ・ポポにもはとこ同士で会うのです。
 でもポコ汰なら5歳で来年は小学生ですが、ポポではまだ2歳で、ポニョはまだ3歳です。でももう二人は大活躍です。私がポニョに買物をしてあげると、今度はポポもお母さんに買ってもらっています。本当に私は甘いじいじです。
 そしてそのあと、兄の家まで歩いて行きました。そこで、でもポポは眠りだし、でもポニョお姉ちゃんはちゃんと歩いています。
12081326 そこで、もう義姉は父母を迎える向か火を用意しています。もう私の兄は、何もやりません。でも娘おはぎが言うのには、兄と私は顔が似ているそうです。本当に迷惑な話です。
 でもポポもポニョもここでいっぱい面白かったのじゃないかなあ。
 このあと、我孫子駅までタクシーで行きまして、また常磐線で5人で帰りました。
 いつもみんなに遅れ勝ちのじいじの私でした。
 また上中里のおはぎの家に行きましたら、留守番でいました、ポコ汰を見て私もみんな安心しました。

 上の写真は正泉寺です。次の絵は、親父が好きでした山下清の版画です。鹿児島に居たころ、私の父が手に入れていました。

12081306 なんとなく、こうしてポメラで書いているのも、自分に「もっとしっかりしなくちゃ」と言い聞かせるばかりです。

2012/08/12 12:04もう12時を過ぎました。
2012/08/12 12:34今TBSで奈美悦子さんを見ています。会話を聞いていて、実にいいですね。
2012/08/12 17:08今テレビを見ています。北ケーブルテレビです。もうテレビの前で冷房でどうやら過ごせます。
 明日私の父母の墓参りに行きます。我孫子湖北の正泉寺です。この正泉寺の正門で12時の待ち合わせです。明日ミツ君の車で全員で7名で揃って行きます。兄家族5人です。
 私の次女ブルータス家族3人(あとじゅにとナオキ君)と私の弟マサシ家族7人は参加できません。
2012/08/12 17:43今「笑点」を見ています。
2012/08/12 18:12「ちびまる子ちゃん」を見ています。やっぱりこの作品はいいですね。
12081307 私はこのさくらももこの作品(マンガではなく)で、よしもとばななが家に来るところがいつも何度でも思いだし、笑っています。いや私は笑うだけでなく、涙も流してしまうのですね。
2012/08/12 18:46「サザエさん」を見ていて、でも番組を変えました。「サザエさん」はどう見ても中身が古すぎます。

「サザエさん」は、見てしまいますが、でもチャンネルを変えちゃったのです。

12032013 私はここの書いたケータイメールで「書き言葉」をしっかり学んでいくことは大事なことだと思っています。

2012/03/21 07:33昨日私の父母の墓参りに我孫子湖北の正泉寺へ行ってきました。私の義姉と天王台で会いまして、タクシーで正泉寺まで行きました。
 正泉寺は住職が昨年亡くなりまして、もともとは戦争であのお寺を継ぐことになったということで、昨年そのもともとの住職の息子さんが継ぎました。義姉と妻はその住職さんに会われたようですが(お花を買いに、お寺に入りまして、私はその間は、デジカメで撮っていました)、今後はお会いすることもあるでしょう。12032014
 私は昨年6月に、私の孫じゅにの手術の直前で、私の父母に、「私の孫を見守ってください」と知らせに行きました。お墓の前で、私の父と母に告げたとき、私は父から、「なんでもっと早く教えにこないんだ」と怒られている気がしました。母がそばで、「お父さん、そんなことを今言ったって」と父に言ってくれている気がしました。
 父と母の二人の性格をそのときよく分かった気がします。二人とも、私の孫じゅにのことを、しっかりと守ってくれたのです。
2012/03/21 07:56もうすぐ「カーネーション」を見まして、それからいくつものことをやります。
 明日は暖かくなるようですね。昨日も実に暖かい日でした。こうして暖かくなるのは嬉しいです。12032015
「カーネーション」を見られるのはいいなあ。
 また私はこのドラマで涙を流しています。どうしても涙が流れるのです。
 どうしてもまた涙になっている私なのです。 
2012/03/21 10:43今吉田医院へ行ってきました。そのあとの薬局にも行きました。実は昨日いくつもりでいたのですが、昨日になって、「あ、今日は祝日じゃないか」と気がついたものでした。
 昨日我孫子の義姉の家(もちろん私の兄の家ですが)へ行きまして、気がついたことがあります。『「書き言葉」と「話し言葉」』ということで、私はじゅにを見舞いに行っていたときに、いわばいいことを学びました。
 私はじゅにのところへ行くたびに帰りの京葉線で(最初は鎌取のベンチで書き始めますから房総東線から)、自分のケータイで、妻・長女おはぎ・ミツ君にケータイメールを書き始めていました。私は当初自分ではちゃんと書いているつもりでした。でもおはぎから、「パパの言っていることはさっぱり分からない。意味がない」というようなことを言われて、もっと具体的に噛み砕くように書くようになりました。12032016
 それでも私は何度も自分の書いている言葉が相手に理解されるように、病気のじゅにの状態を明確に理解できるように必死になったものでした。このことは、私には実にいいことでした。
 このことは実に大切なことでした。

 ここの書いたことですが、ケータイメールで書き言葉をかなり学んだ気がしています。大事なことだと思いますよ。

「私の孫のじゅにが原因の分からない病気で入院しています」へのコメント へあおぞらさんが以下のコメントをくれました。

1. Posted by あおぞら   2011年05月30日 08:39
 何年か拝読いたしている者です。
 私にも同じぐらいの孫がいます。
 ご回復を改めてお祈り申し上げます。

 ありがとうございます。昨日は、笑美さんのコメントへレスを書いていまして、次にあおぞらさんにも書く気だったのですが、我孫子湖北の正泉寺へ行かなくちゃということで、「でも帰ってきてから書けばいいや」という気持ちでしたが、意外や意外で正泉寺は、今のじいじの私にははるかに遠いのです。そしていつも、私の弟や、長女おはぎの彼の車に乗せられてきますので、初めて歩いていく私には、遠くて、疲れてしまいました。昨日は、午後9時20分には眠ってしまっていました。
 今日ももちろんじゅにのところへ行きます。

11053017 あおぞらさんは、前々から私の拙いブログを拝見してくれているのですね。ありがとうございます。ただ少し羞かしです。
 同じくらいのお孫さんがいるというと、私と同じお歳くらいかなあ。私は昭和23年5月30日生まれで、そう昨日ちょうど63歳の誕生日でした。この自分の誕生日に私は孫の健康のことを、私の両親にお願いに行ったのでした。
 私の両親は、私が学生運動のことで、大変な目にあわせ、その後社会へ出ても就職のことで、実に大変な思いをかけたものでした。
 よくマスコミ等々で言われるのですが、ああ、ちょうどいい、くだらない文章があります。
 でもインターネットで見て文章を引用できると思いましたが、ないので、できません。赤坂真理という人の文章なのですが、私たちの団塊の世代を、学生運動で大暴れしたが、そののち社会に出ると、ものすごい企業戦士になったと書いてあります。
 実にどこでも言われるのですが、これは真っ赤な嘘です。私も激しく大暴れしましたが、その後はどこにも就職はできないし、選挙権も長年ありませんでした。どこかで企業戦士とかになりたかったものですが、無理でした。
 そもそも、私たちは、高校時代はビートルズに憧れ、長髪で、大学へ行ったらマルクス主義共産主義者になったように言われていますが、私は高校時代大学2年まで坊主頭で(ただし、これは長髪が嫌いとかそういうことではない)、常に詩吟をやっていました。思想は常に北一輝を崇拝尊敬していたものです。
 でも当然に、王子闘争三里塚闘争で戦い、東大闘争安田解放講堂の戦いで69年1月19日に逮捕されました。そのあと、保釈になって、69年9月18日の芝浦工大殺人事件というので、また逮捕起訴されました。
 このことでは、ずっと一貫として、警察にはマークされて、当然就職活動は困難でした。随分前に(数年前ですが)ある大きな調査会社にいた知り合いが、言っていましたが、私なんかは絶対にまともなところには就職はできないようになっていたそうです。これでなんで企業戦士とやらになれるのですかね。
 いや、そもそも赤坂真理という人は調べると、作家らしいのですが、私よりもはるかに若いのに、インターネット上では、わずかにブログを書いています。私はもう嫌になりましたよ。まったく事実を捉えないで、でも自分で簡単にできることもやっていないのです。
 いや実は、私はこの赤坂真理さんに抗議の手紙を書こうと思ったのですが、「待てよ、インターネットではもっと活発なことを書かれているかも」と思い見たのですが、いくつか見ているうちに、この赤坂真理さんというのは、何か事情があって書かれないのかなあ、と思い、もう最初の怒りが消えていたものでした。

 そういえば、お孫さんのいられるあおぞらさんは、インターネット上ではやっておられないのでしょうか。ぜひ拝見したいと思います。

 今日もじゅにには会いに行きます。昨日の湖北正泉寺まで歩いた思い出を語ります。あ、もちろん手紙もじゅにとブルータスに書きますよ。

ee7bf10c.jpg

 昨年の8月14日の午後2時に私の母たか子は亡くなりました。きょうは、その一周忌です。午前10時から、我孫子湖北の正泉寺で法要いたします。
 残念なことの、長女の家族は2人目の孫が生まれたばかりなので、参加できません。私の妻は、義母の介護で、食事会から参加できます。
 私の孫のポコ汰が参加できないのが、みーねえの二人の子ども、とくに下のレイちゃんには残念なようです。だからきょうは写真を何枚も持っていきます。昨夜、その要請のケータイメールもありました。でもね、来年のお正月には会えますよ。
 きょうは、母にも、そして父にも、私の2番目の孫が生まれたことを報告します。今度は、元気な女の子です。これで、母にも父にもひ孫が4人目なのです。これからもっと増えますよ。

 あ、私の母の思い出は、周の母への手紙 に書いています。母は私たちを見て、今は何を言ってくれるのでしょうか。

続きを読む

↑このページのトップヘ